RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Meek Mill「Dreams Worth More Than Money」
hmeek-mill-dreams-worth-more-than-money1.jpg

Rick Ross率いるMMGの実質の二番手、Meek Millの通算ニ作目となる『Dreams Worth More Than Money』を御紹介。実力はありながらも、薬物取引と違法銃器の所持の疑いで逮捕されたり、仲間内であるWaleを攻撃したりとマイナスな面ばかりが目立っている気がするMeek Mill。本作『Dreams Worth More Than Money』もお蔵入りするかと思われましたが、無事に出所&リリースすることが出来て良かったですね(苦笑)。しかし、その服役中にあのNicki Minajを恋人にしてしまうという離れ技をやってのけ、一気に知名度も上がった気がします。デビュー作となる前作『Dreams And Nightmares』からおよそ三年ぶりとなる本作、ジャケットも前作同様シンプルなデザインで好みです。
まあ、そんなくだらない話はストップしましょう・・・・・・まずは荘厳なストリングスの中で、まるでマグマがボゴボゴと煮えくり返り火花を散らすような溶岩トラックの「Lord Knows」でスタート。Daniel "Play Picasso" GonzalezとDaystar "Tory Lanez" Petersonが共同制作した灼熱のトラックの中で、Meekの地獄の業火のように熾烈なラップが炸裂する火傷確実な一曲。現代における引き算ビートの鬼才であるBangladeshが制作を担当した「Classic」、これはもう本作のハイライト(早急)でありあまりにも素晴らしい(鳥肌)。バツバツと鼓膜を突き破るように鳴る硬質ドラムスビートに、その振動で舞い上がる灰塵のような鍵盤音が極めてイル。そのうえ客演にはあSwizz Beatzを迎えてあの焦げ臭い枯れたヴォーカルも燻る、無骨でタフなMeek Millのラップが圧しかかるのもグッド。客演のFutureの旨味を存分に漉して出汁に使用した蜃気楼のようなミッド「Jump Out The Face」、制作はMetro BoominとSouthsideだからFutureは鉄板。冷たくドライなFutureと熱波のように歪むMeekの温度差が、怪しい蜃気楼を生み出してるのは間違いありません。Alex Delicata制作(Co制作にThe Monarch、Kevin Cossom、DJ Khaled)の「All Eyes On You」では、Chris BrownとNicki Minajが揃って参加の強力トリオ。これは朝焼けのように眩くて幻想的なメロディーの揺らめきに合わせて、甘酸っぱいヴォーカルのChris Brownと、メロディアスでフルーティなNicki Minajのラップを揃えたのが鉄板。恋人同士の二人がThe Notorious B.I.G.「Notorious Thugs」のラインを辿るのが、三十路にはたまらない演出だったりします。Stoopidondabeatが制作した「The Trillest」はEden Project「Gone」をサンプリング、Meek Millの甲高く熱波を吐き出すようなラップを堪能できるハードな一曲。今となってはBeef発端となってしまった「R.I.C.O.」はDrake客演曲、Vinylz制作の昔のホラー映画のようなおどろおどろしいメロディーも単調ながら、僕はDrakeもそんなに好きでもないので興奮はしない一曲でした(不思議)。Cardo On The Beat制作の「I Got The Juice」は、まるでスノードームみたいなトラックで美しさと零度な触感があるシリアスミッド。ぐらぐらしてバウンバウンと揺れるビートで悪酔いしそうになる「Ambitionz」はBoi 1daが制作というので少し驚き、これだけ揺れながらもMeek Millの耐震強度抜群なラップがある事でタフで硬度があるのが不思議。Ben BillionsにDannyboystyles、そして注目のILLANGELOが共同制作の「Pullin Up」は、現代最強の呼び声高いThe Weekndが客演参加。なるほどいかにもThe Weekndらしい白黒だけれど瑞々しいサウンドが飛沫をあげるトラックで、だからこそMeek Millとの相性には少し疑問も残ります。一世代前のトラップチューンを思い出させる「Check」はMetro Boomin制作、ノンストップで撃ち込むラップと執拗に繰り返す"チェッチェッチェッチェッチェッ♪”のフックが嫌でも耳に残るビープチューン。OZ & SyK Sencseが制作の「Been That」はボスであるRick Rossが客演参加、けたたましいサイレン音が背景でつんざめくゴツゴツに尖った喧騒チューンですがやはり地味に感じる。Ben Billions制作の「Bad For You」は再び恋人のNicki Minajが客演参加、これも完全にNicki Minaj寄りなしっとりと夜露の下りたトラックで、彼の面白みは感じない。Danjaが制作したすこしメランコリックで粒々ビートの効いた「Stand Up」は流石の出来映えで、どこかレトロで埃っぽいトラックと疾走するラフなMeek Millとの相性もグッド。最後を締め括る「Cold Hearted」ではDiddyが客演参加、OZ制作のトラックはピアノ鍵盤の繊細で脆いメロディが軸で、だからこそDiddyの語りが挿入されることでドラマチックに磨きがかかっています。

DrakeとのBeefで(そしてそのBeefがほぼ敗戦と言えたことで)、完全にケチがついてしまってのが本作の失態。それが無かったら、もっと売れてて評価もされていたんじゃないかと邪推してしまいます(といっても全米No.1は獲得している)。ただ、僕はどちらともそんな好きなラッパーではないので無関係、Meek Millも僕はそこまで好きでない気がします(笑)。とにかくBangladesh制作の「Classic」の一曲だけは今年の五指に入るベストトラックだとは豪語できます。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment