RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Alesha Dixon「Do It For Love」
aleshadixdoit.jpg

シンガーとしてだけでなくモデルとしても活躍していた、Alesha Dixonの通算四作目となる『Do It For Love』を御紹介。Alesha Dixonと言えば、英国で人気を博したガールズR&Bグループ、Mis-Teeqの元メンバーで御座いますね。このMis-Teeqも独自の英国サウンドを持っていて、今思えば惜しいグループなのですが解散しております。メンバーも皆が美人だったのでそれぞれで活躍したんですが、特にAlesha Dixonはその美貌を武器に今でも生き残っていますね(驚)。僕からするとAlesha Dixonは、N.E.R.D.のヒット曲「She Wants To Move」で踊っていた美女としての印象が強いのですが、今では人気オーディション番組“Britain's Got Talent”の審査員なんかも務めているようです。美人には滅法弱いので、何気に彼女のアルバムはこれで三枚目なのですが、このブログで取り上げるのは本作が初で御座います。
美人美人と騒ぎ立てるのはこのへんで終えますね・・・・・・まずはDaBeatfreakzが制作を担当し、Wretch 32が客演参加した「Stop」でアグレッシヴな幕開け。鮮烈な印象のあるAlesha Dixonのお茶目な火薬をたっぷり搭載した早口ヴォーカルが炸裂する一曲で、Wretch 32のラップもばっちりキマっていて痛快間違い無し。James/Sommerdahlが制作した「Tallest Girl」は、流行のEDMをバキバキに散りばめたキラキラ系の電子アッパーで、これまたゴテゴテにキラつかせたAlesha Dixonの鮮やかキュートな歌声が弾けています。同じくJames/Sommerdahlが制作の「Count On You」は、電子音が膨れて暴発して造るビートと、それによってパウダー状に粉砕したピアノ鍵盤がほんのり聴こえるスピードチューンで、Alesha Dixonの鋭利なヴォーカルも最高速度でダンスしています。「Top Of The World」はBert Elliottが制作を担当した一曲で、一昔前のBoi-1daが創ってそうな純白壮麗な氷結アッパーでエッヂーさが際立っております。表題曲となる「Do It For Love」はJames/Sommerdahlが制作で、ポムポムと弾けて鳴る電子音とピアノ鍵盤を用いた流麗なメロディ、そして何よりどこか古臭い(良い意味で)キャッチーなフックが耳に残るダンスチューン。本作からの先行カットとなった「The Way We Are」もJames/Sommerdahlが制作、これも昔のJennifer Lopezが乗っかりそうなスパイシーなラテン風のダンスチューンでキャッチー、Alesha Dixonの原色系のベッタリと鮮やかなヴォーカルが飛沫を上げるのアップチューンで面白い。DaBeatfreakzが制作したアコースティックなミッド「People Need Love」は素朴でいてイギリスらしい気品も漂うエレガントフォークで、Alesha Dixonの淀みのない真っ直ぐなヴォーカルがハートに刺さる一曲。Chris BallardとArno Spiresが共同制作した「The Gift」は純白無垢な透明ミッドで、空がだんだんと白んで陽が昇り霜も解けてゆくような感触で、Alesha Dixonの良い意味でポップな歌声とマッチしていて綺麗です。Chris BallardとArno Spiresのコンビはこの後も、綿雪が降って来るような淡い白に包まれる結晶化バラード「Broken」、和やかでどこか懐かしい温かソウルチューン「Azura (Blue Sky)」、じわじわと鼓膜を挑発して焦がすレゲエチューン「Love With Life」を制作しております。

まあ、ハッキリ言って可も無く不可も無く、つまり毒にも薬にもならない一枚です(毒吐)。良いんです、それでもサウンドやヴォーカルは小気味良いし、美人だからすべて許せます(阿呆)。僕が全盛期に恋していた美人なシンガーがどんどん太ったりして見る影もなかったりするけれど、Alesha Dixonは今でもお綺麗だからそれだけでも嬉しい限りです。とまあルックスばかり書いていますが、アルバムもそんな悪くないので余力のある方は是非とも。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment