RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
38位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Scarface「Deeply Rooted」
scarfacedeeply.jpg

今やRap界における南部の重鎮である、Scarfaceの通算十二作目となる『Deeply Rooted』を御紹介。ScarfaceはGeto Boysの一員としてデビューし、その後ソロに転向して数々の傑作を発表しておりますね。Def Jam内に新たに設立された南部支部、Def Jam Southで社長に就任したことで、一気に南部の顔としての地位を確立したのを今でも覚えております。かく言う僕はScarafeceのちょっとしたファンでもありまして、やはり名盤と名高い『The Diary』と『The Fix』はかなり聴いた方で御座います。現状では全部で7枚のScarfaceソロ作を持っているので、早く全てをコンプリートしないとと焦っている次第です。そんなScarfaceの7年ぶりの新作、ようやく入手できました。
という訳で前置きはやめて本題に入ると・・・・・・まずはMike Deanが「Intro」「Outro」を担当していて、本作の雰囲気を盛り上げます。ダフダフと埃っぽい空気を含んで鳴らすビートと、ザラザラとした粗目調の哀愁漂う脱色レゲエ風ミッド「Rooted」。N.O. Joe制作のこの渋いトラックに、Scarfaceの野太く塩辛いラップと、客演のPapa Rueの灼けたビターな歌フックも入ってたまりません。これぞScarfaceなビタースウィートでメルティーな艶美ソウルフルで聴かせる「The Hot Seat」、制作はN.O. Joeが担当。このラグジュアリでエレガントなメロウにコクと深みのある芳醇なScarfaceのラップが溶けるとより円熟した旨味が出るし、クレジットこそないけれど歌フックを聴かせるJack Freemanのほろ苦い歌声も素晴らしいです(痺)。南部の元締めらしくトラップ的なダルダル弛んだ重厚ビートと共に聴き手の鼓膜を踏み潰してゆく「Dope Man Pushin'」、制作はN.O. JoeとSpuf Don。ドロドロと渦巻く泥臭いビートにスクリューが加味され、Scarfaceのオーソドックスで剥き出し重戦車みたいなゴツゴツした装甲ラップに圧倒されるばかり、客演のPapa Rueのヴォーカルもナイス。度々Scarface作品では招集される盟友Z-Roが客演参加した「Fuck You Too」はChuck Heatが制作、Scarfaceの重量級のラップでパウダー粉砕されたピアノ鍵盤の音色が舞い上がる中、Z-Roの癖のあるネットリとした歌フックがまた情感溢れていてナイス。南部鉄器のように漆黒で硬質、マットな輝きを放つ鉄製の美しいトラック「Steer」はLuke Walkerが制作を担当。この金属的な質感ながら上品な工芸品のように滑らかなトラックに、Scarfaceのド渋いラップと、客演のRush Davisの甘酸っぱく切なげなヴォーカルが凛と響くのも良いんです(興奮)。N.O. Joeが制作(Co制作にあのNottz!)した「Anything」はソウルフルなメロディがゆっくりじっくりと滴るのに合わせて、Scarfaceのラップも涙が零れるようなスピード間で吐露するようなスタイル、歌フックを担当するRich Andruwsも良いですね。そのままソウルフルに流麗なメロディを展開する深みのある「Do What I Do」はN.O. JoeとSpuf Donが共同制作、クリーミーな歌フックをZ-Roが担当し、Rick RossとNasという侘び寂びの分かった渋い面子とマイクリレーするのも乙で美味です(抜群)。EPとN.O. Joeが共同制作した「God」ではJohn Legendが客演参加、キラキラと暗雲の隙間から一筋の光が射し込むような荘厳な閃光トラックに、ScarfaceのふくよかなラップとJohn Legendの祈るような歌声が素晴らしい。N.O. JoeとSpuf Donが共同制作したピアノ鍵盤とビートが軸の、繊細で煌びやかな流麗ミッド「Keep It Movin'」は、客演のAvantの絹のようなヴォーカルが加わってより滑らかな仕上がり。EPとN.O. Joegが共同制作した「You」ではCeeLo Greenが客演参加、昔は怪鳥のようにケーケー啼くようなヴォーカルだったCeeLoも、最近はこういう福々しい極楽鳥のようなヴォーカルで甘美で優しい空気を漂わせます(浄土)。EPが制作した「All Bad」はそれこそScaraface作品ではよくある陽光燦々ミッドで、こういうトラックもやってしまうScarfaceの懐の深さ。アコースティックギターを爪弾き零す、澄み切った透明メロウ「Voices」はM. MacとJ. Baumが共同制作。こういう清涼でドラマチックなトラックも飲み干すScarfaceの肉厚なラップも素晴らしいし、クレジットこそ無いが女性ヴォーカルのフックも可憐で素敵。最後はKEYが制作した「No Problem」はビヨビヨと波打つ不穏なシンセが蔓延するダークチューンで、こういうヘヴィーなトラックでブンブンと怪力ラップを振り回すScarfaceも豪快で好きです。

久々にScarfaceの作品を聴いたけれど、やはり一貫して渋く品のある質感で安堵。Scarfaceってすごくタフで重たいスタイルでゴリゴリかなと思いきや、トラックセンスも渋くて流麗なものが多く、ラップにも情感豊かで深みがあって滲みるものがあるんですよね(名人)。という訳で僕はやっぱりScarafceが好きですね、きっとオーバー30の方ならば共感して頂けると思います。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment