RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Babyface「Return Of The Tender Lover」
babyrottl.jpg

20世紀を代表するソングライターと断言できる天才、Babyfaceの通算七作目となる『Return Of The Tender Lover』を御紹介。BabyfaceはAntonio "L.A." ReidとのLaFaceコンビで、数多くの名曲を生み出した(列挙するとキリがないのでしません)ソングライターであり、また自身も多くのヒット曲を放っているR&Bシンガーでもあります(説明不要)。黄金時代も終わり一時期ほどの多忙さもなく、それでも様々なアーティストの楽曲制作に携わってきたBabyface。そんなBabyface復活を感じたのはやはり、Toni Braxtonとの息の合ったデュエット盤『Love, Marriage & Divorce』ですね(狼煙)。元々は借金もあったり病気したりで、歌手活動を引退しようとしていたToni Braxtonを救済すべく企画された盤なのですが(これも泣ける美談で素敵じゃないか)、結果としてはR&Bリスナーに“Babyfaceの新作はまだか?”と期待させたBabayface救済盤となった訳です。そんな追い風をBabyface自身も感じていたのは確実で、そのデュエット盤から僅か一年で期待の新作が届きました。その新作はBabyfaceの二作目である『Tender Lover』の続編的な一枚、このタイミングでこの帰還的な新作は嬉しい限り。前作にあたる『Playlist』はカバーアルバムだったので、オリジナルアルバムとしては約10年ぶりの新作となります(驚)。
という訳で感想をさっくりと書かせて頂くと・・・・・・まず本作を語る上で欠かせないのがDaryl Simmons、Babyface作品(また彼のプロデュース曲)の名相棒がほぼ全曲でソングライトに関与しているのが味噌ですね(興奮)。軽快にスイングするホーンの音色がまるで高級なヴェルヴェットのように艶めき、そんなホーンのキラ光りを照明代わりにして揺れるメロディが心地良い「We've Got Love」。絹目調のスムーズでスマートな大人による大人のためのダンスチューンで、肩の力を抜いてリズムに身を任せてにこやかにステップを踏んでしまうんです(疼)。バンド演奏の紡ぐ優しいメロディーが心を浄化してくれる、なんとも爽快ミントなミッド「Fight For Love」。春の陽気に温められ、花の蕾がゆっくりと開くような優美なメロディに、これまたBabyfaceのカモミールみたいに純白のヴォーカルがふんわりと香るのがたまりません(特にミルフィーユ状に織られたフックが抜群)。続く「Exceptional」もキラキラと眩い陽光のようなメロディがハートの隙間に射し込んで、ゆっくりじんわりと温めてくれる美しいミッドで、どこまでも瑞々しく透明なBabyfaceのギターとヴォーカルが凛と響くのがとても綺麗です(感動)。「Walking On Air」では懐かしいEl DeBargeが客演参加、新緑のようにナチュラルに柔らかで、鮮やかな色彩の二人の歌声に、気分も高揚し晴れやかになってしまいます(癒)。After 7の新曲として発表されていた「I Want You」が、そのAfter 7を客演としてBabyfaceが歌い直して収録されています。これもBabyfaceらしいしっとりとスマートでドレッシーな美メロウで、BabyfaceとAfter 7のエレガントなヴォーカルが共振して盛り上がってゆくのがなんともエレガント(鳥肌)。美しく繊細なストリングスと共に、Babyfaceのミルキーで甘いヴォーカルが優しく溶けてゆく「Love And Devotion」も素晴らしく、まるで恋人を優しく抱擁するかのようなフワフワとしたメレンゲ感触。フェミニストなBabyfaceからすべての女性へスタンディングオベーションを贈る、なんとも彼らしい紳士で真摯な女性讃歌「Standing Ovation」。少しの淀みの無い清らかで真水のようなBabyfaceのピュアヴォーカルだからこその説得力で、乾いたハートにゴクゴクと浸透してゆくのが分かります(潤)。どこかSadeにも似たバンド演奏がラグジュアリーな艶めきと輝きを放つ「Something Bout You」は、シャンパンゴールドみたく上品な煌めきのメロディに乗せて、Babyfaceのまろやかで甘美なヴォーカルが軽快にステップを踏むのが心地良いんです(昇天)。最後を飾る「Our Love」は最もBabyfaceらしい純白のラブバラードで、眩いほど真っ白なまるでレース生地みたく光りを透かす眩い感触の美曲に、Babyfaceの変わらずにリネン生地みたく白く優しい感触のヴォーカルが寄り添うのです(昇天)。

EDMやオルタナティヴといったR&B、はたまたラップとも歌とも区別し難いR&Bが氾濫している昨今。それでもBabyfaceはお構いなし、盟友であるDaryl Simmonsの協力もあって昔、ながらの美メロを聴かせてくれました。喉(そして鼓膜)を潤すのにフルーティなジュースもポップな炭酸も酔いの回るアルコールも要らない、きりりと澄んでゴクゴク飲めて、体に素直に浸透するミネラルウォーター(つまり純度100%)なR&Bが一番だ、と実感させてくれる清冽なR&B盤に拍手喝采です(涙)。惜しむらくは全9曲という少なさと、その中の一曲がAfter 7の既出曲だった点、せめて全て新曲で10曲は入れて欲しかったかなー(高望)。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

ごぶさたです。素晴らしいですねベイビーフェイス!
待った甲斐がありました。こういう普通のR&Bが90年代は
溢れてたんですけどね〜
今はこんなのが貴重な時代です。俄然応援しちゃいます!
ezeeさん、御無沙汰しております!
でもブログはいつも覗きに行っていますー!
Babyface、本当に待った甲斐がありましたねー、メッチャ聴いています!本当にR&Bが進化しているのは嬉しいのですが、僕もこういうザ90年代なR&Bを聴くと、即反応しちゃいます(笑)。
Babyfaceは、僕らのことを分かってくれていますね!

Leave a Comment