RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
37位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

僕が選ぶ2015年アルバムTop10[R&B部門]
毎年恒例となっています年間総決算、ズバリ、ベストアルバムTop10。
今回もRap部門とR&B部門の両部門で、10枚ずつを選びたいと思います。
R&Bに関してはやはり流行があって、今年は往年のファンクみたいなのが流行ったかなーと。
まあ、詳しい考察は素人の僕では出来ないし、そういうのは専門家に任せるとして。
だからこそベテラン勢も充分に活躍出来たし、そういう意味でとてもバランスの良い一年だったなと感じました。
Rap部門はやはりベテラン勢が苦戦している気がしますし、往年のベテランが返り咲いたR&Bは、まさに三十路の僕にとっては嬉しい限りで御座います。
とは言ってもやはり新人がバンバン登場するのも嬉しいので、そういう新人もなるべく(小遣い制財布の許す限り)買って聴く事が出来たので、凄くリフレッシュも出来ました。
それでは今年も、昨年12/16〜今年12/15までに発売されたアルバムを対象に発表します。



第十位 Jordin Sparks『Right Here, Right Now』
qs15t10rb.png

はじめに第十位、Jordin Sparks『Right Here, Right Now』をチョイス。Jordin Spraksはそれこそきちんと歌唱力はあるのだけれど、どちらかというとポップ寄りな楽曲が多かった印象のあるシンガーでして。そんなJordin Sparksが完全に振り切って、R&Bへとシフトチェンジを図った、この時点でインパクトが余計に大きかったのが順位に影響しました。しかもこれが、90年代のR&Bを彷彿とさせる澄んだ流麗なミッド〜スロウで僕の大好物ばかり。しかもJordin Sparksのヴォーカルも繊細で綺麗で、全く違和感なく浸透するのだから素晴らしかったです。制作陣もひじょうに豪華で、新旧にバランスのとれたナイスな一枚でした。
アルバム記事はこちら

第九位 Seal『7』
qs15t9rb.jpg

次に第九位、Seal『7』がランクインで御座います。私生活でごたごたあり過ぎて復活は難しいかと思っていた矢先の、完全復活に僕は素直に喜びました。その復活というのもやはり、Seal作品の相棒であるTrevor Hronが何作かぶりにカムバックし全曲制作しているというのがデカイです。やっぱりSealのソウルサウンドにはTrevor Hornが不可欠、そう痛感させられる程に抜群の相性で聴かせてくれたのが本作で御座います。いろんなR&Bが出現する中においても、このSealの世界観というのは今でも希有で、やはり彼にしか創出できない清廉なサウンド。冬の時期にリリースされたのも功を奏しましたが、もっと早くにリリースされていたらさらに上位に食い込んだかも。
アルバム記事はこちら

第八位 Ciara『Jackie』
qs15t7rb.jpg

続いて第八位、Ciara『Jackie』がランクイン。“おいおい、Ciaraに甘過ぎないか?”と突っ込まれそうですが、まさにその通りです(笑)。やっぱり綺麗で歌って踊れるCiaraが単純に好きで、どうしても再生回数もぐんぐん伸びてしまうのです(笑)。しかし本作はそんな実験的な事もせず、良い意味でCiaraの身の丈に合った楽曲ばかりで、ひじょうにコンパクトにまとまっていたので聴き易さも抜群でした。軽く浮き上がるEDM調のトラックも散りばめる中で、MVとサウンド共にかなり攻めていた「Dance Like We're Making Love」が秀逸で、この一曲の存在が本作の価値を高めていました。
アルバム記事はこちら

第七位 Rico Love『Turn The Lights On』
qs15t6rb.jpeg

続いて第七位、Rico Love『Turn The Lights On』をピックしました。これまでも多くのヒット曲をライティングしてきたRico Love待望のアルバム、という事で楽曲の振り幅もとても大きくて、現行の(そしてこれまでの)R&Bのエッセンスを多分に吸収した面白い一枚で御座います。Rico Love自体のヴォーカルもなかなか旨味のあるもので、ファルセットやラップも取り入れながら変化するやり口なんかは、さすがツボを押さえているなと感心するばかり。これまで培ったコネクションもあってか、トラックも腕のあるプロデューサーが沢山関与していて聴き応え抜群で御座います。
アルバム記事はこちら

第六位 Raheem DeVaughn『Love Sex Passion』
qs15t8rb.jpg

そして第六位、Raheem DeVaughn『Love Sex Passion』にしました。Raheem DeVaughnに関してはもはや年間Top10の常連になりつつありますね、現代においてここまで美しく官能的なラブアルバムを創っているのはRaheem DeVaughnしかいないのではないでしょうか(絶滅危惧種)。毎度のことながら本作も蜜味トローリな艶やかセクシーな楽曲の連続で、ふんわり喘ぐような繊細なRaheem DeVaughnの優しいヴォーカルに、男性(いやオッサンか)の僕でも聴きながら悶絶するより他ありません(昇天)。
アルバム記事はこちら

第五位 Lianne La Havas『Blood』
qs15t5rb.jpg

折り返しとなる第五位、Lianne La Havas『Blood』をチョイス。ギター一本を抱えた美女が、時に優しく時に烈しく歌うソウルフルな楽曲群は、まさに身体中を巡る血のようにエネルギッシュで鮮やか。とても淡いバラードから優美なミッド、ロック調のアップまで意外と幅広いトラックの準備でかなり聴いた一枚でした。デビュー作も素晴らしかったですが、音色の使い方(電子音や楽器)も含めて格段に進化し、音の造型が深くなっていたのが分かる一枚。これでPrinceとの絡み曲があったら嬉しかったのですが、今年は殿下と絡まなくて正解だったかも(戯言)。
アルバム記事はこちら

第四位 Elijah Blake『Shadows & Diamonds』
qs15t4rb.jpg

そして続く第四位、Elijah Blake『Shadows & Diamonds』を選出。Elijah Blakeに関してもこれまで多くの楽曲のソングライトに関与していた若者で、だからこそずっと応援していたのでアルバムデビューが素直に嬉しかったです(親心)。アルバムを聴く前はもっと正統派なR&B楽曲を網羅するだろうと勝手に思っていたんですが、いざ蓋を開けてみるとアフリカンやエスニカルな風合いのフレッシュでアグレッシヴな楽曲の連続で、他のR&Bとは確実に一線を画す一枚になっていて驚きました。実験的でいながらも非常に洗練されていてスマート、しかもElijah Blakeがきっちりとヴォーカルの実力があるので成立している、天晴れな一枚で御座いました(脱帽)。
アルバム記事はこちら

第三位 Jodeci『The Past, The Present, The Future』
qs15t3rb.jpg

いよいよの第三位、Jodeci『The Past, The Present, The Future』がランクイン。まず述べておくとアルバムのクオリティ自体は、これまでのJodeci作品に比べてもそこまで高いという訳でなく、そういう意味では第四位のElijah Blakeを第三位にしようか迷った程。しかし、あのJodeciが20年ぶりに復活し、しかも肝心のJodeci節もそのままという事実が僕の胸を熱くさせ、擦り切れるほどにリピート再生したのでこの順位になりました。こんな書き方するとアルバムの出来が不足しているみたいですが、けしてそんな事はなくJodeciでしか出せないコクや味わいがたっぷりの濃密盤になっています、ありがとうJodeci!と言いたい(笑)。
アルバム記事はこちら

第二位 Babyface『Return Of The Tender Lover』
qs15t2rb.jpg

惜しくも第二位、Babyface『Return Of The Tender Lover』を選出しました。こちらは年末のリリースでありながら、リピートもリピートしまくりで再生回数も今なおグングン上昇中の一枚で御座います(驚異)。盟友であり右腕であるDaryl Simmonsを携えて、あの『Tender Lover』の続編を10年ぶりの新作としてリリースする、これほど震えるお膳立てがありますでしょうか(失神寸前)。しかも『Tender Lover』の続編を名乗るに相応しく、スッキリと爽やかなミッドを多めに、Babyfaceらしいスウィートなスロウもきっちり配したコンパクトな一枚に、ただただ骨抜きにされるばかりで御座います(感動)。今のこの時代だからこそ、かえって清冽で清潔なBabyfaceの楽曲が身に沁みて、有り難いという気持ちになるのです(拝)。
アルバム記事はこちら

第一位 Kenny Lattimore『Anatomy Of A Love Song』
qs15t1.jpg

そして栄えある第一位、Kenny Lattimore『Anatomy Of A Love Song』に決定しました。Kenny Lattimoreに関しても本作はおよそ7年ぶりの新作、しかし今も変わらぬ瑞々しく美しいヴォーカルで僕の鼓膜を優しく潤してくれました(鳥肌)。種も仕掛けもない素直なラブソングの連続にただただウットリするばかり、愚直なまでのスレンダーなR&B愛に溢れた一枚で、僕みたいな三十路男はやはり身悶えせずにはいられませんでした。このジャケットも素晴らしくてアダルトでスマートな中身に完璧にリンク、アルバムの端正な造りに惚れ込んで年間通してずっと聴いた珠玉の一枚でございました。
アルバム記事はこちら



.........という10枚が見事受賞を果たしましたが、いかがでしょうか?
選んだ自分がいうのもなんですが、これほど保守的なランキングがあったでしょうか(苦笑)。
今年はThe WeekndやTy Dolla $ign、Raury、Kwabs、Dornik、Jemaine Jackman、今年売れに売れたBryson Tillerなんかも登場し、優れていて勢いのある新人が多かった訳ですが、このTop10を作るにあたっては結局入らず、なぜか僕的にはそれほどまでグッとは来なかったのかな?というのが本音(みんな個性があって凄く素敵ですけどね)。
でも、これはR&Bという世界の時代の流れが、まだまだ滞留的な沈鬱モノを主流としているからというのもあって、僕が好きなのはメロディが美しくバッチリ歌い上げているモノだから、流行と好みの乖離問題も関係していると思います(言訳)。
僕のブログを毎年読んで下さっている方ならお気付きでしょうが、今年は敬愛するPrinceやBilalがランキングから除外されている訳で、そういう意味でも別にベテランをただ並べた訳でもないんです(難航)。
今年の選考で最後まで悩んだのが、やはりTy Dolla $ign『Free TC』、こちらも新星Raury『All We Need』、あとはAllen Stone『Radius』Miguel『Wildheart』といったところかな。
Ty Dolla $ignに関しては発売時期も遅かったから、もっと早くから聴き込んでいたらもっと上位に食い込んだ可能性も大いにありますね。Rauryに関しては好きでよく聴いているんですが、これがR&Bなのかどうかと考えるとちょっと難しく、敢えてランキングから外しました。
Top3に関してはいわゆるベテランの復活盤ばかりになってしまいまして、ここには入らなかったけれどもJanet JacksonやSisqoも久々の新作を出したりと、90年代からR&Bを聴き始めた僕にとっては狂喜乱舞のリリースが多い一年でしたね。きっと皆さんのランキングには軒並みJanet Jacksonが入っているんでしょうね、僕も来日ライヴを観に行けていたらランクインしたかもしれません(涙)。
あとは選考対象に入っていたD'Angelo & The Vanguard『Black Messiah』に関しては、もう当然の如くどこでも高評価ですし、いまさら僕がここに並べるまでもないだろうと除外しました。まあ、そういう高尚な評価は専門家に任せて、ド素人の僕らしい個人的な思い入れの強いランキングに今年もなりました(笑)。



※番外編 K. Michelle『Anybody Wanna Buy A Heart?』
qst11rb.jpg

昨年の選考対象盤から選ぶ番外編、今年はK. Michelle『Anybody Wanna Buy A Heart?』を選出。昨年の末にバタバタと買ったが為に、選考時期には聴けていなくて漏れたのが本作で、結局はその後にかなり気に入って聴いていたんですよねー。とにかくK. Michelleの魅力が存分に発揮された一枚で、あまりレトロぶらずに王道なR&Bを展開したのが功を奏した一枚でもあります。この脱ぎっぷりにも度肝を抜かれましたが(中身のアートワークではお尻から薔薇が出ていた気が)、この裸体と同じくすべてを曝け出すように真っ直ぐに力強く歌うK. Michelleに心奪われました。
アルバム記事はこちら

スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment