RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tamar Braxton「Calling All Lovers」
tamarvcc.jpg

今になって狂い咲き&返り咲いている、Tamar Braxtonの通算三作目となる『Calling All Lovers』を御紹介。デビュー作から13年のブランクを経てリリースされた『Love And War』も素晴らしかったんですが、およそ二年という短いスパンで本作が届いたのは嬉しい限り。Braxton姉妹周辺はやはりリアリティ番組の効果もあって大忙しみたいですね、やはり美人姉妹というのは得ですね。ジャケットを見る限り、もうちょっと太っていそうな気がするTamar Braxtonですが、まあ顔立ちは綺麗なんだから許すとしましょう(笑)。
そんじゃ内容に移りまっせ・・・・・・まずはMel & Musが制作を担当した、ジリジリと焦げ付くように火照るビートが香ばしいレゲエ風味の「Angels & Demons」でスタート。こういう熱っぽく汗ばんだ熱波トラックでも、Tamar Braxtonの麗しくも鮮烈でしなやかなヴォーカルは映えるんだと驚くばかり。昔懐かしなHip Hopビートに、レモネードみたいにサッパリとキレのあって透明感のある炭酸メロディが気持ち良い「Catfish」はPolow Da Donが制作を担当。Tamar Braxtonのヴォーカルもとても透明感がありながらも、夏の陽射しのような鋭い眩さがあって心地良い。引き続きPolow Da Donが制作した「Simple Things」は少し曇っていて、それが温もりになっているオルガン鍵盤音の揺らめくレトロソウルなミッド。これはもうTamar Braxtonのヴォーカルの渋さと力強さを堪能するしかない、艶麗な一曲で沁みます。月明かりにそっと照らされ、小雪が深々と降るような、そんなかじかむ冷たさと輝きが滲んで消える結晶スロウ「Broken Record」もPolow Da Donが制作を担当。このトラックの低体温な感覚がとっても切なく繊細で胸に響くし、こういうヒリヒリするようなトラックこそTamar Braxtonのキリリとしたヴォーカルにすごく合うんです(刺)。Brian Alexander Morganが、Rufus「I'm Dancing For Your Love」をネタ使いした「Never」も、まるで漣のように間隔を空けて揺れて寄せるメロディに、Tamar Braxtonの光のように一閃するヴォーカルが鼓膜をスパッと斬るのが気持ち良い。Tamar Braxtonのコクのあるヴォーカルがじんわりと綻んで鼓膜を包み込む「Circles」はCedric "DaBenchWarma"が制作を担当、こういう真っ直ぐで種も仕掛けもないソウルバラードを歌いこなすのは流石の一言。あえてボロボロに煤けさせたビートとベースに、キラキラと細やかな煌めきを放つ鱗粉みたいなメロディが美しい対比を作り出す、90年代のMary J. Bligeを思わせる感触の「If I Don't Have You」はThe Internzが制作を担当。流星群のように幾十数もの煌めきがスルスルと滑り墜ちる電子チューン「Raise The Bar」、制作はDarhyl "DJ" Camperが制作を担当。Tamar Braxtonのヴォーカルが幾重にも織られたミルフィーユ状態の高音軸なので、それとリンクして光のひだみたく閃くシンセメロディーがオーロラみたいで幻想的なミッド。なだらかに優しく吹き抜ける春風のような、淡いピアノ鍵盤の音色が可憐で美しい「I Love You」はNeedlzとDonutが共同制作で、Brenda Russell「If Only For One Night」をサンプリング使用。曲線を描きながら明滅する、まろやかな電飾で飾られた幻想的なライティングミッド「Makin' Love」はLeigh ElliottとTheophilus Antonelが共同制作。まるで霧のようにすーっとすべてをぼやかせる細かい粒子のシンセ音に合わせて、囁くように淡く優しく歌い上げるTamar Braxtonのヴォーカルが絶品過ぎてたまりません(骨抜)。英国風EDMビートを背景にしたボムボムしたトラックと、Tamarの高音がつんざめくリフレインヴォーカルがエコーしながら舞うのが面白い「Love It」は、Blair TaylorとJohn Henry Gordonが共同制作したサイケデリッククールなアッパー。Dashawn "Happie" Whiteが制作した「Must Be Good To You」は、ザクザクと跳ねる弦音と乾いたビートがウキウキした疾走感を生み出す、どこか懐かしいディスコライクなダンスチューン。雲上にいるような神々しさが漂う「Free Fallin'」は、B.A.M.が制作を担当。Tamar Braxtonのヴォーカルの強弱(抑揚)が絶妙な曲線を描いて、薄く暈けた霞のようなミストチューンに程良い凹凸感を与えて、それによる光沢を出しています。真夜中にしとしとと降る霧雨のように、しっとり粛々と響き続けるメロディーが痛切でいて美しいピアノバラード「King」は、Tiffany FredとTmar Braxtonの共同制作(Co制作にGerald Haddon)。Tamar Braxtonの凍えそうに小さく震えるヴォーカルが、まるで氷結するように透き通った冷たく鋭い光を放ちます。S1とEpikh Proが共同制作した「S.O.N.」は繊細な光ファイバーの絡まりと、どこか部族っぽいエコーや打ビートの融合が面白い電磁奔放ミッド。最後はAndrew Hey(The Underdogs一派)が制作した「Coming Home」で、Tamar Braxtonのどこまでもディープで麗しいヴォーカルを堪能できる、シルキーで壮麗なバラードでグッド。

とにかく幅広いトラック準備で、どの角度からいっても楽しめる全包囲なR&Bでとっても優秀な一枚です。僕はTamar Braxtonの叫ぶような高音のヴォーカルがあまり好みではないのでそこが減点なんですが、そこ以外は本当にパーフェクトな一枚で、やはりTamar Braxtonもお姉様と一緒でしっとりと静かめに歌う方が(高音も上手いんだけど)合っている気がします。とは言ってもすごく良ーく出来た一枚、ナイスです。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment