RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
11位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Weeknd「Beauty Behind The Madness」
the-weeknd-beauty-behind-the-madness.jpg

次世代のR&Bを担う逸材、The Weekndの通算二作目となる『Beauty Behind The Madness』を御紹介。ネットを通じて突如として出現したThe Weeknd、幾つもの優れた無料作品を投下して一気にその地位を確立しました(詳細は前作『Kiss Land』の記事冒頭で触れています)。もう発売されてだいぶ時間が経っているのですが、その間に本作『Beauty Behind The Madness』は3週連続で全米チャート1位と大ヒット。来年開催のグラミー賞では“Album Of The Year”をはじめ、計7部門にノミネートされていて、セールスも評価も双方獲得しているみたいです。これでこのニワトリみたいな変な髪型まで流行させることが出来たら、The Weekndは神様になれますね。
それでは内容について感じるままに書きますと・・・まずはStephan MoccioとJason "Daheala" Quenneville、Abel "The Weeknd" Tesfayeが共同制作した「Real Life」でスタート。氷雨みたいなストリングスが、夜の帳のような漆黒のフィルターを通して荘厳に響く静寂のトラックに、The Weekndの震えるような微細いヴォーカルがそぼ降る一曲。LabrinthとIllangelo、The Weekndが共同制作した「Losers」では、そのLabrinthが客演でも参加。乾いた風に吹かれて揺れるようなピアノ鍵盤と、砂埃を上げたような砂利ビートがドライで格好良く、フックではLabrinth特有のギラギラと輝く蛍光ネオンな電子音が交錯する繋ぎ方が面白い。The PopeとKanye West、The Weekndが制作(Co制作にIllangelo)し、サンプリングにSoul Dog「Can't Stop Loving You」を使用した「Tell Your Friends」。The Weekndのシロップみたいに甘ったるいヴォーカルが活きる、骨組みを抜いたタラタラと漏れ出るようなメロウチューンで、どこからともなく体内の深くへと侵入してくるウイルス曲。Ben Billionsが制作した「Often」もやはりドロドロとしたメロディの混濁が面白く、The Weekndの一点でずっとゆらゆらと漂うようなヴォーカルが次第に脳内を蝕む感触。「The Hills」はManoとIllangeloが共同制作、ハッキリ言って前曲との区別がつかない程に似ていて、仄暗い水底へとヒラヒラと沈んでゆくようなダークメロウ。変わらず水の中で沈むでも浮かぶでもなく、The WeekndのMJライクなファルセット使いのヴォーカルがたゆたう「Acquainted」は、Ben BillionsとIllangelo、Jason "DaHeala" QuennevilleとThe Weekndが共同制作。それこそ完璧にMichael Jacksonのエッセンスを炸裂させているのが、ディスコダンスっぽい軽妙でエッヂーなノリがクールな「Can't Feel My Face」はナイス、制作はMax MartinとAli Payamiが担当。Max Martinだからもっと弾力性があって強震性のあるトラックメイクも出来たんでしょうが、ここはカラーセロハンみたく薄いヴォーカルのThe Weekndに合わせて(悪口ではない)、あえてゆるく脱色した淡めのトラックへと変色させているのでしょう(上策)。同じくMax MartinとAli Payami、Peter Svenssonが共同制作したアコースティックスロウ「Shameless」も、The Weekndの透け透けな薄日のようなヴォーカルにマッチした優美なトラックでナイス。大ヒット映画『Fifty Shades of Grey』のサントラに収録されていた「Earned It」は、Stephan MoccioとJason "DaHeala" Quennevilleが共同制作、真夜中の海のような黒さの広がりと寄せて返す穏やかなストリングス、どこまでも広がる漆黒に飲まれそうで、そんな中でゆらゆらと妖しく漂い纏わりつくThe Weekndのヴォーカルが水底へと徐々に引きずり込みます(溺)。Max MartinとAli Payamiが共同制作した「In The Night」はこれまたMJライクなアッパーで、射し込む凛とした鋭い月光を背にして滑り抜けるようなトラック&ヴォーカルが気持ち良い。Jason "DaHeala" QuennevilleにIllangelo、Dannyboystyles、Ben Billions、The Weekndが共同制作した「As You Are」は本作中最も透明度の高い一曲で、相変わらず暗いんだけれど幾分かは水面からの光を採りこんだ綺麗な遊泳ミッドで、The Weekndのキラキラ輝く鱗をもった魚のようなヴォーカルがピチピチと泳ぎます。Illangelo制作の「Dark Times」ではEd Sheeranが客演参加、ハスキーでフォーキーな仕上がりはやはりこの客演の賜物。同じくIllangeloが制作した「Prisoner」ではあのLana Del Reyが客演で参加、二人ともが暗いので共振するのは当然で、逆再生するかのような褪せて枯れたメロディが沈殿するのも乙。最後はStephan MoccioとThe Weekndが共同制作した「Angel」で、ロックのエッセンスも含有した凛とした微睡みメロウで、The Weekndの清廉としたヴォーカルがスッキリと響くのが最後の御口直しに丁度良い。

うん、確かに革新的でこれまでにないR&Bスタイルを創っているのは確か。ただ音の質感としてはどこかThe-Dream的な感じが僕はして、なおかつThe-Dreamの方がより深くて面白い印象があって、世間様ほどにはThe Weeknd万歳ではないという(天邪鬼)。The Weekndも客演や楽曲提供とかすると、僕も反応してしまうかもしれませんね。でも今年を代表する一枚である事は確か、あとはこれが長く愛されるかどうか。










スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment