RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
22位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jeezy「Church In These Streets」
DEFB002413402CD.jpg

Atlanta出身のYoung Jeezy改め、Jeezyの通算八作目となる『Church In These Streets』を御紹介。JeezyのキャリアはやはりBoyz N Da Hoodの一員としてBad Boy Recordsとの契約を勝ち取った辺りからスタート、その後はソロでDef Jamと契約しコンスタントにアルバムリリースしております。Jeezyの人気は凄まじく客演の量も多数、Rick Rossと共にサウスシーンを牽引した(これまでにもOutKastやUGK、そしてT.I.が牽引したから第三世代になるのかな)一人といった印象。コカインのディーラーだった過去を持ち、それゆえに”Snowman”を名乗るJeezy、という訳でハードなハスラーといったキャラ立ちも人気の秘訣かと。
それではザックリと感想を書いちゃうと・・・・・・まずは、放射線状にド派手に放たれるトラックがまるでジャキジャキと鋼鉄チックな「Grind State」でスタート、D Rich制作のこの豪放なトラックにJeezyの鋼のように鋭く光り鈍く叩くラップですでに脳天クラクラ。「Lost Souls」も同じくD Richが制作を担当、金鉱を掘って散る火花のようなキラキラした音色がアクセントの硬いトラックで、そんな硬度の高いトラックをもいとも簡単に掘削してしまうJeezyのハードなラップが光ります。黒々と渦巻くぬかるんだトラックに、マーブル模様な感じでグルグルと溶け込んでゆくJeezyのラップが催眠術のように聴き手を引きずり込んでゆく「Holy Water」はCassius Jay制作、こういうモノクロで黒塗りの目立つトラックも抜群に映えるJeezy。ボツボツと響き渡る銃声をビートに仕立てたヘビーチューン「Gold Bottles」、制作はいま脂の乗っているLondon On Da Trackが担当。相変わらずの硬度を誇る鉱物系のゴツゴツしたトラックに、金剛石のように最高の硬度でぶつかるJeezyのラップは迫力あってクール。「Hell You Talkin Bout」も同じくLondon On Da Trackが制作を担当、雪解け水のように冷たい水面に、波紋を広げるようなリキッドトラックがクールで鼓膜に鋭く刺さります。「Hustlaz Holiday」はNard & BとWill-A-Foolが共同制作、ぼた雪みたくひしゃげては鼓膜にこびり付き、聴き手の血管を縮めてやがては低体温にして動けなくさせるドープ曲。SouthsideとTM88が共同制作した「GOD」はSouthside制作というのもあって、極めて最近のFuture曲にありがちな警報つんざめくシリアスで危険なトラックで、Jeezyのしゃがれた鉛声も響くことで余計に恐怖。表題曲となる「Church In The Streets」は今や売れっ子のZaytovenが制作を担当、まるでブリザードのように細かい氷粒のような音色がカチカチと輝く零度チューンで、Jeezyのこれまたザクザクと突き刺すようなラップが鋭利でグッド。Nard & Bが再び制作した「New Clothes」も非常に重たくのしかかるトラックがイルで、ゆっくりと振りかぶるJeezyの鉄槌ラップが鈍く直撃。本作で要注目となるのがChristopher "C4" Umanaが制作した「Sweet Life」で、理由は客演にJanelle Monaeが参加しているから。吹雪のように視界を白く遮るブロウなメロウが漂うトラックも幻想的ですし、そこにJanelle Monaeのキャラメル声が甘ったるく響くのもナイス。「Scared Of The Dark」はまたもやNard & Bが制作、腐敗臭の漂うゾンビチューンで重たく胸やけすること必至。「No Other Way」はD Richが制作を担当、鉄屑もぺちゃんこにする様なスクラップビートと、Jeezyの金剛ラップがばっちりとマッチング。地鳴りのように低く振動するビートが鼓膜を引き摺る「J Bo」、くどくどと何度も繰り返すフックが呪文のように輪をかける「I Feel Ya」は、共にNard & Bが制作を担当。「Just Win」はSmurfが制作を担当し、サンプリングには人気ゲーム“L.A. Noire”のテーマ曲を使用。この薄っぺらい良い意味でチープな電子音の連なりが見事な陰影を生み、Jeezyのコク深いドラマチックなラップがビターに香る素晴らしい一曲。最後はSmurfが制作(Co制作にはあの1500 or Nothin)で、Monicaが客演参加した「Forgive Me」でしっとり湿っぽく〆。Jeezyの侘び寂びのある嗄れ声も素晴らしいし、Monicaのヴォーカルはガッツリ歌っておらずハミング程度ながらも、黒薔薇のように気品漂う歌声が見事な調合となり、漆黒のパルファムメロウに仕上がっています。

Jeezyはそれこそ一辺倒だから好き嫌いは分かれそう、だけど僕は結構好きなMCの一人。やっぱりこういうフロウが際立った特殊なMCは好きだな、キャラが濃い方がいい。こういう硬度の強い厳つめのトラック群も確かにカッコイイけれど、Jeezyにはもう少し滑らかなメロウ物もやってほしいのが本音。でも痺れるぐらいにやっぱりカッコイイ、ギリギリ年末のリリースじゃなかったら年間Top10に入ったかも。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment