RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Selena Gomez「Revival」
selenarev.png

ディズニーチャンネルで15歳で主演を務めて以来、スーパースターとなったSelena Gomezの(the Sceneを伴わない)ソロ通算二作目となる『Revival』を御紹介。もはや説明不要のポップスターであるSelena Gomez、このポッチャリ姫が好きなファンは男性にもかなり多い筈。特に歌唱力がズバ抜けているとは思っていなかったし、R&B寄りという訳でもなかったので、存在が気になりつつも僕はスルーしていました。でもこのマシュマロみたいなルックスが好きで、本作ではA$AP Rockyが関与していたりしてたので購入を決意。本当ならばSelena Gomezがヌードで座っているジャケットが死ぬ程欲しかったんですが、金銭的な事情もあって通常の輸入盤を買っちゃいました。
それでは早速感想を書いてしまいますと・・・・・・まずはRock MafiaとHit Boyが共同制作した表題曲「Revival」でスタート、これがポワンポワンとシャボンのように浮かんで消えるシンセの瞬きと、もわっと立ちこめるスチームの様なトラック&ヴォーカルがセクシーで刺激的な好ミッド。「Kill Em With Kindness」はRock MafiaとBenny Blancoが共同制作、ヒューイヒューイと鳴る口笛と電子的なビートの接着部分が面白く、スペースカウボーイ的なサイケな奔放さがナイス。Mattman & Robinが制作(Vocal Prod.にMax Martin関与)の「Hands To Myself」は、冒頭のSelena Gomezの囁きヴォーカルがまるで耳元で吹きかけられているようで、ぞわっと気持ち良くなるのが男の性(笑)。静寂のトラック地に乾いた艶美ビートを紡いだメロディも、Selena GomezのShakiraのようにしゃくり上げるヴォーカルも、どこかエスニカルな風合いを出していてグッド。「Same Old Love」はStarGateとBenny Blancoが共同制作で、オルガン鍵盤と指パッチンを散りばめたアンティークなトラックで、Selena Gomezのじっとりと舐め上げるようなヴォーカルがなんだかモダンでセクシー。続く「Sober」はStarGateが単独で制作、これはStarGateらしいスッキリとクリアな電子音が瞬く銀河系ミッドで、そのトラック上を滑空するSelena Gomezの色っぽい歌声にウットリ。Nick MonsonとNolan Lambrozaが共同制作した「Good For You」ではA$AP Rockyが客演参加、Lana Del Rey的なサッドコア風トラックは二番煎じな気もするし、そこにA$AP Rockyというのもクールだけどダブる印象はあるかな。でも、この仄暗い水の中を彷徨い漂う感触は嫌いじゃないし、Selena GomezとA$AP Rockyの掛け合いもお似合いでスタイリッシュではある。Christopher Braideが制作した「Camouflage」はキラキラと美しく華やかに輝くピアノバラード、Selena Gomezのふくよかでラグジュアリーな歌声が優しく響き渡ります。Mattman & Robinが再び制作した「Me & The Rhythm」は、清流のように水が溢れるアクアEDMチューンで、その中でゆらゆらと揺れて流れる歌フックが絶妙で思わず口ずさんでしまう中毒曲。あのSteve Macが制作を担当した「Survivors」は、こちらもエスニカルでスパイシーな電子音が舞うボタニカルEDMという感じで、Selena Gomezの変にゴテゴテしていない剥き出しなヴォーカルが開放感を増幅させます。Rock MafiaとHit Boyが共同制作した「Body Heat」はなかなか面白くて、情熱的な鮮紅ラテンなトラックに電子音をぶちまけたようなバチバチに弾けたダンスチューンで、Selena Gomezのムチムチなヴォーカルがドムドム弾むのもナイス。最後を飾る陽光に灼けて、程よい色褪せをしたオーガニックなバラード「Rise」もRock MafiaとHit Boyが共同制作。こういう生音で風や草木の匂いのするトラックはやっぱり気持ち良い、マイナスイオンが放出しまくりの優美なマッタリチューン。

可も無く不可も無く、というのが正直な感想。Selena Gomezのヴォーカルにそれほど引っ掛からない僕の鼓膜、トラックもこれといった凝ったものも無かったかな。リリース前は“かなりR&Bっぽい作品になる”という触れ込みだった気がするんですが(だからこそ楽しみにしていた)、僕の気のせいですかね。でも、夏場にゆっくりと木陰で安らぎながら聴くにはグッドかな、まあSelena Gomezが可愛いから全てOKとしましょうか(阿呆)。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment