RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jermain Jackman「Jermain Jackman」
JJ_low-res.jpg

弱冠20歳のイギリス生まれ、Jermain Jackmanの記念すべきデビューアルバム『Jermain Jackman』を御紹介。Jermain Jackman(ジェルメイン・ジャックマンと読むみたい)は、英国の人気オーディション番組“The Voice UK”の第三シーズンで、見事に優勝を果たしたシンガー。その後、その番組の審査員であるwill.i.amのレーベル“ Will.i.am Music Group”との契約を勝ち取り、本作がリリースされました。こうして実力者がデビューのチャンスを自身の手で勝ち取る、というのは素敵な事ですね(夢叶)。
という訳でそそくさと感想に入ってゆくと・・・・・・まずはNick Southwoodが制作を担当した「You Changed The Game」でスタート、新緑のように柔らかい鮮烈を煌めかせるソフトソウルチューンに、甘茶のようなJermain Jackmanのヴォーカルが揺れるのが心地良い。「What It Is」はMichael Angeloが制作を担当、これもホーンやベースやパーカッションが派手に、だけど品良くキラキラ輝いて鳴るソウルフルな一曲でグッド。「The Home I Never Had」は最近また仕事量の増えているJack Splashが制作、まるで夜露のように優しく凛と潤いを響かせるしっとりとウェットなトラックに、星空のように静かにひらひらと輝くJermain Jackmanのヴォーカルが美しい極上スロウ(骨抜)。KZ制作の「Ready For Love」はバシバシと叩くビートに乗って、小気味良く滑るちょっぴりファンクな一曲でスウィング感が抜群。ピアノ伴奏とぼつぽつと降るドラムビートで進行する純朴バラード「With Me Today」は、Jonh SpikerとAnthony Starbleが共同制作。柔らかく甘い風に乗って雲が流れゆくような穏やかさと、Jermain Jackmanのほのぼのとした甘茶ヴォーカルが心地良いです。Elementが制作を担当した「Finally Over You」もレトロソウル回帰な一曲で、耳馴染みが良いからスイスイと鼓膜に吸収されます。再びNick Southwoodが制作したビートがスリリングな「How Will I Know」、Elementが制作(Vocal Prod.にはあのAndrea Martin!)した「Who You Love」も(良い意味で)時代錯誤なレトロ調でタイムトリップ。個人的にはここからの流れが本作のハイライトで、まずはDavid Mundayが制作した最もR&Bっぽいスロウ「Louder Than Words」。静かにサラサラと流れ込むストリングスや壮麗なメロディ展開が綺麗で、Jermain Jackmanの甘ったるくぼやけたヴォーカルが乗っかる事で、まろやかさも入ってより甘美に仕上がったスケールの大きな美曲。「Only One」はIncrediblesが制作した滑らかな流線形のメタリックR&Bミッドで、少しヒンヤリとする冴えたJermain Jackmanのヴォーカルがシャウトする辺りもとってもクールでカッコイイ(痺)。「Replaced」はまたもやJack Splashが制作したスタンダードソウルなバラード、吐息も糖度たっぷりに溶かしてしまう芳醇なトラック&ヴォーカルにただ酔い痴れるばかりです。最後はあのLuther Vandrossの名曲をカバーした「A House Is Not A Home」で〆、これがもうLuther Vandrossの持つ豊満で温かみのあるヴェルヴェット調の感触を、彼なりの魅力で充分に表現した絶品モノとなっています。

最近流行のレトロなソウルリバイバル盤といった感じで、そこは抜け目が無いなといった印象。彼の歌声自体も温もりのある柔らかなものだから、そういうトラックの方がそつなくしっくり来ているのも確か。でも、だからこそバキバキなR&Bトラックに乗っかったらどうだろう、と妄想せずにはいられませんね(特に親玉がwill.i.amだから尚更)。でも、素直にすっごく聴き易くて美しい、ナイスな一枚でした。ここ日本ではあまり話題になっていないのが惜しい、まだ聴いていない方は是非聴いてみてください。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment