RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Semi Hendrix「Breakfast at Banksy's」
1500x1500sr-2.jpg

Ras KassとJack Splashが組んだユニット、Semi Hendrixの企画盤『Breakfast at Banksy's』を御紹介。Ras Kassといえば昨年に、Apollo Brownと組んだ『Blasphemy』が素晴らしかったのも記憶にも新しいですね。そのRas Kassが次に組んだのは、R&B仕事のイメージの強い白人ProducerのJack Splash。僕的にJack Splashとの出逢いはやはり、Alicia Keysの『As I Am』での仕事っぷり。その後もMelanie Fiona『The MF Life』でも手腕を発揮したり、Mayer Hawthorne『Where Does This Door Go』でも良い仕事っぷりでした(グラミーも三度受賞している)。そしてその三作品は僕の中でも結構なお気に入りなもんで、やはりJack Splashにも肩入れしちゃっている訳です。あまり共通点の無さそうなこの二人なんですが、どういう訳かタッグを組んでその名もSemi Hendrixなるデュオを結成したのです。この妖怪大図鑑みたいなジャケットが、僕は少し不満なんですが(笑)。
それでは二人の相性やいかに・・・・・・まずは、映画『シャフト』的なトラックが無骨でカッコいい「Breakfast At Banksy's」でスタート、客演にはCoast Contraと4rasが参加。ギトギトとした脂っこいこのトラックはガッツリ黒塗りで、Ras Kassの嗄れたラップにもばっちりフィット。最高にクールでスリリングな、クライムムービーの劇中曲みたいなトラックに乗せて、Ras Kassのそっと静かに忍び寄るような静かなラップが斬れ味抜群な「I.T.」。サンプリングにはRoy Ayers「Aragon」を使用したこのトラックは、Jack Splashらしいハイセンス。バツバツと撃つビートとビリビリと流れる電子鍵盤の激しい点滅トラックがフラッシュする「Think About It」、客演にはBrothers Voodooが参加。癖のある曲線を描く弦音が鼓膜に絡み付く「Sex Pistol」ではCee-Loが客演参加、これもダツダツと叩くドラムビートと弦音のみのシンプルなメロディで、だからこそ無骨なRas KassのラップとCee-Loのソウルフルな怪鳥ヴォーカルが冴えます。カンカラカンカンと鳴らす音色とバシンバシン打つビートが痛快なブラジル音楽的な「Loogies」、御伽話のようなテロテロとした艶めきが輝く桃源郷スロウ「Waterboarding Tinkerbell」。そのまま甘酸っぱいフルーティなシンセを瞬かせて滑る「Heartbreak」では、なんとTeedra Mosesが参加。これはいかにもJack Splashらしいレトロでサイケなビューティミッドで、Ras Kassの疾走感あるラップと混じって、Teedra Mosesの甘い歌声が微炭酸に仕上げているナイスアクセント。まさかのRaheem DeVaughnが客演参加している「Stone Cold Hustler」は、ビリビリと放電する電子音にピーヒャラ鳴る笛音とすごく刺々しい、なのにRaheem DeVaughnの甘ったるいヴォーカルが響く事で途端にメルティになっています(不思議)。歪曲しながら大きな濁流となって聴き手を飲み込むシンセチューン「Niggnorance」、もうJames Brown的なファンクが炸裂した燻し銀な特攻チューン「Don't Hurt My Feelings」(一時期のMos Defがやっていたような曲)と、Ras Kassもパワフルに最高速度でエンジン吹かして駆け抜けるのが痛快。 Johnny Mandel and Mike Altman「Suicide Is Painless (Main Title)」をサンプリングした「M.A.S.H.」ではKruptが客演参加しており、アコースティックギターの弦音が寂しげにしんみり響く哀愁溢れるメロディ。だけれどビートのカットインやそのメロディの切り方で極めてエッヂーになっているのがJack Splashの魔法、Ras KassとKruptの相性も抜群で掛け合いは極めてクール。古いレコードから女性ヴォーカルを抜き出して焚き続ける「Jesus Pressed Mute」、低く唸るホーンの音色が鼓膜をビーンビーンと振動させる重量級な「Trunk Rock」はMontego Meliが客演参加。昔のATCQのようなJazzyで淡白なループがやけに心地良い「4081」、Jessicaがマッタリとした甘美な歌声をとろけさせる「Can't Give Up Now」はどこか神秘的で壮麗なタッチ。

あんまり話題にはなっていないっぽいけれど、やっぱり組んでいる二人が良いから高水準が当たり前。ただ、やはりJack Splashの創る音はどこかしとやかな感触で、これだけドぎついビートであちこちを補強しても、結局はスマートな印象が残る。その点、Ras Kassがもっと荒々しいトラックの方が似合うので、ちょっとチグハグ感があったかも。でも、Jack Splashの頑張りを聴くのもアリだと思います。





スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment