RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Earl Sweatshirt「I Don't Like Shit, I Don't Go Outside」
earlsweatshirt-idontlikeshitidontgooutside.jpg

Tyler, the Creatorの実弟である、Earl Sweatshirtの通算ニ作目となる『I Don't Like Shit, I Don't Go Outside』を御紹介。若者ばかりのアート集団Odd Future Wolf Gang Kill Them Allの中でも、最年少だったEarl Sweatshirtはグループを脱退しソロに転向。13年に発売されたデビュー作『Doris』でも異彩を放っていて、兄であるTyler, the Creatorにも負けない強烈な個性が印象的。僕はそこまで好きって訳でもなかったんですが、それでもやはり気になって買ってしまっていた一枚で御座います。
という訳でザックリした感想にはなってしまいますが・・・・・・まず冒頭で述べておくべきは、本作もEarl Sweatshirt自身がほぼ全曲の制作を担当している点、これは彼の強みですよね。朗らかにでも鈍色な鍵盤音と、バフバフと空気を含んで膨らんだビートでフワフワと舞い上がる「Huey」。兄貴とは違ってどんよりしながらも少し円やかな声質で、後半部分の電光盤みたいなメロディ変化はThe Neptunesっぽくも感じたり。ドドドドドと吐き出す空気砲のようなビートの連発に触れて、なにか光り輝く鉱石の破片のようなシンセが崩壊して堕ちるような「Mantra」。そんなビートの隙間から漏れる光のように、Earl Sweatshirtのスピード感のあるラップがなかなか綺麗。プツプツと小さな泡立ちが聴こえる発酵メロウが、まるでブルーチーズのような一癖ある旨味を滲ませている「Faucet」も、少し残響めいたエフェクトを効かせたEarl Sweatshirtのラップが浮き出るシステムで面白い。分厚くて幾層にもなった電子音のボワっとした音色が空間を歪め、Earl Sweatshirtのボソボソとした読経のようなラップが渦巻く「Grief」は、ゆっくりと動く曇天を眺めるような重々しさがのしかかる低気圧シンセで出来た一曲。Mobb DeepとWu-Tang Clanを掛け合わせたような、オカルトとデンジャラスが融合した「Grown Ups」ではDashが客演参加。おどろおどろしい雰囲気の中でギラギラと鈍く光る二人の掛け合い、しかしこの曲調であれば兄貴であるTyler, the Creatorの方が数段格上かな。Wikiなる男性MCが客演参加した「AM // Radio」は前後半での二部構成、後半の錆びれたストリングスをメロウなインストの方が僕は好きかな。メレンゲのように柔らかな電子音がふわふわと漂う「Inside」、Na-kelを客演に迎えた虫食いビートが亜空間に穴を空けて浸食する「DNA」とやはり独特な世界観。最後はVince Staplesを客演に迎えた「Wool」で〆、ピンピンと跳ねる甲高い鍵盤音とそれを叩くビートの構成はRZAっぽい、こう聴くとVince Staplesに耳を奪われてしまう僕が居ます。褪せと原色の間でズルズルと移ろうみたく、まるで逆再生で聴いているみたいな感覚に陥る「Off Top」だけが異質。それもそのはず、この一曲のみ制作はLeft Brainが担当。この逆算的なトラックの中で、ボトボトと逆行するように進行するEarl Sweatshirtのラップ、でもこれで成立しているんだからカッコイイ。

僕が昨年末にネット上をウロウロしていた時は、年間ランキングでも結構上位にランクインされていた気のする本作。ただ、僕は本作でもそんなにEarl Sweatshirtを好きにはならなかったかな(苦笑)。Earl Sweatshirtがというより、こういうタラタラとした遅めの速度感がたまらなく苦手で、そこはやはり90年代を生きた三十路ならではかなと(笑)。すっごいカッコイイんでしょうけどねー、老化防止のためにとりあえずチェックはこれからも続けます。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment