RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
37位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Alessia Cara「Know-It-All」
Alessia-Cara-Know-It-All-2015-1200x1200.jpeg

18歳にDef Jamと契約を結んだ若き歌姫、Alessia Caraのデビューアルバム『Know-It-All』を御紹介。Alessia Caraは96年生まれ(!)のカナダ出身、13歳からYouTubeに楽曲のカバーをアコースティックギターでパフォームし、それが話題になってDef Jamと契約に至ったそうです。なんだか僕はよく知らないんですが、Taylor SwiftやLorde、DrakeやAlicia Keysに絶賛されているらしいんですが、僕はその現場を知りません(噂)。しかし、彼女のデビュー曲「Here」は全米R&Bチャートでも、第三位にランクインするなど実力は充分のようです。
という訳で気になっちゃう内容がどんなものか・・・・・・まずは@Pop Wanselと@Oakwoodが共同制作(Co制作にKuya)の「Seventeen」で幕開け、レトロとポップを絶妙にブレンドした跳ねたメロディに、Alessia Caraのちょっぴりクリーミーでほろ甘いヴォーカルがキュート。デビューシングルとしてヒットした「Here」は、@Pop Wanselと@Oakwoodが共同制作。ストリングスとドラムスがゆっくりと沈殿してゆく様な醸成メロウで大人の色香、それに負けずジワジワと酔いを回すAlessia Caraの少し挑発的で刺激的なヴォーカルもナイス。ブルブルと震えて吹き出すホーンとパシパシと軽いビートが小気味良い「Outlaws」も@Pop Wanselと@Oakwoodが共同制作、凄く古めかしいトラックなのにこの若い娘が違和感なくハマっていて面白く、シュガーソウルフルといった趣。またまた@Pop Wanselと@Oakwoodが共同制作した「I'm Yours」は面白く、バルーンチックに膨らんで擦れるビートでHip Hopっぽくスタートし、フックではザクザクとしたギターのかき鳴らし、そこから電子音をキラキラと放出させるEDM的な煌めきの三段階変形。Alessia Caraの柔らかく伸びのある、キュートではじけたヴォーカルにもバッチリお似合いで結構好き。「Four Pink Walls」はAlan Nglishが制作を担当、弦音とビートが優雅に絡み合うトラックに時折入る尖ったスクラッチ、Nasの1stを彷彿とさせる荒涼モノクロトラックがド渋くてカッコイイです(痺)。アフリカンな土着ビートが壮大さを醸し出す「Wild Things」はMalayが制作を担当、オーガニックでミネラルたっぷりなメロディとAlessia Caraのヴォーカルは瑞々しくシンクロしているし、幾重にもなった“あいやいやいや♪”みたいなフックもエキゾチックで格好良いんです(虜)。同じくMalayが制作したアコースティックスロウ「Stone」では、Sebastian Koleが客演参加しており、まるで木漏れ日のように優しいメロディに、優しくて淡い感触の木綿のような二人のヴォーカルがそっと包み込むカントリー調のバラード(癒)。@Pop Wanselと@Oakwoodが共同制作した「Overdose」は冷たくて刺々しく尖った薄氷メロディとビートが、まるで透けたガラス細工のように繊細に展開し青白く輝くミッド。Sebastian Koleが制作したピアノバラード「Stars」は、Alessia Caraの可憐なヴォーカルが胸に静かにそっと沁みる一曲で、ほろほろと崩れて溶けてゆく様な感触が綺麗です。最後は@Pop Wanselと@Oakwoodが共同制作した躍動感のあるスパイシーなボタニカルミッド「Scars To Your Beautiful」で、これはColdplayっぽいメロディで凛としたクールさがあってグッド、スパっと空間を裂いて届くAlessia Caraのヴォーカルもナイス。

Amy Winehouseからアルコールを抜いて、ジュースっぽくしたのがAlessia Caraといった印象。いや、軽薄な言い方と思われるかもしれませんが、僕的にはAmy Winehouseって濃過ぎて鼓膜を通し難いので、Alessia Caraの方が聴き易くて好み。でも声質とかでいえば、Corinne Bailey RaeとTaylor SwiftとRihannaを足して三で割った感じなのかもしれませんね(難解)。独特なクリーミーなヴォーカルがほのかな甘さを持っていて、きちんとキャラが立っているので今後も楽しみですね。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment