RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
11位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ty Dolla $ign「Free TC」
1425x1425sr.jpg

LA出身の特異なシンガーソングライター、Ty Dolla $ignの記念すべきデビューアルバム『Free TC』を御紹介。Ty Dolla $ignの叔父はThe Isley Brothersのメンバーだったらしく、父もファンクバンドのメンバーだったという、いわゆる音楽一家の育ちらしいです。なので、小さい頃からドラムやベース、ギターやオルガンなどを独学で習得しているのだそう。彼はソングライト提供でだんだんと頭角を表し、その後自身のMixTape『Beach House』シリーズで一躍注目のシンガーになりました。その後は様々なラッパーやシンガーの楽曲に客演しまくり、現在はWiz Khalifaが率いるレーベルTaylor Gangの所属になっております。僕的にはこれまた話題になったMixTape『Sign Language』を聴きまくった奴なんですが、その時はそこまで深くハマりはせずとも、面白いのでこのメジャーデビューは待ち望んでいました。ちなみにアルバムタイトルの『Free TC』とは、収監されている実弟TCを解放しろという意味合いらしいです。
それでは簡単にどんな楽曲が収録か語ってみると・・・・・・まずD'Mileが制作を担当した「LA」で幕開け、客演にはLA出身のKendrick Lamarとミシシッピ出身のBrandyは揃って参加。滑らかでしとやかなストリングスと鍵盤音が、さざ波のように細やかな輝きを湛える流麗なメロウ。ほんの少しえぐみのあるTy Dolla $ign(以降はTD$と表記)のヴォーカルもここでは柔らかで、Brandyの清冽でスッキリした後味のヴォーカルで中和されて旨味を増しています。Kendrick Lamarのエイリアンチックなラップも相変わらずクール、皆が良い化学反応を起こしています。トレンドをガッチリと掴んだ鉄板の、ポコポコしたカラフルな電子音が弾けるトラックがナイスな「Saved」。制作はDJ MustardとTwice as Niceが共同で、TD$の力を抜いてフンワリと苦味ヴォーカルを滲ませる感じも、意外と水彩チックで上手いし、客演参加のE-40のラップは相変わらず重みもあるけれどキレがあってグッド。@Pop Wanselと@Flippa123が共同制作した「Straight Up」は、サンプリングにJagged Edge「Let's Get Married」を使用。そのJagged Edgeが客演してる訳だけど、ここで思うのはTD$のヴォーカルこそ極めてJaggedっぽいということ(唖然)。なんというか、ブロンズっぽい少し重厚感のある強かな輝きの声質で、なんの違和感もなく溶け合っています。「Solid」ではなんとBabyfaceが制作を担当(Add制作にD'MileとTD$)、しかも客演(ギター演奏)でもBabyfaceは参加しています。いかにもBabyfaceらしいギター基調のフォーキーなナンバーで、パリッと糊の効いた、折り目の綺麗なアコースティックギターのザクザクした音色がカットする清涼系ミッドナンバー。こういうトラックでもTD$のほろ苦くて濃厚なヴォーカルは案外合っていて、不思議な掛け合いで抜群の面白さで仕上がっています。「Horses In The Stable」はDave KuncioとRanceが制作を担当、ここでもアコースティックなメロディが木枯らしの様に吹く寂寞フォークミッドが展開され、TD$の渋くて濃厚なヴォーカルがジワジワと滲みてきます。Metro Boominが制作した「Know Ya」ではTrey Songzが客演参加、Metro Boominらしい濃霧のように冷たく重たく纏わりつくビートとシンセが蠢く暗澹チューンで、この二人ならむしろ明け透けなエロエロ曲をやって欲しかったかな(残念)。D'MileとChordz、TD$が共同制作した「Credit」は、ふわりと翻る甘い綿菓子のようなメロディとTD$の少し擦れたビタースウィートなヴォーカルが優雅。客演にSevyn Streeterが参加していて、彼女の天女のような透けたヴォーカルも相俟ってとてもドリーミー。「Miracle / Wherever」はD'MileとNate 3D、TD$が共同制作で、客演には収監中の実弟Big TCとD-Locが参加。これ、ゆっくりと色彩を揺らして移ろうオーロラ調のメロウトラックも良いんだけど、刑務所の面会所でガラス越しに録音されたこもった音質が雰囲気バッチリでグッド。「Guard Down」はHitboyが制作を担当し、客演にはKanye WestとDiddyが参加。シャリシャリしたフローズンのような電子音がヒュンヒュン飛び散る蛍光調のミッドで、優しく淡く輝く流線形のTD$のヴォーカルも、Kanye Westの捻れまくったパラレル加工なラップもハマっています。「Sitting Pretty」では親元であるWiz Khalifaが客演参加、Benny Blancoが制作したトラックはボトボトとドリップするようなダーク電子チューンで、こうなるとWiz Khalifaのスモーキーなラップは自由自在で強い。「When I See Ya」はCardoとJohn Julianoが共同制作で、客演には大人気のFetty Wapが参加。モッサリとした沈殿気味の濁流シンセの中でも、甲高く少しフルーティなFetty Wapの歌う様なラップは際立っていて、ハッキリ言ってTD$を喰ってしまっています(恐怖)。DJ Spinzが制作で、FutureとRae Sremmurdが客演参加した「Blase」では、電子媒体の中に細菌を投入して、発酵によりプツプツと吹き出る中毒性を生み出したネットリミッドを展開。ハッキリ言ってこれはTD$が客演といった感じで、それでもこういう曲も貪欲に取り入れる心意気がカッコイイか。Mike FreeとDJ Mustardが共同制作の「Only Right」はもはやベタ、YGとJoe Moses、TeeCee4800でマイクリレーするも既聴な感じは否めないか。そんな中でも異色だったのが「Bring It Out Of Me」、StarGateが制作したこのトラックは彼ららしいクリスタル細工のような透明感と煌めきが弾けるEDMチューンで、水と油のようなTD$のヴォーカルがすんなりフィット(いや、このチグハグ感が美味になっているのか)しているのが心地良い(昇天)。モワモワッと熱されて水蒸気が立つ、途端に鼓膜も曇ってしまうウェッティーなスロウジャム「Actress」はD'Mileが制作を担当。客演のR. Kellyと共にユラユラと艶っぽく立ちこめるヴォーカルはセクシーで、じっとりと汗をかいて濡れるに決まっています(快感)、終盤にはFrench Montanaの語りもアリ。最後はShafiq HusaynとDJ Khalilが共同制作(Background VocalにはThundercatが参加)した「Finale」、客演にはSa-RaとPJが参加。どこか次世代型のネオソウル嗜好で実験的な、珊瑚礁の生えた青い海の中を泳ぐ様な熱帯魚的な夢幻スロウ。

思ったよりも歌っていて驚きました、しかもTy Dolla $ignのヴォーカルがコク深くてカッコイイ。感覚的にはNate DoggやT-Painみたいな特殊な歌い手で、下手ウマな感じもするというか、正統派ではない(賛辞)。あとは、Frank Oceanみたいな浮浪感も感じたりして、なんだか聴くほどに濾されて旨味が増してゆきます。客演もあちこちから面白く通な人も参加しているし、今のR&Bと過去のR&Bの架け橋をしている点もすごく好感が持てます。ネオソウルっぽいのもフォークっぽいのも、EDMっぽいのもHip Hopなのも何でもアリ。そこに響くはTy Dolla $ignの案外優しくて綺麗な歌声で、だけどどことなくオイリーな味わいもあり、言うなればオリーブオイル的なヴォーカルかなと。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment