RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jadakiss「Top 5 Dead Or Alive」
top-5-dead-or-alive.jpg

Hip Hop黄金期の90年代から活躍する古参ラッパー、Jadakissの通算四作目となる『Top 5 Dead Or Alive』を御紹介。これまでの『Kiss Tha Game Goodbye』『Kiss Of Death』『The Last Kiss』と、これまでの作品にはすべて“Kiss”を配していたんですが、本作では付いていないのが残念。The LoxとしてRuff Rydersから登場し、The Notorious B.I.G.との共演もある古株のJadakiss。客演量こそ多かったものの(最近は少ないか)ソロ作品はあまり出していない印象、同胞であるStyles PとSheek Louchが結構な枚数を出しているからギャップを感じますね。そんなJadakissが約6年ぶりとなる新作を発表、この胸像が欲しいですね(笑)。
それではザックリ簡単な感想を書かせてもらうと・・・・・・まずは「First 48 (Intro)」でスタートするんですが侮るなかれ、制作が往年の名人Ty Fyffeだからもうこの時点で興奮モノ。サンプリングにAngela Winbush「Too Good To Let You Go」を45回転で甘酸っぱく使用した、いかにも彼らしいソウルフルトラックが最高ですし、Jadakiss自体もこういうR&Bライクなトラックが似合います。続く「You Don't Eat」はSwizz BeatzとAvenue Beatzが共同制作、サンプリングにMarc Anthony「Vivar Mi Vida」を使用したこのトラックは、Jadakissの熱されたラップが導火線となって、あちこちにボフボフと爆発ビートを起こすタフな一曲で燻し銀。Lee On The Beets制作(Co制作にDJ Khaled)の「You Can See」ではFutureが客演参加、有刺鉄線のように張り巡らされたトゲトゲしいトラックの中で、器用にチロチロと這うJadakissの爬虫類っぽいラップと、Futureの煙たくて妖気に満ちたフックが面白い。「Y.O. (Youthful Offenders)」は久々のAkonが制作&客演を担当、いかにもAkonらしいパウダー粉砕して舞わせた鍵盤音がシリアスで冷たいメロディを展開。凍てつく程に氷点下なJadakissのラップに、Akonのユラユラと揺れる歌フックが儚く響く一曲。Swizz BeatzとMark Batsonが共同制作した「Jason」はSwizz Beatzが客演参加、Swizz Beatz流儀な煽り声が始終鳴るもアメーバ状に広がり漏れる電子音でそれほど角張っておらず、もっと厳つく角張らせた方が良かった気がする(惜)。僕の好きなShondrae "Mr. Bangladesh" Crawfordが制作した「Kill」は、充満したガスが引火し閃光を炸裂させるようなシンセの集合体のようなトラックが面白い。Jadakissの渋くて金切り音のようなラップに対し、客演にLil Wayneが参加しヘロヘロとソフトなラップをぶつけるのも面白い。「Man In The Mirror」はPav Bundyが制作を担当したメロウ系のトラックで、霧のように立ちこめる冷たいシンセをバツンバツンと撃つビートが切り裂き、Jadakissの刃物のようなラップが飛び交う一曲。相棒であるStyles Pが客演参加した「Synergy」はなんとJust Blazeが制作を担当、サンプリングにはSylvia St. James「So I Say To You」を使用。このネタ使いがなんともJust Blazeらしくてストリングスが縦横無尽に編まれた壮麗チューンで、JadakissとStyles Pの両者の無骨で燻し銀なラップの掛け合いに華を添えます。BudaにGrantz、Beat Butchaが共同制作した「Aint Nothin New」では、Ne-YoとNipsey Hussleが揃って客演参加。これも滑らかなストリングスが響き渡る繊細な美曲で、Jadakissの金属的な冷たさのラップとNipsey Hussleの煙たいラップ、そこにシルキーで柔らかなNe-Yoのヴォーカルが交錯するエレガントな一曲。「So High」はRico Beatsが制作を担当し、客演にはWiz Khalifaが参加。ゆらゆらと夏の日の陽炎のように眩く温かなメロウチューンで、Wiz Khalifaを迎えるには最適なスカイハイな一曲で爽快。同じくRico Beatsが制作の「Critical」ではJeezyが客演参加、これもJeezy仕様な鋼鉄コーティングしたような厳つく硬いハードチューンで、どちらも金属のような硬いラップでぶつかり火花を散らしていてグッド(興奮)。EX.OD.US.を客演に迎えた「Cutlass」はJesus "Poobs" FernandezとPostaが共同制作、あちこちから雨漏りするように降るシンセ&ビートが不穏さを助長する、どこかレゲエマナーなメロディ軸を持つ一曲。「Realest In The Game」ではSheek LouchとYoung Buckという超ヘビーなマイクリレー、Arkatech Beatz制作でTwo Steps From Hell「Requiem For Destruction」をサンプリングした重厚で悪魔めいたトラックも迫力抜群、もはや死神にも近いJadakissの奇声と零下ラップが壮絶クール。あのScram Jonesが制作した「Rain」はLinda Perhacs「Chimacum Rain」をサンプリングした雨音チューン、客演にはNasが参加。雨粒のように水分を含んだシンセとそれを震わす硬く細やかなビートがシンプルで中毒性高く、このシリアスで侘び寂び効いたトラックにJadakissとNasが揃ったんだから三十路にはたまりません(垂涎)。最後はPitchshiftersが制作した宵の明星のような明るさを滲ませ放つ「One More Mile To Go」で〆、女性シンガーChayseの歌フックが瑞々しく鮮やかで心地良く、空を切る澄んだJadakissのラップもとても気持ち良く胸に響きます。

うーん、Jadakissが大好きなだけに厳しくなるけれど、これまでのソロ作品の中では一番物足らないかな(辛口)。もうちょっとR&B寄りなライトなトラックが多くても良かった気がするなー、Jadakissのあの高音で軋むようなフロウにはすごく似合うので(欲張)。やっぱりタイトルには“Kiss”を配した方がいいんじゃないかな、その方がそういうメロウ曲も増えそうですし。でも聴かないのは損だと思います、普通に平均点は超えていますので。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment