RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Curren$y「Canal Street Confidential」
Canal Street Confidential (Deluxe)

その昔はNo Limit RecordsやCash Money Recordsにも所属していた、Cuuren$yの通算八作目となる『Canal Street Confidential』を御紹介。No LimitやCash Moneyもそうですが、一時期はあのDamon Dash(Jay-Zと共にRoc-A-Fellaを立ち上げた一人)のサポートも受けていたCurren$y。つまりそれだけの才能があり、ヒット性もある玄人ウケの良いMCの一人なんだと思います。続々と大量に発表されるMixTapeまでは正直聴けていないんですが、フィジカルでリリースされたアルバムは全て持っていて、僕も彼のファンの一人です。前作なんかもデジタルリリースのみだったんで、なんだか久しぶりのフィジカルで嬉しい限りです。
それではサクサクと感想だけ書いてゆきますと・・・・・・まずはPurpsなる人物が制作した「Drive By」でスタート、客演にはFutureが参加しております。Curren$yのプカプカ浮遊する綿胞子みたいなラップに負けじと、無毒なガスのように軽々と漂う電子チューンが気怠く、そこにドバドバと漏れて吹くようなFutureの幻影ラップが混じってなんともハイな仕上がり。同じくPurpsが制作した「Everywhere」では、まるでフラッシュバックするようにギザギザに光で切り取ったようなメロディの継ぎ接ぎ感が鮮烈で、その中でバチバチと火花を散らして炸裂するCuuren$yのラップが鮮やかで綺麗。最も柔軟で甘ったるい歌声を持つLloydが客演参加した「How High」もPurps制作で、Curren$yとLloydのスウィートに霞んでは舞うヴォーカルが美しく溶け合うメロウ。彼の創るこの夜霧のようにしっとりと冷たいトラックが妖艶で、その中でフワフワと遊泳する気球のようなCurren$yのラップは中毒性が抜群。やはりPurpsが制作を担当した「Speed」はとにかくフルーティで甘酸っぱい、瑞々しいメロディの後味が抜群でフレッシュで心地良い。だからといってCuuren$yのラップが弾けるわけではないんですが、こういうライトなトラックだとまるで綿飴のようなほんのりした甘さも出て旨い。「What's Up」は制作をMiles "Super Miles" Franklinが担当し、客演にはK. Campが参加。なんと表現すべきか、なんだか水中に潜ってプツプツと浮かんで消える水泡のようなシンセの鳴りの中で、Curren$yの潜水艦のように静かに優雅に進むラップを聴く感覚。こういうなだらかなメロディ曲線だからこそ、まるで歌う様に回遊魚のようなK. Campのラップがこれまた素晴らしいんです(痺)。Purps制作の「Winning」ではもはや相棒のようなWiz Khalifaが客演参加、アルコールにメロディを溶かしたようなホロ酔い感覚な揺らめくミッドで、その中でCurren$yとWiz Khalifaが共振してトロトロと意識の奥底に沁み込む感じが心地良い(溺)。パリパリと乾いた音色を聴かすアコースティックギターの爪弾きがブルージーで格好良い「Bottom Of The Bottle」はDJ SpinzにDun Deal、そしてGeoffroが共同で制作。この渋味のあるトラックにスモーキーなCurren$yとブルージーの曲芸師Lil Wayneが援護射撃、ちょっぴり色褪せたヴィンテージ感のある歌声を乗せるのがAugust Alsinaというのもナイス客演人選。シンプルにビービーとノイジーに膨れるシンセの雲海を、幻想的にかっ切り進むCurren$yの飛行船ラップがイルな「Cruzin...」はLike & Acebrandingが制作を担当。個人的に本作のハイライトはTy Dolla $ignが客演参加の「Superstar」で、Ty Dolla $ignは勿論ですが制作がCool & Dreというのが味噌。Cool & Dreらしい水性の澄んだメロディの波線が作るトラックもナイスですし、やはりオリーブオイル的なTy Dolla $ignのヴォーカルの旨味が爆発していてこれは凄いの一言。「Boulders」もPurps制作でこれなんかは結構サウス丸出しに感じるグドグドした重油トラックで、その中でもジェット気流のように涼しげに抜けてゆくCurren$yがクール。最後はCookin Soulが制作を担当した「All Wit My Hands」も南部っぽい重低音ビートがボムする重厚ハードな一曲で、こういうズッシリしたトラックで鉛と化すCurren$yのラップも乙です。

これまでのCurrn$y作品と変わらずブレないトラックの芯、そして毎作と派手過ぎずに的確に的を射たゲスト人選も冴えています。やっぱりCurren$yって僕は好きなんですよね、バキバキ系でなくユルユル系なんですが、昨今のアンビエントだのハイファッションだのなユルいラップ曲と違っていてオーソドックス。コンパクトで聴き易いし、このユルくも強靭なラップの連綿がやはり病み付きです。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment