RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

August Alsina「This Thing Called Life」
August-Alsina-This-Thing-Called-Life-2015-2480x2480.jpg

弱冠19歳からDef Jamに所属の若きシンガー、August Alsinaの通算ニ作目となる『This Thing Called Life』を御紹介。彼が音楽を始めるまでの経緯は、簡単に前作でありデビュー作である『Testimony』記事の冒頭でも触れていますので割愛。前作も評判は実に良く(僕の感覚だと、それこそ三十路オーバーなリスナーこそ彼を賞賛していた気が)、若手R&Bシンガーの中でも確実に第一線に居ると思われます。前作から二年足らずでの2ndリリースなのでDef Jamも気合い入っています、あとは2ndのジンクスを乗り越えられるかどうか。
という訳で中身はどんなになっているのかな・・・・・・まずはFlippaとJProofが共同制作し、サンプリングにSampha「Hesitant Oath」を使用した「Job」でスタート。ビートやクラップが破片になって飛び散るも、どこかウッディな温もりのあるささくれ立ったフォーキーアッパーで、August Alsinaの甘く柔らかなヴォーカルに、客演のAnthony Hamiltonのモノクロな歌声とJadakissの錆び付いた味わいあるラップの援護射撃でより渋くなってます。続いてLil Wayneが客演参加した「Why I Do It」はGo GrizzyとHood Famousが共同制作、パチンとはち切れそうなホーンの音色に乗せて花吹雪のような音色も舞うフローラルなアッパー。August Alsinaの甘い歌声に、Lil Wayneもラップというより歌うようにヘロヘロとミルキーさを加味してグッド。前作でも大半を制作していたKnuckleheadが制作の「Hollywood」は、Robin Hannibal「Amends」をサンプリング使用。幻想的なドリーミートラックに絡むAugust Alsinaの甘美で透き通ったヴォーカルが、まるでゼリーのようにプルルンと震える感触がたまりません。同じくKnuckleheadが制作の「Hip Hop」はRobert Glasper「F.T.B.」やThe Notorious B.I.G.「Big Poppa」をサンプリング、確かに90年代的なHip Hopグルーヴ(ビート)なんだけれど、メロディはまるで星降る夜の煌めく水面のようなモイスト質感。August Alsinaのラップっぽい歌唱も混じったしとやかなヴォーカルが、鼓膜にトクトクと潤いを零し注ぎます。またもやKnuckleheadが制作した「Change」もやはり透明度抜群の流麗なR&Bメロウで、こんな明鏡止水メロウを歌えるのは彼だけ、August Alsinaのガラス工芸のように繊細でキラキラと眩いヴォーカルが溜息出るほどに綺麗なんです。Eugene Record「Putting It Down」をサンプリングした「Dreamer」もKnuckleheadが制作、ピアノ鍵盤の音色が鱗粉のようにキラキラと舞うドリーミーなミッドで、まるでオーロラのような光のひだを象るAugust Alsinaの重ねヴォーカルが、鮮やかなプリズムとなって鼓膜に射すのがビューティ。Knuckleheadが制作で、Paul Hardcastle「Acoustic Dreams」をサンプリングした「Been Around The World」ではChris Brownが客演参加。ヴォーカルのタイプ的には似ている二人なので面白さは無いけれどシンクロ率は99.9%でマッチ、トラックが昔のNe-Yoを彷彿とさせるミネラル豊富なウォータータイプのR&Bミッドなのもグッドで、二人が水を得た魚状態で自由に泳ぎ回ります。Knuckleheadが制作の「First Time」では、The Bootsy Collins「Munchies For Your Love」とThe Isley Brothers「Choosey Lover」をダブルでネタ使い。The Bootsy Collinsの持つあの歪曲した変態性とThe Isley Brothersの仰け反るような艶やかを共存させたトラックに、August Alisnaが甘酸っぱくもセクシーなヴォーカルを迸らせるのがたまりません(色香)。久々のB.A.M.が制作を担当した「Would You Know?」はじんわりと色褪せてゆくようなサウンドがポツポツと滲む感触と、曲の持つ曲面をつーっと流れ落ちるようなAugust Alsinaの少しかじかんだ切ないヴォーカルのシンクロが切ない(胸締)。冒頭のキリキリと爪弾くアコースティックギターが切なく痛い「Song Cry」もB.A.M.が制作、途中の雨音の挿入と共にAugust Alsinaがラップへとスイッチするのも凄くクールで、この辺りはやはり若い最近のシンガーだなと実感。続く「Other Side」もB.A.M.が制作を担当しており、これは途中の音を沈ませてからパチンパチンと水を弾く様なビートを連打する部分が美しく、こういう水溶性のトラックでこそAugust Alsinaはそのモイスチャーな歌声を発揮するんです(跳)。Knuckleheadが制作し、Keith Sweat「Get Up On It」をサンプリングした「American Dream」は、子供の歌声をバックに挿入したクワイヤ的要素も感じるミッド。「Look At How Far I've Come」はMelloTheProducerとThe Exclusivesが共同制作したピアノバラードで、やはりAugust Alsinaのガラスのような薄氷ヴォーカルがヒリヒリと鼓膜に響くのがたまりません(涙)。最後の「The Encore」は久々のPolow Da Donが制作を担当、昔のソウルリバイバルみたいなトラックにしっとりと優美なヴォーカルが奏でる温かなグルーヴ。

本当にAugust Alsinaは正統派なR&Bという感じで、とにかく鼓膜に馴染み易くすーっと入ってくる。August Alisnaの歌声も劣悪な環境を脱した若者とは思えないぐらい、とても澄んでいて綺麗なのが良い。Lyfe Jennignsほどサグな感じでもなく、Chris Brownほどポップでもない、とっても聴き易いR&Bシンガーですよね(賛辞)。あとは、ところどころで昔の曲がサンプリングで散りばめられているのも、耳馴染みがいい理由なんでしょうね。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment