RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Pusha T「King Push [Darkest Before Dawn: The Prelude]」
DBD.jpg

兄弟ラップデュオ、Clipseの片割れ(弟)、Pusha Tの通算ニ作目となる『King Push [Darkest Before Dawn: The Prelude]』を御紹介。当時もう最強無敵状態だったプロデューサーチームのThe Neptunes、彼らのレーベルStar Trakが送り出したのが、Clipseで御座います。Clipse自体も人気は高かったのですが、中でもPusha Tの方が個人で客演に呼ばれる事が多かったのも事実。その後、Pusha TだけKanye West率いるG.O.O.D. Musicと契約し、初のソロ作品『My Name Is My Name』をリリースし高評価を得ます。そして今では、そのG.O.O.D. Musicの社長に就いているんですから驚き、そうして権力まで手に入れてのアルバムリリースだからイニシアティブはバッチリの筈。
という訳で気になる内容について触れてゆくと・・・・・・まずは分厚い暗雲が立ちこめるように鈍くメロディが停滞する「Intro」で幕開け、制作はMetro BoominとSean "Puff Daddy" Combsが共同制作で、そんなドロドロな泥濘トラックの中で刺々しく弾けるPusha Tのラップが鋭利。キーンキーンと金属的な反響が交錯する中で、ドロッとした粘っこいドラムスがへばり付くトラックが、なんとも腐敗チックで中毒性抜群な「Untouchable」。制作はTimbalandとMilli Beatzの共同で、The Notorious B.I.G.「Think Big」を下敷きにPusha Tの甲高く無機質なラップがのたうつのもナイスだし、Biggieの曇ったあの声ネタがループするのだから反則です。キラキラと多面的なトラックが虚ろな光を乱反射するハードなカラットチューン「M.F.T.R.」、制作はBoi-1daとFrank Dukesの共同(Add制作にはHudson MohawkeとThe-Dream)。暗澹をジワジワとアメーバ状に拡大してゆくトラックに、バチバチとしならせて撃つPusha TのラップとThe-Dreamのいい意味でコケティッシュな歌フックがこれまた乙です。歯車チックに回転しながらバフバフとスモーキーなシンセを吐き出し、たまに電子鍵盤で通電するトラックもさることながら、Pusha Tのネッチリと連呼するフックがより呪縛を強める「Crutches, Crosses, Caskets」。制作はSean "Puff DaddyとMario Winans(Add制作にSean C & LVとDa Honorable C.N.O.T.E.)とBad Boyの面々が支えるも、まるで昔のThe Neptunesと組んでいた頃を彷彿とさせる一曲。Clipse時代から聴いてる者としてはこういうのっぺりとした二次元なトラックこそ、Pusha Tのラップが凄まじく映えるというもの(鳥肌)。Kanye Westが制作し(Add制作にはJ. Cole)、サンプリングにGood News「Konklusjon」を使用した「M.P.A.」はKanye West、A$AP Rocky、The-Dreamが客演参加。埃の舞うようなアコースティックな音色がブルージーさを掻き立てるトラックで、はらはらと散り枯れるようなピアノ鍵盤の音色に、Pusha Tのネッチリとしたラップが強烈に鼓膜を刺激するのがクール。「Got Em Coverd」は再びTimbalandとMilli Beatzが共同制作、サンプリングにちょっぴりJay-Z「Squeeze 1st」のカリカリと弾く琴のような音色を使用。ペコポコと凹んでは弾けるビートと、雨漏りに金製バケツを置いたようなパツンパツン鳴るビートの、ほぼ三音で滑走するのがもう最高。これもかなりClipseっぽいアナログゲームみたいなベタベタなトラックでたまらなく、その客演が旧知の中のAb-Livaなのも素晴らしい(興奮)。まさかのBeanie Sigelが客演でシリアスさが倍増する「Keep Dealing」はSaan "Puff Daddy" CombsとNashiem Myrick、Donald Davidsonが共同制作、まるでパリパリと音を立てて氷結しそうな零下トラックに、静かにデンジャラスなPusha TとBeanie Sigelのラップがポツポツと墜ちるのがカッコイイ(痺)。「Retribution」はTimbalandとBobby Deathが共同制作、客演には要注目なKelaniが参加。電気を飲み込み咀嚼するようなトラックが、まるで漆黒の海の中で怪しく明滅を繰り返し蠢き揺らめく電気クラゲのようで、Kelaniのクールでいて艶やかなヴォーカルも混じって明暗の混濁が素敵。ビート使いが完璧にオールドスクールな「F.I.F.A.」は、まさかのQ-Tipが制作を担当。水を注ぐようなトクトク音や膨張する甘美なメロディー、シンプルなビートを軽やかにキックする、Pusha Tの斬れ味抜群なラップを堪能できる遊び心満載のチープ曲。最後はJill Scottを客演に招いた「Sunshine」、制作はBaauerとKanye West、Manoが共同で担当。亜熱帯のような湿度の高いビートを時折挟み、ドロドロとオイリーな電子音を氾濫させ侵略するトラックに、Pusha Tの骨太なラップとJill Scottの麗しく気高いソウルフルなヴォーカルが空を裂くのが凄い。

正直にカッコイイ、まさかPusha Tがこんな作品を創るようになるなんて誰が想像したでしょうか。いや、G.O.O.D. Musicに加入した時点で予想出来たんですが(笑)、しかしソロ二作目も鉄壁の布陣で死角無し。往年の名Producerが手腕を揮ったサウンドプロダクションは、シンプルにして秀逸で直接的、ずっと痺れっぱなしでした。ちなみにClipseとしての活動再開の予定は、現状無いそうです(涙)。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment