RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rick Ross「Black Market [Deluxe Edition]」
black-market-deluxe.jpg

もはやRapミュージック界のボスとまで言えそうな人気MC、Rick Rossの通算八作目となる『Black Market』を御紹介。Maybach Music Groupのボスとしてレーベルの切り盛りもするビジネスマン、MMGにはWaleやMeek Mill、Stalley、あとはあのOmarionも在籍と人気者も多数抱えております。そんな中でもきちんと自身の売り込みも忘れないハードワーク、しかも確実にヒットも飛ばして安定した人気と地位を確立しております。
それではザックリと適度に感じたことをつらつらと・・・・・・まずはStreetrunnerとTarik Azzouz、DJ Khaledが共同制作した「Free Enterprise」、サンプリングにLee Fields & The Experssions「You're The Kind Of Girl」を使用。朝霜のように鋭く冷たくも凛として美しいピアノ鍵盤音がピンと張ったトラックに、Rick Rossのふくよかでコクの深いラップが深々と響き、客演のJohn Legendの温かくてじんわりと包み込むような歌フックが優しく響く一曲。2Pac「Dear Mama」をネタ使いした「Smile Mama, Smile」はJake Oneが制作で、やはりこれもしっとりと湿り気のある霜降る鮮麗なトラックで、Rick Rossのモフモフとした重厚なラップと、客演参加のCeelo Greenがケーンケーンと雉のようにメロウを裂いて歌うのが熱くてイイ。Calvo Da Gr8が制作を担当した「One Of Us」では客演にNasが参加、バフバフとしたホーンが重たく弾むヘヴィーな鉄球チューンで、だからこそ鉄錆のようにジャリジャリとしたNasの渋いラップと、砲弾のように大振りで進撃するRick Rossの鉄鋼みたいな共演が映えます。「Silk Road」はBen Billionsが制作(Add制作をCirkut、GuiterにはDr. Luke)で、まるで遠くで響くようなキーンと鳴る音色の木立の中で、幽玄とRick Rossのラップが煙のように迫るミステリアスな一曲。D Richが制作した「Color Money」の金切り音をキリキリと交錯させたような緊迫チューンはMMGらしいサウンド、シンプルだけれどジワジワと耳には残るかも。再びJake Oneが制作した「Dope Dick」はFirst Choice「You Took The Words Right Out Of My Mouth」をサンプリングしたソウルフルなトラックで、タタタタタタタタと連発するビートと共に吐き出されるRick Rossの鈍くズシンと響くラップが鼓膜に蓄積されて効く。「Crocodile Python」はJahlil Beatsが制作で、サンプリングにはAntman Woder「Sleeping Giant」を使用し、The Notorious B.I.G.「Warning」のラインも拝借。凍える風のように吹き荒ぶハーモニーを背景にバツバツと撃つビート、こういうシリアスで冷たく尖ったソウルチューンもRick Rossの十八番。「Ghostwriter」はまたまたD Richが制作を担当し、ベタベタな電子音をビチャビチャと重ねたようなオイリーなトラックに、のっそのっそと鈍足なRick Rossのラップが乗っかる圧迫スロウ。Alessandro Alessandroni「Indagine」とBusta Rhymes「I Know What You Want」をダブルでネタ使いした「Black Opium」はBlack Metaphorが制作、客演にDJ Premierがスクラッチを挿入。トラック自体はピッチを極限に煮込んだようなノロノロ系で、そこにDJ Premierのギュルギュルと掻き混ぜるスクラッチが入る事で鋭利さが出ている一曲。本作で一番面白いのはMariah Careyを客演に、彼女の「Can't Let Go」をサンプリングしたJR Rotem制作の「Can't Say No」。Mariah Careyの(良い意味で)派手でキラキラ眩いヴォーカルが舞うライトな一曲で、きっとMariah CareyとRick Rossの配分が逆の方が良い気もするんですが面白い(笑)。「Peace Sign」はもう敵無し状態のDijon "DJ Mustard" McFarlaneが制作を担当(Add VocalにあのRed Cafe!)、DJ Mustardらしくない粒々した単調ビートを丸きり抜いたメロウな霧散トラックで、クイーンクイーンと鳴るエレキギターの音色が幻想的で美しい。JP Did This 1なる人物が制作した「Very Best」では、不動の女王Mary J. Bligeが客演で参加。Bob James「One Loving Night」を下敷きにしたトラックは、まるで雨に濡れた黒光りするアスファルトのような艶っぽさで、硬くも優美でメロウが充満していて、Rick Rossの重厚ラップとMary J. Bligeの豪奢なソウルフルヴォーカルでより美しく絢爛に仕上がっております(痺)。Scott Storch(久々!)が制作(Co制作にDiego Ave)の「Sorry」はChris Brownが客演参加、いかにもChris Brownライクな瑞々しくて軽くウォータリーな透明感あるミッドで、でもこういうR&B的なトラックもそつなく乗りこなす巨躯Rick Rossの器用さ。最後はDP BeatsとRed Cafeが共同制作した「D.O.P.E.」で、客演にはFutureが参加。毒ガスをまき散らすような息苦しさのあるモヤモヤしたトラックは、もうFutureの独壇場過ぎて面白みは無いかも。ここまでが本編で豪華盤には追加して3曲が収録されています。まずはRick Rossの名相棒であるJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが制作した「Foreclosures」、J.U.S.T.I.C.E. Leagueらしいキレのある端麗なトラックで鮮やかの一言。Jake One制作(Co制作にS1)の「Money Dance」ではThe-Dreamが客演参加、とてもクラシカルでシルキーな一曲でThe-Dreamの歌声のおかげでよりしっとり甘く仕上がっていてグッド。Beet Billionaireが制作(Co制作にDreek)の「Carol City」はシンプルなMMGサウンドで、蛇足と言えばそれまで。

本当に優等生なのがRick Ross、ラップもさることながらトラックから客演陣まで死角がない。死角がないのがかえって、落差を生んでいなくて面白くなくも感じるのがRick Ross。本作もどれも優秀なんだけれど突出した曲はなく、結構さらっと聴き終わってしまうのが玉に傷。安定感は抜群、誰か一人のProducerとガッツリ一枚創ってみてもいいのかも。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment