RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Sheek Louch「Silverback Gorilla 2」
s-l1000.jpg

The Loxの一員としても知られるベテラン、Sheek Louchの通算六作目となる『SilverBack Gorilla 2』を御紹介。Jadakiss、Styles Pと共にThe Lox(もっと大きな括りだとD-Blockというのもある)としてトリオで活躍、Puff Daddy率いるBad Boy Recordsと、Swizz Beatz率いるRuff Ryders Entertainmentを渡り歩いた経緯もあります。しかし、このThe Loxの中でも三番手みたいな印象が強いのがこのSheek Louch。僕の中では、Jennifer Lopezの特大ヒット曲「Jenny From The Block」でも、なぜかSheek Louchだけが弾かれJadakissとStyles Pのみが客演で呼ばれてた印象が強いのもあるのでしょう(しかし、現実Sheek Louch抜きでこの二人が揃いで客演というのも多い気がする)。しかし、作品数はSheek Louchに次ぐ二番目に多い量、あとはWu-Tang Clanの面々とコラボしたWu BlockもSheek Louchの舵取りで実現したらしいから、結構ビジネスマンな人なのかもしれませんね。
という訳で気になっちゃう中身を触れてみますと・・・・・・まずはPav Bundyが制作した「Bunndy」で幕開け、これがもうツルピカな金色ペットの悩ましい音色をカーヴィに鳴らすトラックが渋く、でいて途中々々では色んな喧騒や音の欠片を散りばめるストリート臭も漂う仕上がりで、Sheek Louchのドンキーコングなフロウもバッチリ合致。Infamous Hazeが制作の「Hood Nigga」では、Joell OrtizにBilly Danze(M.O.P.)、Trae Tha Truthという重過ぎるぐらいの重量打線を結成。鉛玉のようなビートと歪んだシンセが重く圧しかかるトラックに、ドスンドスンと踏み潰すヘヴィーなラップが続き鼓膜はペチャンコ。Jimmy DukesとSmiley's Peopleが共同制作した「What You Want The Money For」では、かつての盟友であるSwizz Beatzが客演参加。やはり重たくて緊迫したシンセが濃霧のように立ちこめるトラックで、Sheek Louchの野獣めいた鈍く威力のあるラップは良いけれど、どうもSwizz Beatzは自身の創ったトラックでないと浮いてしまっている気がしてならない(不思議)。Dayzel The Machineが制作した「I'm Working」ではRaheem DeVaughnが客演参加、めちゃソウルフルなNY伝統のトラックに煙たく火も吹くSheek Louchのラップで火傷寸前、だけどRaheem DeVaughnの爽やかな歌フックで一気にクールダウンしてすんなり次に進めます(口直)。「Bang Bang」ではPusha Tが客演参加、これはShroomなる人物の制作なんですが、レゲエスパイスも交えたスッカスカなトンチンカンなミニマル曲でほぼThe Neptunes趣味。Sheek Louchの所構わずバチンバチンと叩き潰すようなラップも格好良いけれど、こういう無機質なのっぺりサウンドでネッチリとラップを弾くPusha Tというのも懐かしくて結構好き。「Hold It Straight」はあのTermanologyとShortfyuz、Sir Nashが共同制作で、バチバチと火花を散らして蹴散らすようなトラックが、粗暴なSheek Louchのラップにお似合い(褒)。そのTermanologyとL5が共同制作の「Obamacare」では男性シンガーのDyce Payneが客演参加、Biggie「Juicy」を彷彿とさせるようなトロピカルで甘酸っぱいトラックがなんともジューシー。Sheek Louchもこういうサンプリングっぽいものもお手の物で、Dyce Payneも凄くエレガントでソウルフルな歌声で良い味出しています。これまたワンフレーズを早回しでループさせた様な、東海岸特有のソウルフル妙技が爆発した「Trap Stories」が渋い、制作はJimmy DukesとSmiley's Peopleが担当。同じくJimmy DukesとSmiley's Peopleが共同制作した「What's On Your Mind」は、JadakissとまさかのA$AP Fergが客演で参加。濁水のような電子音をばちゃばちゃとはたいたようなトラックはクールで面白いし、Sheek LouchとJadakissの阿吽の呼吸は勿論のこと。こういうトラックだと確かにA$AP Fergトリッキーさが面白くジワジワと効いてきて、適材適所な感じがたまりません(興奮)。Tone MasonとC-Sharpが共同制作した「What It Is」なんかは、90年代(それこそSwizz BeatzやRockwilderが活躍した時代)の漏電系の電子鍵盤のブワブワ感触が刺激的でアガるし、客演にはStyles Pが参加だからもう鉄板で三十路はニヤけてしまう(不覚)。ホーンを散々撒き散らした後で、ボムボムとした爆弾ビートを落として焼け野原にしてしまう「I Luv It」はGhostface Killahが客演参加。Shroom制作のトラックは先述の前半部分がGhostface Killahの縄張り、後半部分がSheek Louch縄張りとして用意されたのでしょう。またもやJimmy DukesとSmiley's Peopleが共同制作した「No Losses」ではFabolousが客演参加、これはFabolousに寄せてキラキラと光沢コーティングしたエナメル質のトラックで絢爛展開で聴き手を虜にします。Dayzel The Machineが制作した「Clap」は、それこそクラップと乾いた竹打ちみたいなビートと電子鍵盤をビヨビヨと走らせたチープさが抜群に面白いし、ここにDyce Payneのコクまろなヴォーカルが絡むのがまた最高に心地良いグルーヴを加味(興奮)。「Legends」はSupastylez制作で、ザクザクと電撃に似たシンセが交錯するエッヂーな一曲。Black Saunが制作の「You And Me」は、擦るスクラッチとユラユラと揺れるメロディでなんだか悪酔いしそうな感覚。最後のJoe Milly制作の「Hood In You」がもう最高で、女性のヴォーカルを起用したフローラルなソウルフルメロウでもう胸キュン必至。

全17曲と多めの収録ですが、一曲一曲がちょっと短いし、何気に客演陣が豪華なのであっという間に聴き終わります。Sheek Louchって他の人の曲に登場してもすぐ彼と分かるんですが、どうしてもThe Loxの他の二人と比べるとキャラが弱く感じてしまうのが損かもしれませんね(苦笑)。でも僕みたいな三十路オーバーは気軽に楽しめると思います、こういう分かり易いラップ音楽が落ち着きます。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment