RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
11位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Majid Jordan「Majid Jordan」
majid-jordan-majid-jordan.jpeg

歌い手のMajid Al MaskatiとProducerのJordan Ullmanで結成されたデュオ、Majid Jordanの記念すべきデビューアルバム『Majid Jordan』を御紹介。Majid JordanはあのDrake率いるOVO Soundに所属する二人組で、だから僕の彼らの所見はDrakeの「Hold On, We're Going Home」での客演になります。彼らは客演だけでなく制作にも名を連ねていて、察しの良い方々はこの時点から彼らを狙っていたと思います。かく言う僕はまったくのスルーでして(笑)、あまりDrakeの作品を繰り返し聴くこともないので、このアルバムを見かけても誰だったか思い出せない始末でした。でも絶対に押さえない訳にはいかないので購入、二人揃ってキノコヘアーな感じがダサくてOVOらしいですね(偏見)。
それではザックリと感想を書いてしまいますと・・・・・・まずはMajid JordanとIllangeloが共同制作した「Learn From Each Other」でスタート、ぼんやりとした光彩シンセがビートも滲ませてジワジワと広がってゆくトラックに、Majid Jordanの淡く薄いヴォーカルが優しく重なる青白いダンスミッド。軽く四つ打ちなビートに蛍光ネオンなメロディが妖しくぼんやり光る「Make It Work」はMajid Jordanが制作、ひんやりと冷たいアルミニウムのようなトラックに(良い意味で)軽薄なヴォーカルがシンクロして心地良い。「My Love」はNineteen85が制作(Co制作にMajid Jordan、Noah "40" Shebibが関与)で、客演にはボスであるDrakeが参加。このトラックはエキゾチックとSFを掛け合わせて、ミッドナイトでコーティングした様な不思議な感触のトラックで、Majid Jordanのヴォーカルもここではすごく力強くしなやか。しかし、ここではDrakeの存在感が半端なく大きくて、あの甘ったるくも柔和なラップが揺らめく様は催眠術にも似た強烈さ(賛辞)。冒頭のビート使いにPrinceを感じてしまう「Small Talk」はMajid Jordanが制作を担当、星の瞬きを音にしてメロディにしたような静けさの際立つシンセチューンで、Majid Jordanのヴォーカルもまるで囁くよう。「Pacifico」もMajid Jordanが制作の青白く妖艶なダンスチューンで、しっとりと夜露に濡れたようなMajid Jordanのヴォーカルが鼓膜にしなだれます。Majid Jordan制作の「Shake Shake Shake」は完全四つ打ちのアッパーで、恐ろしく単調チープなループフックがダサカッコ良いの範疇に入るのか(疑問)。小さな密閉空間に閉じ込めたような、圧迫されたヴォーカルが鼓膜に張り付く「Love Is Always There」はMajid Jordan制作、こういう霧で白んだようなミストメロウもクールでグッド。極端にミニマルなトラックに少し崩れたメロディラインでホロホロ感のある「Warm」もMajid Jordan制作、ここら辺はJames Blakeなんかのポストダブステップの流れかな。そんなJames Blake感が続く「Something About You」は、Majid JordanとIllangeloが共同制作。まるでサウンドがあちこちにテレポーテーションするように、浮かんでは消えるのがトリッキーでミステリアス、Majid Jordanのファルセット効かせたフワっと舞い上がるヴォーカルの喪失感もナイス。Majid Jordan制作の「Day And Night」のグルーヴなんかは結構好きで、深夜の高速道路を滑走するようなスベスベ光沢感がカッコイイ。Majid JordanとNineteen85が共同制作した「King City」はとても実験的で彼らの音楽性の広さが分かる、どこかアジアンテイストの香る扇状メロウでやはり溺れる。最後はMajid Jordan制作の「Every Step Every Way」でこれもひんやりとアイシーな、彼ら独特の青白く甘いダンストラックで毒々しいくせに清々しい。

うん、やっぱり侮れないDrake一派、スタイリッシュで洗練されています(不意)。これはこれで彼らMajid Jordanにしか出せない味わい、同じOVO Sound所属のPARTYNEXTDOORともまた違う音質と声質(似てはいるけど)。でも大まかに言ってしまえば、結局はThe Weeknd出現以降のサウンドとも言えて、僕の好みではないと言いますか(失言)。何年後かに聴いたら、逆に新鮮に感じて重宝するのかもしれませんね。Drake好きならば要チェック間違いなし、でも僕的に現段階ではPARTYNEXTDOORの方がお薦めかな。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment