RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rihanna「Anti [Deluxe Edition]」
la-et-ms-rihanna-unveils-anti-at-art-gallery-event-20151008.jpg

一糸纏わぬ世界のポップスター、RIhannaの通算八作目となる『Anti』を御紹介。「Pon De Replay」でデビューしたカワイイ女の子な頃が懐かしいRihanna、今ではもう良い意味でふてぶてしく逞しい強烈な女戦士といった感じ。そのデビュー時から所属したDef Jamを離脱し、新たに自主レーベル“Westbury Road Entertainment”を設立しているRihanna。その後、前作『Unapologetic』よりおよそ三年ぶりとなる本作『Anti』(アンタイと読むそう)は、最近ではもう当たり前になりつつある突然のリリースで、Jay Z関与の音楽ストリーミングサービスTIDALで1週間独占配信されましたっけ。デジタルのみでなく、こうしてフィジカルも販売されてよかった(安堵)。このジャケットにあるボツボツした凹凸、詩人であるChloe Mitchellの詩が点字で施されていて、“目の見える人というものは、時に何も見えてないことがある”という意味があるらしいです(伝聞)。そのため、イスラエル出身の画家・彫刻家のRoy Nachumによるアートワークにおいても、あえて王冠で目の部分を遮っているらしいのです(ちなみにこの少女はRihannaの幼少期)。
さてお堅い話はここまでにして感想を気の赴くままに・・・・・・まずはRihannaのルーツスタイルであるレゲエ風味のトラック「Consideration」は、Kuk HarrellとTyran Donaldsonが共同で制作を担当。ゆるやかにマッタリとしたメロディーなんかはオーソドックスながら、そこに火薬たっぷり詰め込んだような焦げ臭い発破ビートがスパイシーさを出していてグッド。Rihannaの少しハスキーで乾いたヴォーカルに、客演のSZAのクリーミーなヴォーカルが絡むのも心地良い。たった1分の曲にするのは勿体無さすぎる「James Joint」、制作はShea TaylorとKuk Harrellが担当(ソングライトにJames Fauntleroyも関与)。ピンク色した綿飴みたいなフワフワした柔らかなメロウチューンに、Rihannaのはらりと脱ぎ捨てるようになだらかで無垢な低音のヴォーカルがなんとも艶かしい(浮遊)。冒頭から、幾度も絶頂を迎えるように悶えるギターの音色のしなりがたまらなくエロい「Kiss It Better」、製作はJeff BhaskerとKuk Harrellが担当(ソングライトにDetailも関与)。官能的な熱を波打たせてグラインドするオーガズム的スロウジャムに、ちょっぴりサディスティックで刺々しいRihannaのヴォーカルがスローモーションで仰け反る。そんな生々しさもありながら、雲上まで舞い上がるような幻想的な遊泳感もたまりません(骨抜)。もはや鉄板といえるDrakeを客演に迎えたシングルカット曲「Work」はBoi-1daが制作、Rihannaらしい鉄壁のトロピカルメロウで、幾度も繰り返すRihannaの甘美で挑発的なフックはやはり強力。優しく淡い鮮やかな色彩の透けたメロディはまるでリキュール、そこにココナツオイルみたいにマッタリしたDrakeのラップも好相性に絡んで素晴らしい(痙攣)。Mick SchultzとKuk Hurrellが共同制作した「Desperado」は、ジワジワと灼き尽くすような刺激的なメロディとRihannaの煙たいヴォーカルが混じって静かに熱を爆発させる、ゲルニカのような烈しさを含むミッド。「Woo」はHit-BoyとKuk Harrellが共同制作(ソングライトにはThe-DreamやTravi$ Scottも関与)した一曲、まるでドクドクと脈を打つ度に流血するような鮮紅のビート&メロディに、歪んでのたうつ様なRihannaのヴォーカルが狂気的な刺激を生みます。突然に無理やりと体を冷たい水の中に突っ込まれたような、そんな波打つような音と現実を切り離したような静寂が浸食する「Needed Me」。Dijon " DJ Mustrad" McFarlaneとTwice as Nice、Frank Dukes、Kuk Hurrellが共同制作したこの曲は、RIhannaにしか成立しないような毒性の強いシリアスで冷徹な一曲で、メロディを薄くスライスしてボタボタと堕とすようなトラックがゾクゾクとさせます。TimbalandにFade Majah、Daniel Jones、Kuk Hurrellが共同制作した「Yeah, I Said It」は、Rihannaの囁くようなヴォーカルを蒸散させたような、妖艶は高保湿のミストメロウ。「Same Oi' Mistake」はKevin Parkerが制作で、鉛のようなビートズブズブと沈殿してゆくようなミッド。そんな沈殿ビートを沈み切る前にほぐして溶かすようなあ甘ったるいシロップメロディに、ゆらゆらと漂うRihannaの透けたヴォーカルがなんともセクシー(痺)。Chad SaboとKuk Hurrellが共同制作したアコースティックギターを爪弾くフォークミッド「Never Ending」、秋風のような寂しさが吹き抜けるトラックは新たな側面で、Rihannaの少し掠れたセピア調のヴォーカルが胸に沁みます。Fred Ballが制作したオールドソウルなスロウ「Love On The Brain」なんかも、トラックをパッと聴くとRihannaにはそぐわない気がするのですが、そこもRihannaのヴォーカル技術が格段上がっているので無理なくハートに浸透します。そんな古めかしいサウンドをそのまま引き継ぐブルージーな「Higher」はNo I.D.が制作で、Rihannaの焦がしキャラメルみたにいにちょぴりビターなヴォーカルが熱っぽくて素敵。最後を飾るのはBrian KennedyとKuk Hurrellが共同制作した名バラード「Close To You」、優しくて淡いピアノ鍵盤音がひらひらと舞い散る儚く流麗なスロウに、優しく抱き締めるような温かく深みのあるRihannaのヴォーカルが神秘的(後光)。とここまでが本編の内容で、豪華盤には加えて3曲のボーナス曲が追加されています。まずはMitusとKuk Hurrellが共同制作(ソングライトにはPaul Epworth、Florence + the MachineのFlorence Welchまで関与!)した「Goodnight Gotham」で、ブツブツと途切れる電子音を繋いだブリザードのような一曲で、ザクザクと繋ぐRihannaのヴォーカルもエッヂーでクール、たった1分半の短い曲ながら存在感抜群で凄い。「Pose」はHit-BoyとKuk Hurrellが共同制作しており、Jay ZとKanye Westの『Watch The Throne』の時のようなゴロゴロした異物感ビートに、ベッタリとしたRihannaの扁平ヴォーカルがバチバチ直撃。最後のBoi-1daにFrank Dukes、Vinylzが共同制作した「Sex With Me」はボーナス扱いには勿体無い好ミッドで、水の中を泳ぐようなヒーリングモイストな澄んだトラックに、ネットリと絡み付くように泳ぐ蜜味のヴォーカルがすごくドリーミー。

これまではサウンドとその一糸纏わぬスタイル(過激な肌の露出)でここまで登り詰めたRihanna(偏見)、しかし本作ではバラエティに富んだ、ある意味纏まりのないサウンドの氾濫にも負けない、ヴォーカルの表現力でまたまた進化を遂げています(驚)。元々からR&Bという括りには入らないRihanna、というよりは現状のR&B液状化のキッカケとなったのはRihannaで、その時その時で新たなサウンドをヒットさせ音の雛形(トレンド)にさせた実績のある彼女。本作『Anti』ではその深化がより一層強いだけに、ちょっと戸惑うかもしれませんがやはりカッコイイのは間違いない。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment