RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
35位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tweet「Charlene」
tweet-charlene-new-album-missy-elliott-somebody-else-will-compressed.jpeg

あのMissy Elliottのバックアップを受けてデビューした歌姫、Tweetの通算三作目となる『Charlene』を御紹介。鳴り物入りでデビューした印象(当時の鉄壁コンビ、TimbalandとMissy Elliottが揃って助力した)のあるTweetですが、実は苦労人でSugahなるグループでデビューする筈がお蔵入り、この時に出逢っていたMissy Elliottの要請でアルバム参加した事をキッカケに、ようやくデビューしたのだとか。しかし、その後も所属レーベルに恵まれず転々と移籍を繰り返す羽目になり、その度にアナウンスされていたアルバム『Love, Tweet』や『Simply Tweet』は結局お蔵入りしました(悲哀)。そしてようやくTweetがeOne Musicと契約を済ませ、およそ11年ぶりの時を経て新作を届けてくれました(歓喜)。かねてからR&B愛好家にはすごく人気のあった本格派シンガーですし、そんな不遇の中でも時折あちらこちらでTweetのその美声は聴かれていたので嬉しさは尚更。ジャケットに写るTweetも昔と変わらずスレンダーで聡明な姿、ほっと安心、これって結構大事ですからね。ちなみに本作のタイトルである“Charlene”はTweetの本名、Charlene Keysからです。
という訳で張り切って中身の薄い感想を頑張って書くと・・・・・・まずはTweetとJubu Smithが共同制作した「Intro: Soulfully Yours, Charlene」でスタート、アコースティックギターを弦音を柔らかな水に潜らせたようなトラックに、文字通り小鳥のさえずりのようなTweetのハミングでもう速攻で昇天。木目調の深みのある打ビートが、ナチュラルで温かみのある響きを与える森林浴スロウ「Magic」はCharlie Berealが制作を担当。このポスポスと柔らかな空気を含んだビートがとにかく心地良くて、聴き手のハートにそっと触れる振動を与えて、Tweetの細く繊細な絹糸を一本一本紡ぐようなヴォーカルがもう素敵です(溺)。まるで川のせせらぎのようなアコースティックギターの爪弾きが流れる「Won't Hurt Me」はJubu SmithとCharlie Bereal、Craig Brockmanが共同制作、まるで木綿チックなアコースティックミッドで聴いていてサラサラした肌触り、そこに春の日の木陰のような涼しさが漂うTweetのヴォーカルがグッド。TweetとCharlie Bereal、Craig Brockmanが共同制作した「Priceless」は、リネン素材のソウルといった味わいで通気性と吸湿性のあるさらりとした感触のトラックで、Tweetの冷たくキリリとした清水のようなヴォーカルがそんなトラックを透くのがまた綺麗。TweetとCharlie Bereal、Craig Brockmanが共同制作した、たった1分強の「Interlude: All I See Is You」がとても重要で、これまで空気を感じたトラックの流れから、ピアノ鍵盤の流麗な音色と共にポチャンとヒンヤリした水の中に沈んだ感覚、トロトロと水中で漂うようなTweetのヴォーカルがまた妖艶で素晴らしい(溜息)。そして本作の注目曲となるのはやはり、Timbalandが制作しMissy Elliottが客演参加したリユニオン的な一曲「Somebody Else Will」ですね。最近では珍しいTimbalandの単独仕事でサンプリングにGiedrus Kuprevicius「Be Pavadinimo」を使用、Timbalandらしいサンプリングセンスでバツ切りオンオフするメロディは、ちょっぴり癖があるも流れを分断しない絶妙なバランス。冒頭のMissy Elliottのタフでしなやかなラップが、トラックのちょっとしたバツバツ感とベッタリした植物オイリーなビートの波を作るのがまたナイス。幾筋にも割れて射す月光のようなギター弦の音が艶っぽい「Addicted」は、TweetとCharlie Berealが共同制作。月の音まで聴こえてきそうな夜長に聴く虫のさざめきのような、Tweetの静寂ヴォーカルのミルフィーユがたまりません(骨抜)。Jubu SmithとCraig Brockman、Nisan Stewart、Charlie Berealが共同制作した「Neva Shoulda Left Ya」はエレキギターの音色も混ざり、サクサクしたリフが小気味良いちょっぴりトロピカル風味なナンバー。陽光のような眩さのTweetのヴォーカルが揺れるのが気持ち良くて、湿った心もカラリと乾かしてくれるんです。はらりはらりと爪弾き舞うアコースティックギターの弦音に、木造ビートが絡んでくるのがなんともボタニカルな「The Hardest Thing」は、無添加なトラックなだけにTweetの流麗で滑らかなヴォーカルがグングンと鼓膜に浸透します。植物がゆっくりと葉脈を伝って水分を満たすようなじんわりモイストなメロウ「Got Whatcha Want」、制作はJubu SmithとCharlie Bereal、Craig Brockman、Nisan Stewartが共同で担当。そんなゆったりと流れるモイストメロディに乗せて、じんわりと花が綻び咲くようなTweetの繊細なヴォーカルがなんともフローラル(恍惚)。Charlie BerealとChris Brownが共同制作の「Interlude: Will You Be Here」を挟んで、Charlie BerealとCarig BrockmanとJarius Mozeeが共同制作の、洗いざらしのように眩い真っ白なアコースティックミッド「I Didn't Know」が清らかに響き渡ります。 「Dadada.....Struggle」はTweetとCharlie Bereal、Craig Brockmanが共同制作、まるで風に揺れる樹々やカサカサと擦れて鳴る葉の音のようなアコースティックトラックがオーガニックで、そんなトラックに吹かれて花弁の散るようなTweetの淡いヴォーカルも素晴らしい(吐息)。Charlie Bereal制作の「I Was Created For This」はネオソウル風味、風で雲が流れる空を眺めるような寂寞感のある色褪せたメロディがなんとも切ないミッド。最後はTweetとCharlie Bereal、Craig Brockman、Jarius Mozeeが共同制作の「Outro: I Surrender」、白い野花を束ねた小さなブーケのようなTweetのささやかな甘いヴォーカルがもう最後までたまりません。

全編を通してアコースティックギターの演奏を軸にしたソウルアルバムで、もうとにかく優しくて心地が良い(揺)。よくよく考えると本作の製作陣はデビュー時からTweetを支える面々でして、そういう意味でも僕らの愛したTweetの完全復活となっております(太鼓判)。ここ最近は昔のベテラン勢が復活して懐かしいサウンドを聴かせてくれたり、続々と新世代なR&Bも生まれている訳ですが、こうして聴くとTweet(とその鉄壁製作陣)って唯一無二のR&Bサウンドの持ち主なんだと再認識、ありそうでない他とは一線を画す上質R&Bで本当に重宝しております(愛聴)。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment