RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

2 Chainz「ColleGrove」
9d79af7f.jpg

GeorgiaはCollege Park出身の人気MC、2 Chainzの通算三作目となる『ColleGrove』を御紹介。元々はPlayaz Circleというデュオでデビューした2 Chainz(この頃のMC名はTity Boi)、あれよあれよという間に人気MCの一人に昇格しました。それからソロでは『Based On A T.R.U. Story』『B.O.A.T.S. II: Me Time』と立て続けにヒットを放っております(安定)。しかし、先述の感想を読んで頂ければ分かるかと思いますが、僕はどうもこの2 Chainzが苦手なようでして(苦笑)。すっごく良いなと思う瞬間もあるのですが、アルバムを通して聴くとなんだかもたれるという印象。そんな2 Chainzですが、本作ではあのLil Wayneと過半数を超える7曲でタッグを組んでおり、半ばコラボアルバムと銘打たれているみたいです、でもあくまで2 Chainzのスタジオアルバムという括り(難解)。ちなみにジャケットの写真は、2 Chainzの顔にLil Wayneのタトゥーがプリントされていますね。
という訳で中身はどんなことになっているのかと・・・・・・まずはSouthsideとMike Deanが共同制作した「Dedication」でスタート、これがキラキラと透けた輝きを放つクリスタルチックなトラックがクールで開始早々イイ感じ。そんな多面体なトラックの光線を受けて、鈍く乱反射する2 Chainzのラップが脳内に沈殿するのがドリーミー。「Smell Like Money」ではLil Wayneが参加、制作はDa Honorable C.N.O.T.E.が担当。なだらかに流れるダークでクールなメロディはまるで冷たい霧のよう、Lil Wayneと2 Chainzのずっしりと重たくのろいラップがジワジワと迫ります。Infamousが制作した「Bounce」はLil Wayneが参加、この曲が炸裂させるバウンスが本当に僕にはたまらなくツボ。ケンケンケンケンと甲高く刺々しく鳴らす電子鍵盤音や渦巻くサイレン音、シンプルに電子音の飛沫で進行するこのトラックはRuff Rhyders全盛期の頃のSwizz Beatz風。そんなバチバチなトラックで暴れ回る二人も最高で、特にLil Wayneはこういうトラックの方がトリッキーさが増して美味。同じくLil Wayneが参加した「Gotta Lotta」はなんとMannie Freshが制作を担当、ずっしり重たいビートを繰り出すシリアスなトラックに、蜃気楼のようにヘロヘロと揺れるエフェクトのかかったLil Wayneの、まさかのScatman John「Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)」拝借が面白い。Mike Will Made ItとZaytovenが共同制作した「MFN Right」はヒューヒューイと抜けて鳴る笛っぽい音にブルブルと震えるようなビート、そしてバックではピアノ鍵盤がホロホロと転がるトラックで、モッサリした2 Chainzのラップがポツポツと進行するのが毒々しい。Lil Wayne参加の「Blue C-Note」はMr. 2-17が制作を担当、これはもうドロンとしたゼリー状のビートの中で執拗に繰り返すフックが中毒性高い一曲。「Not Invited」はTM88とReignman Richが共同で制作、雨で煙るようなしっとりした湿り気のある憂いを帯びたメロウチューンで、2 Chainzのモッサリしたラップが疾走するのもなかなか乙な味わい。Metro BoominとFrank Dukesの売れっ子同士が制作した「Bentley Truck」はLil Wayneも参加、不協和音に近いボワンボワンとした酩酊トラックが気持ち悪く、やはりこういうキワモノ曲だと爬虫類系のLil Wayneのラップが似合ってしまう(喰)。冷たい氷点下のメロディとビートが氷柱のように連なる「100 Joints」はBobby Kriticalが制作、こういう鋭利な感触のトラックは2 Chainzのモフモフしたラップには合わない気がするが(困惑)。冒頭のキリキリと鳴るストリングスからしてカッコイイ「Rolls Royce Weather Everyday」はLil' CとThe Mad Violinistが共同制作、ストリングスを金切り音にしドタドタと踏むビートが交錯するスクラップ工場みたいなトラックがとにかく面白い。サラサラとかき鳴らすアコースティックギターから流れ込む「What Happened」はBen Billion$制作でLil Wayne参加、バチバチと放電するようなメロディにたまに吹き込むギターの爽涼な音色、暴風雨のように吹き荒れるビートとトラックがやはり秀逸。エフェクトを駆使した歌うようなLil Wayneのフロウ、負けじとメロディアスにボタボタと降らす2 Chainzのラップもイイ感じ。最後はLondon On Da Trackが制作した「Section」でLil Wayneも参加、濃霧のように怪しく冷たいトラックでマッチングしているかは分からないマイクリレー。

僕の中で2 ChainzもLil Wayneも客演の時こそ威力が倍増するというイメージがあるので、その点では二人が交互にマイクを回す本作はいいとこ取りだった気がします。2 Chainzの魅力がいまだに分からないし、Lil WayneもやっぱりCash Money時代に比べたら面白いと思わなくなったかな(加齢)。でも確実にイマドキなアルバムだというのは、製作陣やサウンドを聴くと明らか、時流の読み方は流石です。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

お久しぶりです。
2 CHAINZと立ち位置は近いけど、管理人さんがより好きそうだな………と思ったのが、YOUNG DOLPHです。遂にデビューアルバム『KING OF MEMPHIS』を出しました!ミックステープ時代からずっとDRUMMA BOYが関与してまして、そこが管理人さんへのセールスポイントです(笑)
お久しぶりです!すみませんコメントに気付かなくて、返事遅くなってしまいまして。。。コメント滅多に頂かないからですね(笑)。
Young Dolph、全くのノーガードで知らなかったです。格好良いですねー、いいなー、お金に余裕が出来たら買いたいなー!
またお薦めあったら、ガンガン教えてくださいませ!!
よかったら寄贈しましょうか?というかどうしても寄贈したいです(笑)
このブログのレビューが読んでみたくて。
寄贈だなんて、めっそうもないですよ!
そこまで小森さんのお気に入りなんですね、俄然気になりますね!
買った暁には、きっちりこのブログで書きたいと思います!!

Leave a Comment