RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

K. Michelle「More Issues Than Vogue」
Caemj0eXIAIOH6K.jpg

ダイナマイト級のボディと歌声で人気の実力派、K. Michelleの通算三作目となる『More Isuues Than Vogue』を御紹介。本当に紆余曲折を経験しながらも着実にファンを増やして固定客を作ったK. Michelle、デビュー作となる『Rebellious Soul』を皮切りに、続く二作目『Anybody Wanna Buy A Heart?』、そして本作と着々とリリースを重ねているので安心するばかり(溜息)。そのドでかいお尻を惜しげもなくあちこちで披露し、ブックレットにも挿入、聴く者に視覚的なインパクトも大なのがこのK. Michelleで御座います(賛辞)。本作もジャケットこそ可愛らしいポップな仕上がりですが、中身ではK. Michelleの際どい写真があったりして、こういうのがあるからデジタル音源を買う気にはならないのであります(笑)。
それでは外見の話はよして中身がどうなっているのかと・・・・・・まずは二分弱ほどのスタート曲「Mindful」があのFaheem "T-Pain" Najamが制作で驚き、ベリベリと爪弾き流す弦音と鋭くえぐるようなビート&ハイハットでノンストップな高速を生み出すトラック、この疾走感にK. Michelleの女王様の鞭のようにしなるヴォーカルが走ります。続く「Got Me Like」もT-Painが制作を担当しており、これがいかにもT-Painなカラフルで多面体のような角張ったメロディ展開が面白いミッド。どことなくTimbalandっぽいゲコゲコしたフレイバーもありながらやはりT-Pain印、ゴッツリと力強く歌い上げるスタイルのK. MichelleもT-Painスタイルでジグザグな歌い方で新鮮。MekanicsとHitmaka、OZが共同制作した「Ain't You」はリキッドタイプのバラードで、乾いてひび割れたハートにぐんぐんと浸透するヒアルロン酸のような保湿曲。K. Michelleの濃いめのヴォーカルが良い塩梅にこの水溶トラックにコクととろみを持たせているので、聴いていて鼓膜にほどよく絡んで耳に残るのです(残響)。「Not A Little Bit」はあのElvis "Blac Elvis" Williamsが制作を担当した、どこまでも眩くて繊細で美しく澄んだバラード(清)。朝の陽射しに反射して輝きふっと溶けるスノーダストのようなきめ細かな鍵盤音に、K. Michelleの優しくてふくよかな温かいヴォーカルがふんわりと心を包み込む一曲(安堵)。どこかカントリーっぽい風味のある穏やかなミッド「If It Ain't Love」はDanjaが制作で驚き、若草のように甘く柔らかい光を零すアコースティックギターの弦音に、春風のように優しく吹くK. Michelleの歌声が心を洗います。LovyとT-Collarが共同制作した「Make The Bed」では、自身のアルバムの客演返しでかJason Deruloが客演参加。絶対に合わないだろうと思う二人もですがすんなり聴ける組み合わせで、まずは原生林のような鮮やかで力強い原色の緑を思わせるボタニカルなトラックがナイスでJason Derulo仕様、そんな中で二人の水を弾くようなクールなヴォーカルの掛け合いが旨い。HitmakaとCritacalが共同制作(Add制作にはJames Foye IIIとAustin Owens、Vocal Prod.にはあのSam Salterの名も!)した「Nightstand」はトラックが前後半で少し分かれていて、綺麗な夜景の輝きを映して吹き抜けるしとやかな夜風のような前半と、Bryson Tillerっぽい空間の捻れみたいなドロッとした後半。「These Men」は再びElvis "Blac Elvis" Williamsが制作を担当、これは王道のじっとりと熱の吹き出す激渋ソウル曲。Jesse "Corparal" Wilsonが制作した「All I Got」は光の粒子を集めて奏でたようなシャイニーミッドで、そんなトラックにも負けないK. Michelleのツヤツヤ滑らかなヴォーカルが鮮烈で眩い。Eric Hudsonが制作した「Time」なんかはMonicaなんかが得意とするメロウソウルのリメイク的な一曲で、ゆっくりと花開くように綻ぶフローラルなメロディに、K. Michelleの芳醇な香りをするヴォーカルが甘美に漂うのがグッド。Lil Ronnie制作の「Rich」ではYo Gottiと久々のTrinaが客演参加、音数を少なくしてスカスカとしたビートを吹かすトラックで、これはもう客演二人の功績が大きい一曲に。最後を締め括るのはPop & Oakの名コンビが制作した「Sleep Like A Baby」で、ちょっぴりポップで淡いシンセの鳴りにベースの音が優しく絡まる好ミッドで、K. Michelleの閃光を放つように強く真っ直ぐに伸びるヴォーカルが鼓膜に心地良く刺さります。

K. Michelleって思ったより色んなタイプの楽曲に、しかもルックスとヴォーカルに寄らず軽やかな曲に挑んでいて毎度と結構驚いてしまう面白いシンガー。本作は前ニ作品に比べてそれがより顕著で、人によってはK. Michelleの旨味が出ていないと物足りなく感じるのかも、とも思ったり(憶測)。でも僕に限って言えば、K. Michelleみたいなパワフル系女性シンガーがあまり声を張り上げて歌うのが得意でも無いので、これくらいが丁度良かったりもしました。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment