RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
11位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Christon Gray「The Glory Album」
CG_GLORY_FINAL_300.jpg

あのKirk Franklin率いるレーベル“Fo Yo Soul”と契約したシンガー兼ラッパー、Christon Grayの通算ニ作目となる『The Glory Album』を御紹介。とか書きましたが、もともと僕はこのChriston Grayの事を全く知らなくて、Amazonであなたにお薦めな関連アイテムで浮上して、そのジャケットに惹かれて即買いしたんです(衝動)。調べてみると兄と共にゴスペルグループを結成し活動していたところ(彼の兄Taelor GrayはThe Elevationistsなるグループで活動中だとか)、ソロでリリースしたデビューアルバム『School of Roses』が全米R&Bチャートで第五位に食い込む人気に。そこでレーベル争奪戦の末、自身のルーツであるゴスペルを基調とするKirk Franklinのレーベルと契約したんだとか(伝聞)。
とまあ何処ぞでかじった話はこの辺でお終いにして内容に・・・・・・本作はまずレコードの様にSide AとSide Bに分かれています、こういう意匠がとても好きです(単純)。まずはSide Aの楽曲群から触れると、Christon Grayが制作(Co制作にJonathan Baker)した「The Glory Part I」でスタート。キラキラときめ細かな光粒子を集めたようなピアノ鍵盤の音色がなんとも綺麗で、そこにChriston Grayの朝焼けのように眩いヴォーカル&ラップが乗っかるのが心地良い。「Stop Me」はMax Starkが制作を担当しており、漆黒に輝く鍵盤音やホーンとザクザクとしたビートが走る荘厳でオペラチックな重厚曲で、仄暗い濁流のようなChriston Grayのラップが鼓膜をジワジワと飲み込むのがたまりません(浸食)。教会の中にいるような厳つくてビリビリするような静寂が迫ってくる「Ft. Knox」はMax Starkが制作を担当、Kanye West的な悪魔教めいた冷気メロディが鼓膜を刺す中、Christon Grayの野獣めいた鋭いラップと祈るように澄んだヴォーカルが交錯するのがクール(幻覚作用)。Christon Gray自身が制作した純朴なピアノバラード「Afraid With You」は、印象派の絵画みたく淡い光が揺れるトラックがとても優麗ですし、柔らかな風を受けて蝶が舞うような、そんなChriston Grayの鱗粉みたく煌めくヴォーカルが沁みます(清純)。モノクロの映画に少し色彩を滲ますようなトラックが、揺らめく陰影をメロディにして流れる「50 Shades」は、微熱程度にまったりと微睡むようなChriston Grayの脱力したラップが耳に妖しく残ります。Giangelo Powerが制作(Co制作にMax Stark)した「Connor McDees」はメタリックなビートや金属的なシンセが刺さる鉄鋼チューンでとにかく硬いし、それに負けずと尖ってタフなChriston Grayのラップも聴き応え抜群でカッコイイ(痺)。続いてここからがSide B、まずはChriston GrayとMarlo Scottが共同制作した「No. 51 (The Groly Part II)」でスタート。どこか彼方で聴こえる水を打つようなビートと、接近して聴こえる乾いたネイティブなビートの乱立が立体的で面白く、そんな空間使いがなんだかサイケな感触を生んでいるし、気化にも近いChriston Grayのファルセットが浮遊感たっぷりで不思議なスイート感を演出。「Open Door (See You Later)」はElvin Shabhazianが制作を担当(Co制作をJaden Chada)、暗闇の中でボワンボワンと妖しく波打ち光る夜光虫のようなシンセの蠢きに、Christon Grayのダークで鋭利なラップが飛んでくるのがたまらない(宇宙的)。かと思えばStevie Wonder的な軽やかでフローラルな鍵盤メロウが甘美な「My Love Is Real」で、蜂蜜シロップのように淡く輝くファルセットで聴き手を昇天させる王道ソウルも繰り出すから憎い(昇天)。「Nowhere」はMax Starkが制作(Co制作をMatt Shaban)、真っ白な空が落ちてくるような感覚に陥る壮大なバラードで、空気を優しく真っ直ぐ震わせ伝わるChriston Grayの歌声はどこまでも澄み切って、春に降る雪を見るような幻想的な映像が浮かびます(浸透)。Christon Grayの弾くちょっぴりJazzyなD'angelo的ピアノ曲「Blackmail (Black Male) Interlude」を挿んで入るのは、Christon Grayのエスプレッソのように硬くビターな歌声が香る「Blackmail (Black Male)」でこれは自身が制作を担当。最後を飾る「Follow You」もどこかStevie Wonderっぽいピースフルな鍵盤メロディが素敵で、天と地を繋ぐ一筋の強い光のようにChrston Grayの慈愛に溢れた歌声が降り注ぐのを浴びるばかりです(極楽浄土)。

ゴスペルとラップとR&Bを織り交ぜたサウンドで、かなり特殊で独特な味わいのある面白いシンガーであり一枚。ゴスペルが源流にあるという点でも、どこかJohn Legendを思わせる感触の持ち主。あとサウンドとラップを合わせた部分ではJ. Coleなんかを思わせる感触、はたまたKanye West的とも歌とラップのハイブリッドはDrake的かなとも(個人的感想)。サウンドも凄く洗練されていてエッヂーで深い、とにかくとっても興味深いしカッコイイChriston Gray、これは本当にジャケット買いして良かった(狂喜乱舞)。まだ聴いていない方は是非とも聴いて頂きたい、ラップ好きにもR&B好きにもお薦めできます。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment