RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ariana Grande「Dangerous Woman」
dangerouswoman.jpg

Next Mariah(いや、Young Mariahだったか?)などとも称され世界の10代から20代に熱狂的に支持されている歌姫、Ariana Grandeの通算三作目となる『Dangerous Woman』を御紹介。とにかく“圧倒的な歌唱力”といった売り出し文句で絶賛売り出しされたAriana Grande、白も黒も混ぜたトラックメイクで僕みたいな黒音楽聴きまでターゲットに出来ているんですが、どうも子供っぽくてそこまで上手さは感じない印象で(辛辣)。とは言え、一応黒っぽい面子も参加しているのでデビュー作『Yours Truly』も2nd『My Everything』も買って聴いていますし、本作に関してはこのジャケットがどうしても良くてIntデラックス盤を購入してしまいました(下心)。
とまあくだらない話はここまでに感想へ流れ込むと・・・・・・まずはAriana Grandeのキュートさが心地良く揺れるムード歌謡のような、Tommy "TBhits" Brownが制作の「Moonlight」で幕開け。そして早速と表題曲であり先行曲でもあった「Dangerous Woman」の登場、制作はMax MartinとJohan Carlssonが共同で担当。ジリジリと照りつけて焦がす日射のようなメロディの上を、まるで汗ばんだように滑り落ちる挑発的なAriana Grandeのヴォーカルが艶かしくてたまりません(興奮)。こういう後ろに乗っかるような焦がしビートはRihannaの専売特許な気もしますが、Ariana Grandeもネットリと熱波を醸し出していてナイス(褒)。Twice As NiceとTommy Brownが共同制作した「Be Alright」もRihanna得意のトロピカル風味で、マリンバみたいにカラカラとしたカラフルな音色が瞬く中で、パチパチときめ細かな泡を弾けさせる炭酸系のAriana Grandeのヴォーカルが後味サッパリで清涼感抜群。Max MartinとIlyaが共同制作した「Into You」のシンセで仕立てた漆黒ダークで滑らかなレザータッチのトラックに、ズブズブと引っ張られ加速しながら溶け込む感触は最高に気持ち良いし、そんなビートに呼応し煌めきを散らして駆け抜けるAriana Grandeのヴォーカルも心地良い。Tommy BrownとSteven "Mr. Franks" Franksが共同制作した「Side To Side」は、客演でNicki Minajが参加。これもレゲエな風味を聴かせたピリピリとスパイシーな熱帯ミッドで、Ariana Grandeのネットリ蜜として絡むヴォーカルに、Nicki Minajの斜に構えたトロピカルでデビルなラップがカッコイイです(痺)。またまたTommy BrownとSteven "Mr. Franks" Franksが共同制作した「Let Me Love You」ではLil Wayneが客演参加、すーっと漂う冷気に似たトラックに、シフォンのように透け透けなAriana Grandeのヴォーカルをバツバツとカットしエッヂーを強調、そこに粘度の高いLil Wayneのラップで鼓膜への粘着感を高めます。Max MartinとIlyaが共同制作した「Greedy」はゴーゴーな感触のレトロなアッパーで、Ariana Grandeのイイ感じで喉に力の入ったヴォーカルがスウィングするのが痛快。Thomas Parker LumpkinsにTommy Brown、Steven Franksが共同制作した「Leave Me Lonely」では、まさかのMacy Grayが客演参加という異色のコンボ。寂れたメロウが吹き荒ぶド渋いソウルフルなトラックは、やはりMacy Grayが客演に登場する事でグッと締まるけれど、こうなるとAriana Grandeの存在意義が無くなる気もして(苦笑)。Ilyaが単独制作した「Everyday」ではFutureが客演参加、ブルブルと振動を唸らせながらのたうつダートなシンセの連綿に、Ariana Grandeのシースルーな歌声と、Futureの深海魚がバクッと口を開くように発しリフレインさせるラップがやはり抜群に効いています(衝撃)。アコースティックギターの爪弾く音色が涼しげで軽やかな「Sometimes」はMax MartinとIlyaが共同制作、スッキリと曇りのない青空を映す蒼い海原のような、そんな清涼感とクリアさが胸を透く爽やかな一曲。フェザータッチの音色に乗せて綿毛のように甘く柔らかなAriana Grandeの歌声が浮かぶ「I Don't Care」は、どことなく昔のMariah Careyを思わせるテイストだったりしてニヤリ。「Bad Decisions」はMax MartinとIlyaが共同制作で、軽妙に跳ねて砕ける音色とキュートでいてハードなAriana Grandeの歌声がマッチしていて気持ち良い。Max MartinとAli Payamiが共同制作した「Touch It」のダークでソリッドな電子音が空を裂く感触と、Ariana Grandeの程よくキャラメル色した光沢&ハリのあるヴォーカルがやはり綺麗にシンクロ。ちょっぴり宇宙空間に入り込んだ感のある明滅スペイシーな「Knew Better」と、そこから軽やかなシンセがコロコロと転がり跳ねる飛翔感抜群の「Forever Boy」はひと繋がりで、制作はTommy BrownとSteven Franksが担当。最後を飾る「Thinking Bout You」はPeter Svenssonが制作を担当した果糖EDMといったミッドで、あくまでホロホロと崩れ砕ける角砂糖のような電子ビートに、トロトロと蜂蜜のようなAriana Grandeのヴォーカルが溶け込むのをマッタリ味わう仕組みです。

正直に言ってほぼ期待はしていなかったんですが、Ariana Grandeもだんだんと良くなっていて、本作は結構リピートして聴いている自分がいます(驚)。たぶん、Ariana Grande特有のあの無理に張り上げる高音が少なくて、どちらかというとちょっぴりセクシーに囁くようなヴォーカルが多用されていたのが吉と出たのかと(個人的見解)。このウィスパー具合でいえば確かにMariah Carey的な感触で、良い塩梅にキュートもありつつクールセクシーな仕上がりで満足です。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment