RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Twenty88「Twenty88」
big-sean-jhene-aiko-twenty88.jpg

二枚目ラッパーのBig Seanと美女シンガーのJhene Aikoで結成されたデュオ、Twenty88のデビューアルバム『Twenty88』を御紹介。Big SeanといえばKanye Westに見初められ、これまでに『Finally Famous』『Hall Of Fame』『Dark Sky Paradise』と順調にリリースを重ね、人気とキャリアを築いている有望株。僕も最初こそあまりピンと来ませんでしたが、三作目の『Dark Sky Paradise』に関してはどハマりした一人であります。Jhene Aikoに関してはMixTapeで徐々に頭角を表し、デビューアルバム『Sail Out』が前評判通りにヒットしましたっけ。その二人が突如として二人で写る写真をSNSで拡散し始め、なにかコラボするのではと囁かれると同時に二人のユニット、Twenty88がお披露目された次第です。ずっと準備していたんでしょうが、本当に突然でしたし音速で作品がドロップされたのには驚きました。デジタル配信のみで終わるかなと心配しましたが、一応はフィジカルでもリリースされたので購入しておりました。
という訳で感想は簡単になりますが書かせてもらいますね・・・・・・まず先に述べておきますと、フィジカルにはブックレットが無いのでクレジットが一切不明(涙)、よってWikipediaの情報を頼りにクレジットは述べます。「Deja Vu」はKey WaneとCam O'bi、Amaire Johnsonが共同で制作、サンプリングにはXscape「Softest Place on Earth」を使用しています。もうこのスタートからして汗ばむような熱をじんわり放出する艶美なメロウで、Big Seanのじっとりと愛撫するような低音ラップもビリビリ来るし、Jhene Aikoの甘い吐息のように薄いヴォーカルもセクシーで、ぼんやりとした輪郭のサウンドエコーはまるでスチームのようでグッド。FlippaにSteve Lacy、Jproofが共同制作した「Selfish」はMat Zo「Time On Your Side」をサンプリング、ブーンブーンと重厚に響くベースにカラリと乾いて鳴る弦音の涼しげなグルーヴがクールで、香辛料を隠し味に使ったようなエスニックな香りのするトラックには、どこか微熱混じりで火照った二人の掛け合いが美しく映えます。Key Waneが制作した「On The Way」ではThe Singers Unlimited「Sentimental Journey」をサンプリングに使用、ザブザブと溢れる水流のようなシンセをぶつ切りにして繋いだトラックがモイストな感触を生み出すミッド。その中で柔らかく変幻自在にフロウを変える岩清水のようなBig Seanと、ヒアルロン酸ばりに保湿力たっぷりなJhene Aikoの潤んだヴォーカルがマッチング。FlippとJproofが共同制作した「Push It」は潤いと華やかさが共存した水中花のようなメロウで、ゆらゆらと優雅に泳ぐ二人のヴォーカルがなんとも可憐で素敵。「2 Minute Warning」はDetailが制作を担当し、そのDeteilとあのK-Ci & JoJoが客演参加の一曲。なるほどK-Ci & JoJoのエッセンスが入ることで濃厚バターのようなコクのある旨味のメロウに仕上がっていて、トロトロとした感触のメロディはまるで蜜のように、しかしビートはまるで粒マスタードのようにピリリとした辛味があったりして面白い。FlippaとJproofが共同制作した「Talk Show」はThe Natural Four「Love's Society」をサンプリング、飄々と吹き抜けるソウルフルなメロディがザックリした味わいを生んでいて、Big Seanのなんとも男前なラップを引き立てている一曲。不規則に寄せては返す細波のように揺れ、その揺れで月の光をキラキラと反射する水面のようにしとやかなメロウ「Memories Faded」はTommy Brown制作。そんなメロウな波音に揉まれて、潜って沈んで意識の奥底を氾濫させる二人のヴォーカルが心地いいんです(溺愛)。最後は残響に近いサウンドがゆるゆると糸を引く感触の「London Bridge」でKey Wane制作、Jhene Aikoのコケティッシュでスウィートな歌声がふわふわと舞うのが気持ちイイ。

とにかくハイセンスでカッコイイ、洗練されていて彼らが次世代を担っているのを濃厚に感じられる意欲作です(鳥肌)。全八曲入りのEPではありますが満足度は抜群、むしろここまでの高威力ならばLPで創って欲しかった(惜)。ルックス的にもやはり二人は格好良くスタイリッシュにキマるし、本当に相性は抜群だと思います(勿論、音楽的にという話)。僕はBig Seanはそれこそ最近になってかなり好きになって、Jhene Aikoはそこまでハマっている訳でもなかったんですが、このTwenty88の作品はよーく聴いています。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment