RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Havoc & Alchemist「The Silent Partner」
1221796651447413099_1632859665.jpg

玄人ラッパー(であり敏腕プロデューサー)のHavocと玄人プロデューサーのAlchemistがタッグを組んだ、Havoc & Alchemistのデビューアルバム『The Silent Partner』を御紹介。Havocといえば90年代の東海岸を代表するデュオ、Mobb Deepの片割れですね。Mobb Deepといえば『The Infamous』収録の「Shook Ones Pt. II」がクラシックとしていまだ絶大な人気を誇っていて、それを作ったのは言うまでもなくこのHavoc。その後も他アーティストにトラック提供などしつつ、一時期は50 Cent率いるG-Unit Recordsに所属してたりもしましたね。最近では全曲自身で制作したソロ作『13』が素晴らしかったHavoc、やはり三十路にはたまらない人物です。一方のAlchemistもMobb Deep作品をはじめとして、本当に様々なアーティストにトラック提供していて枚挙に暇がありませんので割愛しますが、名Producerの一人です。
それでは早速と中身の話に移りたいと思います・・・・・・まあこの連名タッグでお察しの通り、全曲の制作をAlchemistが担当しHavocがラップするというもの。まず「Impose My Will」はキリキリと細い針金が食い込むようにチクチクと痛いピアノ鍵盤と、バツバツと乾いたビートがHavocのイルなラップをジグザグと縫い合わせるシリアスな一曲。続く「Maintain (Fu** How You Feel)」は美しくソウルフルなトラックながらも、どこか混濁した雰囲気が薄黒くネットリした感触を生み出し、そんな中だからこそうっすら怪しく殺気立つHavocの鋭利なラップがクールに鈍く光ります。ボコボコと殴打するような太いビートの振動で、光を受けた埃が舞うように細やかなオルゴール音が散る「Out The Frame」は、本当にちょっとだけキュートで硝子ドリーミーな一曲。暗い路地裏に響く誰かの走る足音のように冷たく連なるビートが不穏さを煽る「Seize Power」は正にMobb Deep流儀、まるで雨垂れのように無情にポツポツと滴り堕ちるHavocのフラットなラップも凶器。「Never Trust A Soul」は砕いたドラムビートをループさせ、それを放射状に滑るHavocのラップとソウルフルなヴォーカルで接着した一曲。「The Gun Holds A Drum」では相方であるProdigyが客演参加、ジワリジワリと近づき迫ってくるような暗殺めいたトラックも恐ろしいけれど、Mobb Deep揃っての妖気がやはり凄まじく、なんだか聴いていて息苦しくなる重圧感が病みつき。Havocの硝煙のように漂い煙るラップだけでクールに滑走する「Smooth Ride Music」なんかは、ブルブルと低く震わすベースの音色だけでトラックは朧、こういうトラックでも淡々と殺気と冷徹さで聴く者をゆっくりと裂いてしまうのは流石。続く「Buck 50's &Bullet Wounds」はMethod Manが客演参加、ボタボタと重たく降ってくる鉛のような鍵盤音にオペラ調の声ループ、そんな中でひたひたと響くHavocとMethod Manの亡霊のようなラップがホラーでカッコイイ(痺)。単調なドラムパターンにキラキラとした破片のような音色を混ぜた「Just Being Me」も、とにかく淡々とラップを繰り出すHavocの乾燥したラップがなんともド渋くてカッチョイイんです。氷雨のように冷たく尖った鍵盤音が無慈悲に響き渡る「Throw In The Towel」も恐ろしく無味無臭、だからこそHavocの少しカビ臭い(賛辞)ラップが芳醇な香りを漂わせて、なんともいえない独特な味わいになって鼓膜を蝕むのです。最後はあのCormegaが客演参加しているというだけで鳥肌モノな「Hear Me Now」で幕引き、侘び寂びでしかないスカスカなトラックながらも、優れたラッパーにはもはやドラムビートしか要らないという事をしっかり示した骨太な一曲。

最後までずっと冷たい殺気が漂う一枚で、やはりこの不穏かつ殺伐な空気感はMobb Deepの十八番だなと痛感。客演も気心の知れたNew Yorkのベテラン勢のみ、ここまで硬質なサウンドとラップを聴かされて痺れない三十路はいないでしょう(遡)。たぶん最近の若者が聴いたら物足らないであろう質素なトラック群、これもAlchemistの素朴な旨味が味わえて僕的には好きでした。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment