RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Skepta「Konnichiwa」
skeptakon.jpg

UK発祥の音楽スタイル“グライム”の重要な一角を担うMC、Skeptaの通算四作目となる『Konnichiwa』を御紹介。グライムとは何か、英国の辞書によると(つまりグライムというジャンルはもはや辞書に載るレベルという事)ダンスホールとヒップホップの要素を融合させたポピュラーミュージックのスタイル、と定義されているのだとか。それこそCraig Davidに代表される2ステップや、So Solid CrewやRomeo(彼がそのSo Solid Crewの一員)に代表されるガラージといったサウンドを、ヒップホップやレゲエ、ジャングルやドラムンベースなどのサウンドと混ぜ合わせたのが、グライムなんだそう(伝聞)。しかし、当の僕はグライムというと即座にDizzee Rascalしか思い浮かばなくて、このSkeptaに関しては全く知りませんでした。SkeptaもRoll DeepやBoy Better Knowで活躍していた古株で、Roll Deepなんかは聴いたことあるけれど彼がいたか全く覚えていません(笑)。ここ最近ではKanye WestがBRIT AwardsでグライムのMCを率いてパフォーマンスしたり、Jay ZがRoll DeepのメンバーのTinchy Stryderと契約を結んだり、また俄然盛り上がっているようです(他人事)。
という訳で前置きばかりが長くなってしまいましたが・・・・・・まずクレジットを見て驚いたのは、ほぼほぼをSkepta自身がトラック制作しているという点。という訳で先にSkepta制作の曲から触れます、まずは冒頭の「Konnichiwa」。 けたたましいサイレン音の響く中でザクザクと鋭利でダートな電子音が交錯し、そんなラフなトラック上をSkeptaの豪力なラップがドリフトするのがクール、冒頭ちょっとの登場の客演のFifi Rong嬢はもっと使ってもよかったかも。Novelistを客演に迎えた「Lyrics」もまるで剣山のように刺々しい電子音とビートの発破チューンで、Skeptaのイイ意味でどこか泥臭いラップが濁流となって鼓膜を飲み込みます。「Corn On The Curb」ではWileyとChipが揃って参加、地下鉄が走ったように鈍く響くビートに、その振動で水漏れしたようなシンセが光るトラックがシリアスでいてパワフル。Skeptaに加えてこれまた鉄人のWileyまで参加していて、トラックこそ単調淡白になりつつあるも変化に富んだ印象に変わっています。「It Ain't Safe」ではYoung L.O.R.D.が客演参加、USサウスのように深みのある溜めがドムドムとした感触の重厚チューン。「Ladies Hit Squad」はA$AP NastとD Double Eが揃って客演参加、これはA$AP Nastのネットリとした蜘蛛の巣状のフックが効いた、現行のUSシーンに直結する暗澹チューンで穏やかにぶん殴るSkeptaのラップもクール。ギリギリと軋ませるように鳴るシンセと、爆風を起こしかねないビートの応酬で鼓膜がビリビリしてしまう「Man (Gang)」も、Skeptaのドスドスと重く跳ねながら突進するドンキーコングスタイルでキマっています(脅威)。「Shutdown」はRagzとの共同制作でとにかくグサグサと刺さるようなハリセンボンのようなトラックの殺傷力が凄く、そんな破裂玉なトラックに負けじと木っ端微塵に飛び散るSkeptaの鈍器のようなラップ(しかもグライムMCらしくかなりの速度で走れる驚き)はなかなか痛快。ブニョブニョしたスライム状のトラックをペチペチと叩いて創ったようなトラックが面白い「That's Not Me」はJMEが客演参加、プルプルとしたゼリー状のトラックをもまるで燃料にしてしまい、轟々とけたたましく盛る炎のようなSkeptaの灼熱のラップが火を吹くのも面白いし、JMEのちょっと粘着質なラップも聴き応えアリ。とここまでがSkepta制作曲で、ここからは彼以外が提供したトラックにふんわり触ります。グライム特有なリディム使いでキリキリと聴き手を縛って動けなくする「Crime Riddim」はBlakieが制作を担当、WileyとChipの援護射撃も受け真空波のようなラップを飛ばしてくる鋭利なアッパー(微塵切)。BBK客演の「Detox」はFootsieが制作で、金属的な冷たいシンセがひんやりと響くトラックで、鉄槌のように重たく衝撃のあるSkeptaとBBKのヘヴィーなマイクリレーがグッド。ズルズルと引きずるような重たい電子音の抜け殻音がダークソリッドな「Text Me Back」はRagzが制作、こうして聴くとSkeptaのフロウはかなり独特で重たくも変形性のあるもの。そして本作最大の注目曲は僕的にはやはり、Pharrell Williamsが制作&客演参加した「Numbers」でしょうか。バムバムと弾力性のあるビートをわざとスカスカに跳ねさせたPharrellらしい手抜きトラック(賛辞)で、一発一発が重くて角張っているSkeptaのラップスタイルと妙に合っていて、これは正直に美味。

僕なりにこういうUK産にも一応は浅く触れてるつもりだけれど、まだまだ奥が深そうなグライムとやら。どハマりするってことは僕はなさそうですが、この手のサウンドがまたUSで氾濫するのも遠くなさそう(予防)。年間Top10に入れることは無いと思いますが(暴露)、これに合わせてTinie TempahChipmunkLabrinthなんかもチェックしてみると面白いかもです。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment