RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Zo!「SkyBreak」
skybreak-1.jpg

Detroit出身の鍵盤奏者であり音楽Producer、Zo!の通算三作目となる『SkyBreak』を御紹介。Zo!って名前こそ知っていたけれど聴いたことはなくて、何をしている人なんだろうってのが正直なところでした。調べてみたら、鍵盤奏者(というよりマルチ奏者)としてJ DillaやThe Roots、あとはThe Foreign Exchange(PhonteとNicolayのデュオ)の音楽ディレクターを務めていたりして、意外と僕にもこれまで接点はたくさんあったようです(無知)。ちなみにこのジャケットは、閉店となったワシントンDCの老舗ジャズ・クラブで撮影されたものなんだとか(伝聞)。
という訳でそんなよく知らない状態で感想を書いちゃうと・・・・・・本作の制作に関しては、Zo!とPhonteの共同によるもので、楽器演奏はほぼほぼ全てをZo!が行っております(驚)。まずは才媛と称賛されるSy Smithが参加した「Lake Erie」でスタート、チョロチョロと湧き流れる清水のような鍵盤の音色に洗われ、Sy Smithの華やかで淡いヴォーカルがひらひらと舞い降るのがなんとも美しい。ピコピコとキュートな打ち込みがアナログチックに作動する軽妙ブギーな「Starlight」は、PhonteとCarmen Rodgersが揃って参加。Phonteがこれまたまろやかクリーミーなヴォーカルをひらりとファルセットとかで浮かびながら宇宙遊泳するのが愉しいし(EW&F風)、Carmen Rodgersの声もふんわりと重なるのが光を与えてイイ。Muhsinahが参加した「Packing For Chicago」もトロトロに粘度が高まった鍵盤音の連なりがドリーミーで心地よく、Muhsinahの艶美なヴォーカルがつるんとしていて鼓膜にスルスル入る。Shana Tuckerがヴォーカル、Phonteがラップで参加した「I Don't Mind」は、適度な硬さのドラムビートを背にキラキラとした鱗粉鍵盤音を散らす颯爽としたミッドで、Phonteの小気味良くて軽やかな疾走ラップも羽のようで気持ち良い。まるで夜空に満天の星空が巡るような、そんな煌めいた小粒な鍵盤音が輝く「Wishing You Well」は、Carmen Rodgersのふくよかでラグジュアリーなヴォーカルが輝くのもとっても素敵です。Eric Robersonが参加しビタースウィートな歌声を香ばしく響かせる「A Season」は、多重録音されたEric Robersonヴォーカルが温かく朗らかな厚みを生み、そこにまたふかふかのホーンも鳴ったりするのでしっかりフェザータッチなソウルチューンに昇華されています(酔)。「Just Whatcha Like」ではなんとあのJoiが参加、ビヨビヨとネオンに似た電流を泳がせるディスコブギーなトラックは流星のように滑らかで、Joiのハニーテイスト&感触な甘美なヴォーカルが閃くダンスチューン。微細な電子の暗海の中を泳ぎ漂うような静電気メロウ「Lifelines」では、やはりモロにMichael Jacksonマナーを継承したDornikがひらひらと海月のように揺らめくのが心地良いし、Phonteの水墨画のような淡さもある黒いラップも最高です(痺)。「For Pops」は完全なインストで、DrumsにNick Baglio、GuitersにChris Boerner、CongaにLeroy "Boogie" Grierが参加。最後はTamisha Wadenが参加したちょっぴりボサノヴァチックな「Steal My Joy」で〆、暑い夏をちょっぴり涼しくしてくれるオーシャンブルーな一曲で爽快。

PhonteEric RobersonCarmen RodgersDornik、そしてあのJoiと、僕の大好きなシンガーを集結している時点で即買いでした。Zo!の鍵盤の魔法に心地よく溺れることのできる、とっても清涼感のあるソウルアルバムでスッキリと聴き終えることができます。まだこのブログではThe Foreign Exchangeに触れることが出来ていないので、いつか書けたらなとおも思います(夢)。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment