RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

A$AP Ferg「Always Strive And Posper」
ferg-alwaus.jpg

N.Y.のHip Hop集団“A$AP Mob”の一員、A$AP Fergの通算二作目となる『Always Strive And Prosper』を御紹介。A$AP MobといえばやはりフロントマンであるA$AP Rockyが有名で、1st『Long. Live. A$AP』2nd『At. Long. Last. A$AP』と立て続けにヒットさせています。そんなA$AP Rockyに続けとこのA$AP Mobから飛び出したのが、そのA$AP Rockyとは対照的にもっさりしたルックス&ラップのA$AP Ferg。しかし、このA$AP Fergがかなりの曲者でデビュー作となる『Trap Lord』もばっちりヒットさせ、それこそRockyとはまた一味違ったファン層を獲得しているかと思います。かく言う僕も今となってはもうA$AP Ferg(以降はFergと省略表記)派で御座いまして、それこそ彼の1stは後々にけっこう重宝したものです。
という訳で僕の中ではかなりの期待値MAX状態で聴いたんですね・・・・・・まずはDJ KhalilとClams Casinoが共同制作した「Rebirth」でスタート、これがもうガラガラとごつい音が決壊崩落するトラックで聴き手は早くも生き埋め状態、そんな中で掘削機のようにタフでパワフルノンストップなFergのラップが(途中でスクリュー処理し速度落とすのもズルい)痛快で仕方ない。「Hungry Ham」はまさかのSkrillexが制作を担当、そのSkrillexとCrystal Cainesが揃って客演参加。ゴム仕掛けでビョンビョンとせわしく跳ね回す弾力のあるシンセの交錯の中で、重油のように重たくドロっとしたFergのラップが鼓膜に心地よい鈍痛を残すアッパー。個人的に速攻で溺愛してしまったのが、Dijon "DJ Mustard" McFarlaneとStelios Philiが共同制作し、サンプリングにAlicia Myers「I Want To Thank You」を使った「Strive」。疾風で舞い散るようなピアノ鍵盤がとてもエレゲントでとにかくお洒落、でもそこから急にトーンダウンしてボムボムと弾む鉛ビートをお見舞い、Fergがまるで機械がギアをサクサクと入れ替えるようにフロウを変え蠢めく(それでいてエモーショナル)Fergの起用さに脱帽(しかも歌える!)。しかもここではMissy Elliottが客演参加していて、こういうメロディレスでビートが静かに暴れるトラックで踊る(そして踊らせる)Missy Elliottは最強、カチリとはまる音が聞こえるぐらい復活後のMissy客演仕事では確実にNo.1の出来栄え。「Psycho」は再びDJ KhalilとClams Casinoが共同制作、ソウルフルなメロウをネバネバと粘度高めたミッドで、Fergの鈍色の光を放つラップがジワジワと鼓膜を侵食するのが毒々しい(快感)。「Let It Bang」はLex Luger制作でSchoolboy Qが客演参加、Lex Lugerらしいビリビリと通電するようなシンセの波紋チューンで、無骨でタフな両者のラップの波状攻撃もなかなか格好良い。「New Level」ではFutureが客演参加、しかも制作はDa Honorable C.N.O.T.E.なのでFutureは水を得た魚。ゴボゴボと濁流のような電子音が氾濫する中で、大きく黒い巨大魚のように不穏に横切る両者のラップがダークにしてクール。Cashmere Cat制作の「Yammy Gang」ではA$AP Mobの面々が揃って参加、部族的な打楽器ビートを嚥下するように落とすトラックに、FergはじめA$AP Rocky、A$AP Nast、A$AP Twelvyyとマイクをリレーするカッコイイ一曲。Veryrvreが制作した「Swipe」はRick Rossが客演参加、キリキリとガラスの破片みたいな音色が鋭く響くシリアスな一曲。TM88が制作した「Uzi Gang」では要注目のLil UzivertとMarty Ballerが客演参加、猛毒ガスが停滞充満したような中毒性の高いトラックに、三者のドロドロとしたラップが渦巻く鉄壁トレンドチューン。またもやDJ KhalilとClams Casinoが共同制作した「Beautiful People」は、Marvin Gaye「What's Happening Brother」をべったりとサンプリング使用したフローラルでメロウな芳しい一曲。ここではあのChuck Dを客演に招き、二人の骨のあるゴツゴツしたラップが鮮やかに柔らかに鼓膜を挫くのが流麗、最後にはMama Fergの語りも挿入されていてグッド。水面をベチンと叩くようなビートで水飛沫が舞うようなリキッドチューン「Let You Go」はまさかのStarGateが制作を担当、StarGateらしい透明感のある澄んだメロディにFergの鯨のように大きくて優しいラップが泳ぐのが心地良いんです(溺愛)。「World Is Mine」はNo I.D.が制作を担当し、客演のBig Seanの漣のようなフックが波間を作り、その波間を塗って鯨のように悠々とのっそりのっそりと潜水するFergのラップが暗くもドリーミー。HaglerとJordan Lewisが共同制作した「I Love You」ではChris BrownとTy Dolla $ignが揃って客演参加、Chris Brownのヴォーカルが水の冷たさとアクアブルーな鮮やかさ、Ty Dolla $ignが水の揺蕩う感触、Fergはその水の中で聞く泡のような感触、と綺麗に三分割で楽しめるモイストミッドで素晴らしい。最後はDJ Khalilが単独制作した「Grandma」では、セピア色した木枯らしのように荒涼としたトラックに吹かれ、疾走するFergのラップとエキゾチックなヴォーカルが独特な風味で香ばしい(美味)。

マジで面白い、A$AP Fergがこれほどまでに変幻自在なMCだったとは(驚)。トラックの振り幅もA$AP Rockyとは比べものにならない程大きいし、これほどに鈍足そうなフロウスタイルなのに軽々と乗りこなしているんだから凄い(幻術)。前作からの進化の度合が半端じゃなく凄まじい、僕的には本当にA$AP Rockyなんかより断然A$AP Fergが好き。新境地をサクッと切り拓いた感のあるA$AP Fergの本作、かなり好きです。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment