RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mindless Behavior「#OfficialMBmusic」
Officialmbmusic.jpg

2010年にメンバーが13歳でデビューしたキッズグループ、Mindless Behaviorの通算三作目となる『#OfficialMBMusic』を御紹介。Producerとして知られるWalter Millsap IIIと彼の音楽パートナーのCandice Nelsonらによってオーディションを開催、Prodigy、Roc Royal、Ray Ray、Princetonの四人が選ばれ、R&B界に久々のキッズグループMindless Behaviorが誕生しました。1st『#1 Girl』と2nd『All Around The World』とヒットを記録、順風満帆に思われましたがPrincetonを除く三人が相次いでグループを脱退。という訳でオリジナルメンバーはPrincetonのみを残し、新たにEJとMikeがグループに加入し再スタートとなったのが本作。配給もWalter Millsap III率いるConjunction Entertainmentからということで、インディでのリリースになっているみたいです。
という訳で僕の知らない間に起こったことは書き終えたので感想に・・・・・・まずは制作陣に関してですが、そこはやはりMindless Behavior(以降はMBと省略)の生みの親であるWalter Millsap IIIが全曲の制作を担当、脇を先述のCandice C. Nelson、Blewa Muhammadなどが固めています。まずはProblemとBad Luccを客演に迎えた現行トレンドであるポロポロと崩落させるビートが効いた「#iWantDat」でスタート、絶えず鳴らすビートの粒々感はまるでタピオカみたいで喉越しが面白く、意外にもアダルトで湿り気のあるヴォーカルの新生MBに期待も膨らみます。続いてもDJ Mustardっぽい抜け感のある往復ビンタ系のビートがこだまする「#FreaksOnly」はBad Luccが客演参加、やはりMBのマッタリとしたなかなか濃厚なヴォーカルが響いて、こういうなだらかなメロディを上手く機能させています。たっぷりと溜めて仰け反るような、あの肉体派Tankの系統の壮麗スロウジャム「#Lamborghini」なんかはもう最高(痺)。霜が降りそうなほどに冷たく澄んだトラックは鼓膜が切れそうな程に鋭利に細く輝き、その中でMBの微熱を弾けさせてグラインドするヴォーカルが素晴らしく艶美。「#Blur」は左右に大きく揺れる振り子ビートの中で、MBの蜃気楼のように妖しく歪むのもグッド。近年のEDMブームに乗っかったNe-Yoライクな四つ打ちアッパー「#DanceTherapy」も、バリバリと放電し瞬くシンセチューンに、アイスミントみたく爽快クールなMBのヴォーカルが炸裂していてカッコイイ(昇天)。「#Better」ではKRが客演参加しており、氷点下ブルーなメロディが鼓膜を少し凍りつかせ、時に囁き時に吠えるようなMBの起伏の激しいヴォーカルがそれを砕き、メロディの破片が飛び散るのがドラマチック。「#OverNightBag」はウォータリーな音色があちこちに流れて満たすリキッドメロウで、その流れに逆らわず流線形の美しいヴォーカルで水流を作るMBのスウィートさが良い。ビョンビョンと跳ねる弦音が清涼感のあるグルーヴを生む「#1UCall」はWalter Millsap IIIが巧い、ここでこういうレトロなアッパーで留め金を打つのは流石な構成力。MBの甘酸っぱくてスッキリとフレッシュなヴォーカルが迸る「#ComeUp」もやはり美味、キレのある炭酸水みたいな透明感のあるトラックがMBのヴォーカルの酸味をより引き立てています(堪能)。ImmatureやB2Kみたいなエッヂーでセクシーな鋭角サウンドを纏ったミッド「#SongCry」も最高で、メタリックな加工が施されたMBのシャープで滑らかな反射光ヴォーカルもカッコイイんです(突刺)。最後を締め括るのは「#Muzik」では、なかなかコクのあるMBのビターなヴォーカルがドクドクと膨れてサウンドを拡張してゆくタフでキュービックなミッド。

あれれ?全くとまでは言いませんが、そこまで期待していなかったんですが、新生Mindless Behaviorはなかなかセクシーでカッコイイじゃん(痺)。Chris BrownやNe-Yoが好きな方は、つまりそこまで純粋R&Bでないポップ混じりなR&Bが好きな方は絶対にハマりますね(断言)。インディなのもあってかあまり話題になっていないけれど、これ結構好き、ボーイズグループが群雄割拠していた時代を知る三十路以上は、過剰反応せずにいられないのでは(危惧)。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment