RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Clams Casino「32 Levels」
clams32lev.jpg

New Jerseyを拠点に活躍する白人Producer、Clams Casinoのデビューアルバム『32 Levels』を御紹介。Clams Casino、気づけば最近よくその名前をクレジットで見るんだけれど、どんなアーティストに関与していたか。このRocBox 2で彼の名前を検索かけたんですが、A$AP RockyA$AP FergMac MillerVince StaplesJhene Aikoとここ最近の秀作に結構絡んでいるのがClams Casino。そんな敏腕ProducerであるClams Casinoがトラックメイクをし、ゲストを招聘して創られたのが本作で御座います。
という訳で早速ですが中身に話を移しますと・・・・・・制作は勿論全てをClams Casinoが担当しており、Clams Casinoの世界観を知るには充分な一枚となっております。まずはインスト曲の「Level 1」はDaniel May「Borabora Nui (Grand Bora Bora)」をサンプリング、パリパリと霜が降りそうなほどに凍ったサウンドがチクチクと刺さる氷結トラックで、ゆっくりと転回しながら幻想的な世界を生み出します。「Be Somebody」ではA$AP RockyとLil Bが揃って参加、夜霧が立ち込める冷たい空気の中を霊魂が彷徨うようなホラー趣味な一曲で、A$AP RockyとLil Bの血の気の無い冷徹なラップがじんわりと滲んでいくのがクール。小鳥のさえずりのような音が遠くで聴こえるのをアクセントに、薄い鉄板をグニャグニャと歪ませたような波打つ音が打ち寄せる「All Nite」ではVince Staplesが参加。このアメーバ状に動き回る波長に対し、きっちりシンクロして軽妙に暴れるVince Staplesのラップもキレキレ。真っ暗闇な洞窟の中でピチャピチャと水滴がポタつくような音色が続く「Witness」はLil Bが参加、この引き裂く様なビート使いはだんだんと中毒を起こさせます。生贄を必要とする悪魔教のようなおぞましさがあるインスト「Skull」、聴いているだけでおぞましさが抜群で背筋が凍るサウンド。表題曲となる「32 Levels」はLil BとNewmanが参加(Co制作にLil B関与)、ぎゅっと締め上げたようにじんわりと零れ落ちる冷たいサウンドに、Lil Bの毒が血脈をゆっくりと巡るようなラップがたまりません(瀕死)。本作中で最も好きなのが「Thanks To You」で、Roc Nation所属のシンガーSam Dewが参加。光の途切れそうな深く冷たい水の中をゆらゆらと沈んでゆくような幽玄トラックと、電気信号で象ったようなSam Dewの光ファイバーな青白いヴォーカルがはためくのがなんとも美しい(溜息)。「Back To You」ではKelly Zutrauが参加し、本作では最も温度の高い(とは言っても人肌程度)微糖EDMトラックで踊ります。Mikky Ekkoが参加した「Into The Fire」もとても秀逸で、オレンジ色に発色するような温かみのある熱が迸るメロウソウルで、それこそMikky Ekkoの柑橘系のジューシーでソウルフルなヴォーカルが澄んでフレッシュに弾けるのが美しいんです(溺愛)。新進気鋭の女性シンガーKelelaのどこまでも透き通ったヒアルロン酸のようなヴォーカルが鼓膜に浸潤する「A Breath Away」、Kelelaの歌声だけならば優しい軟水のような感触で済むところを、Clams Casinoが創る氷点下技術でどこか刺々しくも繊細で脆い、薄氷のようなサウンドが乱反射して毒々しさも生み出していたり(賛辞)。Samuel T. Herringがおどろおどろしい語りで参加した「Ghost In A Kiss」も、やはり冷たくかじかむ零度スロウで空恐ろしい。最後は虚空から鋭利で危険なものが一筋堕ちてきそうな、終焉を思わせる怪物インスト「Blast」で幕切れ。

考えるとProducerが単独でサウンドを作ってCDにして売る、なんてこんな形式は久々じゃないでしょうか。MixTapeが氾濫する中(Clams Casinoも元々はインストのMixTapeで登場し脚光を浴びたそう)でこうしてCDをプレスして売り出す、それだけ自信があるのだろうし、それも頷ける先進的なサウンドで格好良いの一言に尽きます。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment