RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil Durk「Lil Durk 2X」
Lil-Durk-Lil-Durk-2x.jpg

現在のアメリカ、そしてHip Hop界においても最も危険な都市Chicagoの出身、Lil Durkの通算二作目となる『Lil Durk 2X』を御紹介。その犯罪発生率の異常な高さから、あのIraqになぞらえて“Chiraq”とまで呼ばれている大都市Chicago。そのChicagoを擁するIllinois州は現在のHip HopシーンではDrillinoisと呼ばれ、”暴力が蔓延するIllinois州”とされているらしいです。それを起源にこの土地から発生したデンジャラスでギャングスタならラップミュージックを、総称して“Drill Music”と呼び、このLil DurkもDrill Musicを代表するMCの一人。Lil DurkもBlack Disiplesなるギャングの一員だったそうで、その後ラップで頭角を表してFrench Montana率いるCoke Boysとの契約を勝ち取ります。彼もまた最近の若手MCの登竜門である“XXL Freshmen”に選ばれた一人、Chicagoっていろんな意味で層が厚いですね。
とはいってもアメリカ事情にも英語にも疎いので聴いた感想を・・・・・・まずはWheezyが制作した「Check」は重油のように重たくてドロッとしたビートとメロディが左右に揺れ、その惰性で突き動くLil Durkのナイフのように薄くて鋭利なラップがクール。「LilDurk2x」はZatovenとCassius Jayが共同制作しており、暗雲のように黒く重たく立ち込めるメロディと、それを引き裂く雷鳴のように絶えず鳴る咆哮をバックに、Lil Durkの無機質でトクトクと溢れ出すようなラップが毒々しく耳に残る。若手最有力のYoung Thugが客演参加した「So What」はDonisBeatsが制作を担当、心膜を突き破るかのように鳴る鼓動に似た、張り詰めたビートの中でタラタラと垂れ落ちるようなLil DurkとYoung Thugの流血の様におどろおどろしいラップが煙ります。Chop Squad DJが制作した「She Just Wanna」ではTy Dolla $ignが客演参加、すーっと薄く透けた寒空にも似た流麗で錆付いたトラックもなかなか麗しい。Lil Durkの歌う様にメロディアスなフロウもなかなか冴えていますが、やはりここはTy Dolla $ignのあの独特なオリーブオイルみたいなすっきりオイリーなヴォーカルが耳を惹きますね。DonisBeatsが再び制作を担当した「Money Walk」ではこれまた危険なYo Gottiが客演参加、パラパラ粉々に砕けるガラスの破片のような音色がシリアスに冷たく響く一曲。Lil Durkの落ち着き切った鋭利で薄く細いナイフのようなラップも、Yo Gottiの鈍器のように重たいラップとの対比で格好良く聴こえるナイス共演。「Glock Up」はDJ Lが制作を担当したザクザクと斬り込む尖った電子音の連続が凶器な一曲で、Lil Durkのヘロヘロと歪むエフェクトのかかった凶弾のようなラップで鼓膜は蜂の巣状態。「Rich Nigga」はInomek In Da Kitchenが制作を担当、トラック自体は暗窟の中のようにじっとりと冷たく湿った感触で、ヘロヘロし蛇行するようでいてLil Durkのラップが極めて冷徹にピンポイントで急所を突き刺してゆくのが怖い。Sonny Digital制作の「True」はSonny Digitalらしいデジタルノイズすれすれな漏電系のトラックで、それらを繋げて通電するLil Durkのラップはなかなかグッド。僕的に大好きなのはChop Squad DJが再び制作したメロウ系の「Set It Off」で、上擦るような甲高い声でメロディアスに舞うLil Durkのフックはあまり好きでないけれど(辛口)、トラック自体は朝の冷たい空気のように澄んで秀麗でスーッと馴染んでいきます。「Super Powers」ではDrill Musicには欠かせないYoung Chopが制作を担当、白く結晶化した音色がキメ細やかに舞い降るトラックは思いの外美しくて、そんなトラックの中で淡く儚く甘く溶けてゆくLil Durkの粉雪のようなラップも結構カッコイイ(痺)。最後を飾るのは恋人関係にある(?)Dej Loafが客演参加した「My Beyonce」で、制作はC-Sickが担当。先行カットされていたこのしっとりとしなやかなこのメロウチューンが僕はツボで、キリリと澄んだ冷たい水の中で泳ぎ戯れるような二人の仲睦まじい曲線フロウの捻れが心地いいんです(溺)。

すごく好きかと言われたらそうでもなく、これだ!というような一曲も僕の中ではあまり無くて。今の所は可も無く不可も無く、みたいな印象で終わっている気がするLil Durk。僕は「My Beyonce」狙いで本作を購入したんですが、それも半分Dej Loafが可愛くてみたいな部分もありますし(下心)。でも結構甘くソフトなトラックでも乗りこなしているし、聴いていくうちにハマる可能性も大いに含んでいると信じています。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment