RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Schoolboy Q「Blank Face LP」
0602557010923.jpg

強者揃いのBlack Hippyの一員、Schoolboy Qの通算二作目となる『Blank Face LP』を御紹介。Kendrick Lamarをはじめとしてとても人気のあるTDEの面々、この Schoolboy Qも例に漏れず若者にはとても人気のようです。前作『Oxymoron』もヒットして人気者の仲間入り、その前作からおよそ二年ぶりの本作という事でかなり短いスパンですね。ちなみにSchoolboy Qは正しくはScHoolboy Qと表記するんですよね、僕はもう面倒なのでこの表記で書かせて頂きます。
それではざっくりと簡単ですが聴いた感想を幼稚に書くと・・・・・・まずはNez & Rioが制作を担当した「Torch」がドロドロと重たく垂れ流すようなヘドロトラックで、Schoolboy Qのねちっこく絡みつくラップが残像を残して響きます。Swizz Beatzが制作の「Lord Have Mercy」はDonald Byrd「Cristo Redentor」をサンプリング、廃れてスカスカになったような荒涼としたトラックが渋くクールで、ほんのりと聴こえるSwizz Beatzの声もイイ感じ。CardoとYex、Cebeatzが共同制作の「That Part」では、暴君Kanye Westが客演参加。ゆったりと辺りを浮遊して支配する腐敗臭のようなガスシンセに、Schoolboy QといいKanye Westといいクドクドと繰り返すフックがやたらと重たくのしかかります(憑物)。それに引き換え硬質なドラムスをパチパチと弾かせる不穏な「Groovy Tony / Eddie Kane」はオーソドックスでクール、制作はTaebeastとDem Jointzが共同制作したこのトラックのビートは冷たく尖った氷雨が直線に降るよう。そんな冷たくキレキレなトラックだからこそ客演のJadakissの威力も倍増で適材適所、Schoolboy QもJadakissも奇怪MC系統みたいで結構ナイス相性で、後半での濁水の中に浸けたドラムビートがバシャバシャと飛沫をあげて暴れる感じもカッコイイ。あのAlchemistとJ. LBSが共同制作し、Lance Skiiiwalkerが客演参加した「Kno Ya Wrong」はなかなかジャジーで御洒落で、まるで夜風のように涼しげな麗しい笛音やホーン音が溶ける前半と、キューーーンと切なく高鳴る音色をスイッチに電子音の夜海の中に飛び込み泳ぐ後半の繋ぎ方もカッコイイ。TDE作品ではお馴染みのSounwaveが制作を担当した「Ride Out」ではVince Staplesが客演参加、のっそりのっそりと巨大な怪獣が踏み歩くようなビートと、その振動を受けてよろめきふらつくような音色になんとも悪酔いするし、Schoolboy QとVince Staplesのネットリしたラップも気持ち悪い寸前の気持ち良さ(笑)。感電しそうな漏電シンセがズブズブと鼓膜にコネクトする「Whateva U Want」はTaebeastが制作を担当、電流ウェーヴにのって軽妙に走るSchoolboy Qの電撃のように痺れるラップもクールだし、客演のCandice Pillayの淡く艶やかなヴォーカルも綺麗でグッド。CardoとYexが共同制作の「By Any Means」は、じわじわズブズブと沈んでゆくような鉛のようなトラックが気色悪くも癖になる。Metro BoominとSouthsideの売れっ子タッグが制作した「Dope Dealer」は、Grover Washington「Masterpiece」をサンプリング。彼ららしい金属的でとぐろを巻くような低音ループ製法のトラックもさることながら、やはり客演のE-40が高速でラップをスピンさせるのがナイスアクセントになっています。SounwaveがThe Delfonics & Adrian Younge「Silently」をサンプリングした「John Muir」は、捻れて膨張するようなホーン音や木挽きしたようなウッディな音色が美しいミッド。Tyler, the Creatorが制作した「Big Body」は彼らしい繊細な狂気が滲んだ、そして敬愛するThe Neptunesの影響を感じるミニマルで点と線を繋ぐ亜空間なトラックが壮絶クールですし、客演のTha Dogg Poundの西海岸らしいユルくもタフで柔らかなラップが凄くお似合い(失神)。「Neva Change」はDJ DahiとLarrance Dopson(1500 Or Nothin')が共同制作でSZAが客演、とてもしとやかでラグジュアリな絹目調のトラックでスベスベとラップを滑らすSchoolboy Qも良いしSZAも艶っぽくもキュート。Nez & Rioが共同制作の「Str8 Ballin」みたいなガブガブ噛み付く猛獣チックなSchoolboy Qは苦手、かな。Willie B制作でFunkadelic「Good Old Music」とSoft Machine「Drop」をサンプリングした「Black Thoughts」は、万華鏡のようにキラキラと色めき蠢めく色彩の中に吸い込まれてゆくようなトラックが夢想的。SounwaveとTony Russellが共同制作の「Blank Face」では話題のAnderson .Paakが参加、これはもう雨が煙るようなしっとり湿ったトラックで揺れる二人に共振するのみ。CardoにYex、Frank Dukesが共同制作し、MiguelとJustine Skye(!)が客演参加した「Overtime」は、トロトロと粘土を高めた光をぼんやりと明滅させたスライムチックなスロウ。こういう崩落するようなメロウはMiguelお得意のパターンとして、Justine Skyeも例のキュートで繊細な歌声を潜ませていてグッド。最後はNez & Rio制作でTraffic & TFが客演参加した「Tookie Knows It」で、ひらひらと舞い散るような枯れた鍵盤音と獰猛なSchoolboy Qのラップのシンクロがシリアス。

うーん、カッコイイんだろうけれど、僕はやはりそこまでハマらないと言いますか(辛)。確かに曲単位では耳を奪われたりするんだけれど、どうも一枚丸ごと聴こうと思うとどうも疲れてしまう(加齢)。これって皆の評価はどうなんだろう、僕的にはあまり再生回数も伸びていない一枚です(残念)。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment