RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Anthony Hamilton「What I'm Feelin'」
anthony-hamilton-what-im-feelin-billboard-1000.jpg

長らく不遇の時代を送ったことも知られる遅咲きの本物シンガー、Anthony Hamiltonの通算六作目となる『What I'm Feelin'』を御紹介。苦労人とこそ書きましたがデビューしてからは順調そのものでグラミー賞も獲得、前作『Back To Love』からおよそ4年ぶりの新作にはなりますが、その間にクリスマスアルバムを一枚出していますのでコンスタントに活躍している証拠。このモノクロのジャケットがものすごく格好良いので大好き、Anthony Hamiltonの歌声に似た柔らかく温かな笑顔にも癒されてしまいますね。また先に書いておきますと、当初このアルバムにはTimbalandやPharrell Williams、9th Wonderなんかの参加も報じられていたんですが、結局は無くなっているみたいです(残念)。
という訳で前情報もそんなに無いので軽ーく感想を書いてしまいますと・・・・・・まず本作で大半の楽曲を制作しているのがMark Batsonで彼は初期からのAnthony Hamilton作品でもお馴染みですが、他にもLianne La HavasRaheem DevaughnAlicia Keys、はたまたEminem50 CentNasといったHip Hop作品にも関与する凄腕で御座います。なので、まずはそのMark Batsonが手掛けた楽曲から紹介します。ビョウビョウと敏捷な弦音が跳ねるファンキーな「Save Me」は、泥遊びするようにバチャバチャと泥臭い音と戯れて歌声を破裂させるAnthony Hamiltonがめちゃカッコイイし、ビリビリと鼓膜に刺激を与える塩辛なヴォーカルがとにかく最高(痺)。「Ain't No Shame」もやはり素朴な弦音を柔らかに紡ぐ木綿のようなソウルミッドで、深く大きな河が悠々と流れるようにAnthony Hamiltonのヴォーカルが聴き手の心を飲み込み流れる一曲。Anthony Hamilton配下のコーラスグループThe Hamiltonesが客演参加した「What I'm Feeling」は彼らの美しいコーラスも重なって、夜明けの海の遠い彼方から朝陽を海鳴りが溶かして運んでくるような、そんな温かさと光が融け合った暁光ソウル(感涙)。女性の体のような艶かしく柔らくしとやかに濡れた曲線美を兼ね備えた「I Want You」の官能性は抜群、真っ暗な寝室の窓の隙間からそっと絹のカーテンを揺らし夜風と月光が射すような感触、Anthony Hamiltonのビターチョコレートのように芳醇な甘味の歌声もたまりません(恍惚)。さらさらと爪弾き零すアコースティックギターの音色が、まるで花をそっと揺らすそよ風のように鼓膜を撫でる「Never Letting Go」、こういう素朴でナチュラルなスロウにはやっぱりAnthony Hamiltonの樹木のように厚くどっしりとした優しいヴォーカルが似合う。優しく微睡むオルガン音を瞬かせるゴスペル調のスロウ「Grateful」も、Anthony Hamiltonのひらひらと天から舞い降りる光芒のようなヴォーカルが神々しくて素敵。朝露の降りた煌めく草原を、歩き踏みしめる度につま先が濡れて輝きをふと消すような「Walk In My Shoes」も透き通るような美しさで、だからこそAnthony Hamiltonのシフォンのように柔らかく甘美な歌声を添えると極上になるんです。ゴスペルのような壮大なピアノバラード「Still」も、そっと曇天が裂けて陽の光が漏れて濡れた大地を乾かすような、じんわりと芯から温まる曲と歌声がとても胸を打ちます。Mark Batson制作曲の中でも特殊に感じたのは「Ever Seen Heaven」で、聴いた途端に水温を感じさせるヒンヤリと冷たい感触、そのまま冷たい水底にゆっくり飲まれ沈んでゆくようなウォータリーなミッドで極めて現代的でクール。最後のサザンソウルのようなバラード「Love Is An Angry Thing」は、薄くフィルターがかって曇った音色がなんだか切なくて、Anthony Hamiltonのちょっと湿ったヴォーカルが涙に似て澄んで音色を滲ませる一曲。とここまでが盟友Mark Batsonの制作曲、残る二曲のみが彼でない制作になっておりまして。まずはSalaam RemiとJames Poyserの鉄壁コンビが制作した上品でシルキーなバラード「Amen」、高鳴りときめきで胸が詰まって思わず息を漏らすような、そんな柔らかな起伏と息遣いが鼓膜を優しく抱き締めます。Anthony Hamiltonのファルセットを交えたなだらかな歌声も素晴らしく、思わず祈ってしまいたくなる後光麗しい賛美歌ソウル。同じくSalaam RemiとJames Poyserが共同制作した「Take You Home」は、潤んだオルガン音と乾いたクラップビートが並走するクラシカルなソウルチューン。

今年にリリースされたR&B作品の中でもかなり特殊なサウンド、彼の標榜するトラディショナルなソウルアルバムではあるんですが、ブルースっぽかったりカントリーっぽかったりゴスペルっぽかったりと、ちょっとずつ毛色の違いがレトロなんだけどかえって新鮮でした。TimbalandやPharrell、9th Wonderの制作曲も聴いてみたかったですが(特にTimbalandはAlicia Keys「Heartburn」的な奇天烈泥臭いソウルチューンを期待していた)、確かにこの音の流れでは邪魔になったのかもしれません(推測)。木材で作るハンドメイド作品のような、自然な温もりと優しさが滲む素敵な一枚、やはりAnthony Hamiltonは国宝級で御座います(太鼓判)。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment