RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
41位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

YG「Still Brazy」
Cj7Ejn-UkAQujwt.jpg

ギャングスタラップ発祥の地Compton出身、Young GangstaことYGの通算二作目となる『Still Brazy』を御紹介。YGといえば盟友Dijon "DJ Mustrad" McFarlaneと組んだ傑作デビューアルバム『My Krazy Life』が絶賛され、一躍大人気となった実力派。しかし、その後にそのDJ Mustardとの確執が生まれ(互いにSNS上でギャラ報酬の未払いを主張、後に2ショット写真の掲載で和解とはなった)、結果として本作でもDJ Mustard制作曲は一曲も無いという異常事態も発生しております。本作のタイトルである『Still Brazy』は“Crazy”の頭文字をBに変えており、これはギャング集団Bloodsが敵対するギャング集団CripsのCを認めない(使わない)風潮から来ているそうです(たとえばDJ Quikの表記が、QuickからCが抜けているのもそのため)。本作の大半を占める赤色も、Bloodsを象徴する色でございます。
そんなこんなで感想に話を移しますと・・・・・・まずはSwishが制作した「Don't Come To LA」ではSad BoyとAD、Bricc Babyが客演参加しており、焦げ臭くスモーキーに煙立つメロウなトラックは全盛期の西海岸サウンドを思わせるフィーリングで、マイクを回す四人の少し力の抜けた柔らかなフロウも抜群に美味でグッド。続く「Who Shot Me?」も制作はSwishで、まるで板金を捻じ曲げて滑らかなツヤと曲線を造ったようなトラックが抜群(キラキラ鳴る鍵盤音はさしずめ鉄加工で飛び散る火花)で、そんなメタリックで重たい鋼鉄トラックにYGの殴って接合するようなラップがかっちり合体するのがハードでクール(痺)。DJ Mustardっぽさを感じるP-Loが制作した「World Is Bond」ではSlim 400が客演参加、こんな鉄骨トラックのYGの熱のある柔らかなラップが融かしてユルユルな曲面を作るのが面白い(融点)。これまたG-Funkっぽいメロディが三十路の鼓膜を甘く刺す「Twist My Fingaz」はTerrace Martinが制作、サンプリングにはこれまた王道のFunkadelic「One Nation Under Groove」を使用。果肉たっぷりでプルプルとした音色のバウンド、甘酸っぱいファンクに太くも聴き手を融解するYGのラップがメロディアスでたまりません(昇天)。またまたSwishが制作した「Gimmie Got Shot」もやはり西海岸の風を存分に感じるシンプルな好アッパーで、ボムボムと弾力たっぷりに弾むゴムビートにスプラッシュする果汁のようなメロディ、その中をスイスイと泳ぐYGのなんとも変幻自在なスムージーなラップがまた美味。Larrance Dopsonが制作した「I Got A Question」のジェル状ビートの飛び散りもやはり鮮やかで、トロトロの苺ジャムのように甘くてとろけるYGの柔らかなラップもナイスですし、終盤に登場する客演のLil Wayneヘロヘロと空気を歪ませるラップも抜群の隠し味。DrakeとKamaiyahが客演参加した「Why You Always Hatin?」はCT Beatsが制作を担当、サンプリングにThe Whole Darn Family「Seven Minutes of Funk」を使いつつ、その大ネタも硬い金属をも融かすYGの融点ラップがドロっとさせて違った旨味を引き出しています。Terrace Martin制作の「Bool, Bam & Bollective」は、べったりしたカラフルさでギラつく電光チューンでサイケデリックでグニュグニュなグミチューン、しかしこのネットリした柔らかさの中だからこそYGの鋭利で重たいラップが一際輝きます。御大であるMack 10「Foe Life」をサンプリングべた使いした「She Wish She Was」はLarrance Dopsonが制作、客演のJoe MosesとJay 309と共にラップをスタンプさせ、その振動でビヨビヨとはみ出る電子音がグッド。Ty Dolla $ignとSwishが共同制作した「Still Brazy」はFatback「Backstrokin」をネタ使い、鋼鉄のように硬いビートがYGの融点ラップに触れところどころ熔けてドロっとした感触を生み出し、YGの的確にビートを摑んだ疾走感のある残像を燻らすラップが錬金術のようにトラックを美しく仕上げます。Swishが制作した「FDT」ではNipsey Hussleが客演参加、鉛を滴らせボツボツと落とすようなビート&ベース弦の音色が重厚で、YGとNipsey Hussleの冷たく鋭利なラップの掛け合いもカッコイイ。「Blacks & Browns」はP-Loが制作でSad Boyが客演、角切りゼリーのような音色がブルブルと震えるトラックはビビターでクール、YGの砂鉄のように硬く軽いラップが吹き抜けるのが妙味。最後を締め括るのはHit-Boyが制作した現代版N.W.A.「Fuck Tha Police」な(気がする)「Police Get Away Wit Murder」で、あちこちクラッシュさせて鉄の破片が飛び散る尖ったトラックに、バズーカのように重たく威力のある鉛色のラップが連射投下されるのが凄まじい(大迫力)。

盟友であるDijon "DJ Mustrad" McFarlaneの不参加により、かえってYGの新たな魅力(そして裏打ちされた実力)を証明することになった力作。単純に本作『Still Brazy』を聴いて速攻で思ったのは、それこそ十数年前に初めてN.W.A.『Straight Outta Compton』を聴いた時のビリビリするような攻撃性と格好良さに共通するもの。それこそN.W.A.の伝記映画の大ヒットを皮切りにKendrick LamarやThe Game、Anderson .Paak、そしてDr. Dre御大が痛快なLAサウンドを立て続けに聴かせてくれていたので、きっちり下地は出来ていた訳ですが、それにしてもYGはN.W.A.的な鋭利で暴発的なパワーを持っていて痺れる。新世代のYGの本作は、ベテランSnoop Doggの西海岸全開だった新作と併せて楽しむのが粋狂かと。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

お久しぶりです。

実はこのレビューを心待ちにしてました(笑)

このアルバムって、コマーシャルな作品としては珍しくチカーノ・ラッパー(SAD BOY)がフィーチャーされてて、そこがまたウェッサイらしいと思うんですよね。チカーノはずーっとこの手のサウンドを貫いてきた訳ですし。
SAD BOY、というかSADBOY LOKOの最新ミックステープ(「THE FIRST ESE」)も素晴らしかったですよ。YGのこのアルバム以上に聴いてます(笑)
DJ MUSTARDも参加したMR.CAPONE-Eの新作レビューもあったらいいな………とか無責任な事を言います!
小森さん、お久しぶりです!
まだこのブログを読んで下さっていたのですね、嬉しい限りでございます!
そしていつも僕よりお詳しい(笑)、僕はYGのことも、特にSad Boyのことは全く知りませんでした(笑)。チカーノ系も全く聞いた事が無いので、機会があったらそのMixTapeもチェックしたいです!Mr. Capon-Eも(笑)。
最近は音楽を聴いたり、こうしてブログを書く時間も極端に少なくなってしまい、なかなか更新が滞りますが、今後もどうぞご愛顧お願いします!

Leave a Comment