RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

AlunaGeorge「I Remember」
AlunaGeorge-I-Remember-2016-2480x2480.jpg

Aluna FrancisとGeorge Reidで構成されるデュオ、AlunaGeorgeの通算二作目となる『I Remember』を御紹介。英国の人気企画“BBC Sound Of 2013”で第2位に選ばれ一躍脚光を浴びた、英国はLondon出身の彼ら。R&Bとエレクトロを融合させたサウンドで、どちらかといえば僕みたいな黒音楽好きにも迎合された感があります。タンザニアのバンツー語で“ここへおいで”、ポルトガル語で“生徒”、そしてマヤ語で“母なる大地”を意味を表すというAlunaがメロディーと歌詞とヴォーカル、Georgeがシンセサイザーとプロダクションを担っているのだとか。あと、Aluna FrancisはNext Modelsなる世界的なモデル事務所ともモデル契約をしているのだとか。
とまあ知ってる知識は並べ終えたので感想を書きますね・・・・・・まずはAlunaGeorgeとMark Ralphが共同制作した「Full Swing」で遊泳開始、AlunaGeorgeらしいシンセサウンドをジェル状にしたようなプルプル感触のクールチューン。Alunaのなんともコケティッシュなヴォーカルがキラキラと輝くのも良いし、客演参加のPell(彼のMixTape『Floating While Dreaming』がとても素晴らしいので要チェック)のフワフワと浮遊感のあるメロウなラップもグッド(痺)。Zhuが制作&客演をした「My Blood」は宇宙空間に亀裂が入りそこに吸い込まれるような、そんなズブズブと黒い濁ったサウンドのダークホールミッドで、その中で一筋の光明のようにAlunaの流星のようなヴォーカルが冴えるのが対比で美しい。YogiとRock Mafiaが共同制作した「Not Above Love」なんかは英国産らしいレトロソウルな焙煎メロディで、ちょっぴり硬度を高めたトラックに瑞々しいAlunaのヴォーカルが跳ねるのがなんとも涼しげでクール。「Hold Your Head High」はなんとStarGateが制作を担当しており、レゲエ風味のトラックながらStarGateらしい蒼く澄んで透き通ったシンセの瞬きを施してあるのが味噌で、光の波の中で揺れて踊るAlunaのしなやかで細いヴォーカルが無機質だけどセクシー。AlunaGeorge制作の「Mean What I Mean」ではLeikeli47とDreezyが客演参加、これも象の鳴き声のようなホーン音の中で熱さでパチパチ跳ねるように踊るレゲエチューンで耳に残ります。John HillとStint、AlunaGeorgeで共同制作した「Jealous」もトロピカルに電飾を絡めたネオンサイケなアッパーで、こういう電子回路でメロディを明滅させるようなエレクトロなトラックに、Alunaのキャンディみたいにべったり甘くてぼんやりカラフルなヴォーカルがバッチリ似合う。最近なんだか注目されているPopcaanが客演参加した「I'm In Control」はAlunaGeorgeが制作を担当、これもストレートなレゲエチューンなんだけれどAlunaGerogeのネオンカラーを通電させる術と、Alunaのキャンディ声で妖しく光り透ける一曲に変身しています。表題曲となる「I Remember」はFlumeとAlunaGeorgeが共同制作の暗澹ミッドで、真夜中の海辺に月光が溶けてクラゲがプカプカと漂うような遊泳電子チューンで、水面に映る波紋のように幾重にも振幅を広げるAlunaのヴォーカルも神秘的でスーッと鼓膜に浸透する。AlunaGeorgeとMark Ralphが共同制作の「In My Head」は泥のような重たいビートと真水のようにパシャパシャと飛沫をあげる電子メロディが面白くて、辛味あるスパイシーなトラックにAlunaのサワー風味のヴォーカルがすっきり美味。AlunaGeorge制作の「Mediator」はどことなくアジアン風味の香るメランコリックなスロウで、乾いた秋風のように情緒深く吹き抜けるAlunaのヴォーカルがシュガーテイストでグッド。全盛期のThe NeptunesやRockwilderみたいなピコピコ打ち込みビートがエッヂーな「Heartbreak Horizon」もAlunaGeorge制作、ホーンをぶっ刺した生粋のファンクチューンに、ツヤ光りするメタリックなシンセや銀細工みたいなAlunaのヴォーカルが乗っかるのがカッコイイ。これまた電気と水という相容れないハズの音が化学反応を起こしている「Wanderlust」はJohn HillとStint、AlunaGeorgeの共同制作で、グロテスクさとウォータリーさと電飾が重なった、深海を泳ぐ電気アンコウ的なメロウチューン(賛辞)。

ハッキリ言って一作目だけで消えてしまうかなと危惧していたんですが(誤解の無いように言っておくと、彼らのデビュー作『Body Music』もこのブログでは未紹介のままだけれど、聴いているしクールで充分良かった)、こうして無事に2ndもリリースされて良かったですね。サウンド的には最近流行りのレゲエ寄りなものが多くて、最近のDrake作Rihanna作で楽しめた方ならすんなり楽しめるハズ。あとAluna Francisのヴォーカル的には、Jhene AikoYunaが好きな方なんかも楽しめるかと思います。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment