RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Az Yet「She's Magic」
0387-AZYet-ShesMagic-10x10.jpg

Babyface(つまりLaFace Records)を後ろ盾にデビューしヒットしたR&Bグループ、Az Yetの通算二作目となる『She's Magic』を御紹介。元は五人組で活動していたAz Yetですが、メンバーの脱退や加入などの紆余曲折を経て、現在はDion Allen、Marc Nelson、Kenny Terry, Jr.、Claude Thomas, Jr.の四人で再結成しての本作となっています。中でも有名なのはやはりMarc Nelsonで、もともとはBoyz II Menのメンバーとして名を連ねながらデビュー前に脱退、Az Yetヒット後にはソロ転向して秀作『Chocolate Mood』をリリースしていたりします。Az Yetもデビュー作『Az Yet』だけで十分な認知度を誇っていて、そのデビュー作からなんと20年経過してからの二作目、驚きでございます。
という訳で久々の作品を聴いての感想をちょっとだけ紹介・・・・・・まずはMarc Nelsonが制作した表題曲「She's Magic」でスタート、これがもう幾つもの星座が転回する満点の星空のような、煌めきとしとやかさが光るAz Yetらしい繊細スロウでうっとり。続いてもMarc Nelsonが制作を担当した「Love Her Mind」は、アコースティックギターの乾いた弦音が夏風のような清々しいメロディを運ぶミッドで、まるで新緑のように眩くも力強く輝くAz Yetのハーモニーがたまらなく心地良い。しっとりと夜風のようなクールでウェットなサウンドが鼓膜を濡らす「Young Girl」もMarc Nelson制作、聴いているだけで結露してしまいそうな濡れたAz Yetのハーモニーがエロくてカッコイイ。またまたMarc Nelsonが制作の「Real Man」は微弱なシンセが淡く発光するナイーブダークな極細スロウジャムで、Az Yetの透けるほどにうっすらと重なり合うハーモニーがまるで夜霧のようでミステリアス。「Quality Time」もMarc Nelsonが制作を担当しており、水を打つようなビートと波紋のように広がるメロディが潤いを感じさせるウォータリーミッドで、ミネラル分たっぷりのAz Yetのハーモニーを鼓膜もゴクゴク飲み干します。「Kiss From A Rose」はSealの代表曲をAz Yetらしくアカペラで完璧カバー、原曲の持つあの荘厳さはそのままに、アカペラだけで構築しさらに音が削がれ研ぎ澄まされて鼓膜にサクサクと流れ込む感触がたまらなく気持ち良い。続く「Last Night」はBabyface制作でAz Yetの代表曲をリメイク、相も変わらずな秋風のように哀愁の漂う褐色のバラードで、ほどよく重みのあるコーラスがまた切ない。ポロポロと爪弾き零すアコースティックギターの音色に、心がスッキリと洗われる「Better Than Sex」はClaude Thomas, Jr.が制作で、無垢なメロディに鳥がさえずるように優しく柔らかなAz Yetのハーモニーがふわふわと吹かれるので夢見心地。Dion AllenとKenny Terry, Jr.が共同制作した「Feel Good Blues」はその名の通りブルージー、この流れでは僕はちょっと蛇足に感じたけれども(辛口)。キリキリと締め付けるように鳴るスパニッシュギターの音色が胸をチクチク刺す「Tell Her How I Feel」はDion AllenとKenny Terry, Jr.とClaude Thomas, Jr.が共同制作で、セピア色した淡く切ないAz Yetのハーモニーが木枯らしみたく胸を吹き抜けるのが痛い(寂)。最後を飾るのはBrian McKnightの名曲「One Last Cry」のアカペラカバー、凛として頬を伝う一筋の涙のように綺麗に紡がれるAz Yetのハーモニーが、乾き切った胸の奥深くまで染み込む一曲でラストに相応しい(感動)。

カバー曲とセルフリメイク曲が全11曲中に3曲、つまりは新曲8曲なんですがそれでも満足できました(微笑)。メンバーでの制作ももちろん良いけれど、やはりデビュー作で手腕を揮ったBabyfaceやBrian McKnight、Jon B.やBryce Wilsonなんかも楽曲提供して欲しかったなんて思ってしまいます。でもアカペラの数々はやはり極上絶品ですし、安心して聴き入ることのできる良盤でした。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment