RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Phonte & Eric Roberson「Tigallerro」
cover1200x1200-1.jpeg

PhonteとEric Robersonの名コンビが遂に共演した、Phonte & Eric Robersonの『Tigallerro』を御紹介。Little BrothersやThe Foreighn Exchangeに所属するPhonteの愛称であるTigalloと、Eric Robersonの愛称であるErroを組み合わせた造語“Tigallerro”がアルバムタイトルになっている模様、デュオの名前もこれにしたらよかったのに。これまでにも幾度と共演経験もあり、その相性の良さを証明している二人ですから心配はご無用。二人の顔がちょっぴり覗くこの白黒のジャケットも抜群にカッコイイから好き、もうこれで中身の保証もしてもらったも同然(空論)。
という訳で肝心の中身がどんな感触かを不器用に書きますね・・・・・・まずはE. JonesとZo!が共同制作した「It's So Easy」が先行シングルでした、これがもうプリズムのようなトラックにシンセや鍵盤が光(しかし陽光のような暖かな)となって拡散して抜けてゆくような鮮やかで眩いミッドでグッド。こう書くとなんだか無機質に思えるかもしれませんが、そこはPhonteとEric Robersonの柔らかく温もり溢れるヴォーカルが程よい弾力を肉付けしていてすごく春うららで心地良い。星明かりが鋭く感じさえする冬の夜空をも超え、月面を遊泳するようなほんのりと冷たくスペイシーなトラックがクールな「Thru The Night」はS1が制作を担当。キリリと澄んだ空気を震わせて奏でる二人のヴォーカルはビターで結晶みたくソリッド、Phonteのラップなんかも滑ったりして月光のようにエッヂーな感触が生まれていてカッコイイ(痺)。Butcher Brownの鍵盤奏者であるDJ Harrison(Devonne Harris)が制作を担当した「My Kind Of Lady」は、ほんのりと甘い香りが漂うよ花園のようなフローラルなトラックと、フックでのひらひらと蝶が舞うようなファルセット(これにD'Angeloの官能を感じるのは僕だけ?)が優美で印象的。ウォータリーなメロディと硬いビートが溶け合い、スコッチオンザロックみたいな金色な美しさと酔いを回らせる「Hold Tight」は同じくDJ Harrisonが制作。ちょっぴりラップっぽい歌唱なんかも混ぜたりする感じはTy Dolla $ignなどの現代的アプローチに通ずるし、二人のマッタリとした艶っぽいヴォーカルが鼓膜にほどよい灼熱感と潤いを同時に与えます。SlimKat78にAaron Hardin、Mr. Turnerが共同制作した「Grow This Love」は、ギター弦の爽やかな音色を清水で漱ぐようなメロディが淡く揺れて美しく、Eric RobersonとPhonteのヴォーカルの、ビードロの曲面が描く色彩みたくまろやかに輝きをとろけさせるような感触がたまらない(溜息)。The Foreign ExchangeとZo!が共同制作した「Never The Same Smile」ではShana Tuckerが客演参加、都会を金色に染める朝靄のように冷たくも鮮やかに鼓膜を刺すメロディがなんとも綺麗で、陽光が少しずつ外気を温めて霜を溶かすように奏でられる三者のヴォーカルも美しい。Stro ElliottとRich Mendina、KINGのParis Strotherが共同制作した「Waiting 4 Ya」では、ベテランのCarmen Rodgersが客演参加。蝶の羽音のようにひらめく微細いギター弦の音色が鮮麗で、とても芳しいフローラルなメロディにはCarmen Rodgersの華やかなヴォーカルが似合うし、Eric RobersonのミルキーなヴォーカルとPhonteのビターなラップの融合も絶妙。Extra Mediumが制作の「Lie To Me」は流星群のようなシンセがと瞬いては滑るミッドで、その上を軽妙に舞ってステップを踏む二人のヴォーカルがこれまたドリーミー。なんだか耳が深々と疼くような夜の静寂と、その間を縫って恋人たちの微熱混じりの吐息が漏れるような、そんなコントラストがなんとも艶やかで甘美なスロウジャム「3:45」はSheldon Williamsが制作を担当。最後はDaniel Crawfordが制作した「Something」で〆、ホーンやパーカッションがベースが空気を含んで舞い上がるエアリーなミッドは軽やかで、サテンのような二人のヴォーカルをより優しく耳触り良くしてくれています。

全く期待を裏切らない濃厚なネオソウル盤で最高の一言に尽きる一枚、PhonteとEric RobersonのタッグはR&Bリスナーからすれば“鴨が葱を背負ってきた”みたいなものですから(笑)。制作陣に関しても彼らのことをよく知る人物が固めているので、もう水を得た魚のごとく二人も優雅に泳いでいて心地良さは抜群。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment