RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
37位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ro James「Eldorado」
RO-JAMES-ELDORADO-5x5.jpg

ドイツはシュトゥットガルト生まれのSSW、Ro Jamesの記念すべきデビューアルバム『Eldorado』を御紹介。父親の仕事の都合でドイツで生を受け、その後もハワイで過ごしたこともあるというRo James。このRo JamesはあのMiguelやMali Musicを発掘した敏腕、Mark Pitts主宰のレーベルByStorm Entertainmentからのデビューということでも注目されています(折紙付)。しかも彼はかのPrinceが率いるNew Power Generationsの一員の女性シンガー兼鍵盤奏者のRosie Gainesの甥にあたるのだそう。またRo Jamesは“ヒーローはPrinceとJohnny Cash、理由は反逆の要素があるから”と語っているそうで、やはりPrinceの影響を受けているシンガーの様です。
とまあ四方山話はこのへんで止めて本題に・・・・・・まずは混濁したダークトラックの中で、微細な気泡のような音色が浮き上がる「The Ride」がAaliasによる制作。Ro Jamesのどんよりと鉛空のようになんだか重くて光をそっと拭ったようなヴォーカルが幻想的で、ゆらゆらとメロディの底に沈殿してゆくのが毒々しく綺麗。風になびき金麦の畑が揺れるような、まるで印象派の絵画に描かれる光のように柔らかな、そんな穏やかでナチュラルな輝きが揺れる「Premission」。制作はSoundzでサンプリングにWillie Hutch「Brother's Gonna Work It Out」を使用した気品溢れるスウィートミッドで、木漏れ日のようなRo Jamesのヴォーカルには斑らな熱感が漂い、それがより艶やかで危なげなファルセットとなりPrinceを彷彿とさせてたまりません(骨抜)。人肌の温もりというジワジワと低温直火でゆっくりとトロトロに溶けたようなメロウチューン「Burn Slow」、制作はDa InternzとMiykal Snoddyが共同で担当。トラックの持つ熱気により放出される蒸気のように、しんなりと柔らかに痙攣しグラインドし漂うRo Jamesの少し咽ぶような官能的ヴォーカルも熱くてとろけそう。「Already Knew That」はDJ Camperが制作しており、一瞬一瞬を柔らかに切り取るようなメロディの粒々感に、Ro Jamesのカラメルのように絡めるほろ甘くビターなヴォーカルがグッド。1分ちょっとの「Bad Timing」はNez & Rioが制作、仄暗く冷たい水底を思わせるトラックの中で漂う藻屑のようなRo Jamesのヴォーカルとラップ囁きが摩訶不思議な一曲。同じくNez & Rioが制作を担当した「GA$」はCO2のようなメロディが充満するトラックに、Ro Jamesの靄のように薄く広がるヴォーカルが輪をかけて毒々しくてグッド。Dernst "D'Mile" Emile II制作の「New Religion」は、まるで蒸留酒のように深くコクのあるトラックに、Ro Jamesのヒリヒリと灼熱感のあるヴォーカルの加速が華麗で美しい。Brady Wattが制作した「A.D.I.D.A.S. (All Day I)」は果実酒のように透けた甘い色に、嗅げば嗅ぐほどじわじわと酔いが回るほのかなアルコール度数、その中でゆっくりと発酵の進むRo Jamesの甘酸っぱい果肉のようなヴォーカルがこれまた甘くてカッコイイ(痺)。朝の水辺で水浴びをするような光と水の粒が弾けるようなトラックが鮮烈な「Holy Water」はHappy Perezが制作を担当、ただトラックは鮮烈ながらもRo Jamesのヴォーカルの持つ水浴びの情景を回想するようなフィルターのかかり方がまた淡くて綺麗だったり。再びDernst "D'Mile" Emile IIが制作を担当した「Last Cigarette」の優麗さもまた抜群で、水煙管のようなちょっと異国情緒のある湿ったメロディが漂う一曲で、Ro Jamesの多重録音されたヴォーカルがゆらめく紫煙のようでなんともドリーミー。Blended Babiesが制作したアコースティックなナンバー「Everything」は、枯葉がカサカサと音を立てて消えてゆくような侘しさが溢れるトラックで、だからこそRo Jamesの落葉のように淡く褪せたヴォーカルが映える。最後を飾るのはFlippaとJ Proofが共同制作し、サンプリングにRubba「Way Star」を使用した「Eldorado」。タイトル通りに黄金郷を思わせる優雅で幻想的なツヤ光りするトラックに、ちょっぴりスパイシーでコクのあるヴォーカルがじんわりとドリップされる濃厚なミッド。

MiguelやMali Musicに比べるとより明確にソウルフルに感じたRo James、それでいてあの悶えるような熱の放ち方はなんだかPrinceに通ずるDNAを感じたりもしました。ソウルフルでありブルー色のブルージーさをも兼ね備えて、かなりキャラのしっかり立ったシンガーでこれからにも要注意。今年はAnderson .Paak一色にこそなっているけれど、彼がいなかったらもっと話題になった気のする麗しきダークホース。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment