RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

BJ The Chicago Kid「In My Mind」
BJ-the-Chicago-Kid-.jpg

その名の通りChicago出身のワンダーボーイ、BJ The Chicago Kidの記念すべきデビューアルバム『In My Mind』を御紹介。地元をレペゼンするBJ The Chicago Kid、BJは本名のBryan Jamesの略のようです。最近のChicagoといったらRapシーンの方が隆盛な気もしますが、やはり優れたシンガーも数多く輩出している大都市で、BJ The Chicago Kidもおそらく都市を代表し語られるシンガーとなる可能性大でございます。両親がどちらもクワイアのディレクターを務めていたそうで音楽一家、兄のAaron Sledgeもゴスペルアルバム『Da Light』をリリースしている様です。ずっと注目を集め客演オファーも絶えないBJ The Chicago Kid、本作はあの名門老舗Motown Recordsからのリリースで御座います(期待)。
というわけで早速感想を・・・・・・Mike & Keysが制作を担当した「Man Down」は、BuddyとConstatineが客演参加。バツンと断裂させたようなビートと、そのビートの振動でかき混ぜられ澱んだ深水のようなメロディが揺蕩うトラックの中で、BJ The Chicago Kidの屈折光のように折れて突き刺し進む眩いヴォーカルが断片的で美しい。続く「Church」もMike & Keysが制作を担当しており、客演にはいま最も勢いのあるChance The RapperとBuddyが参加。抹香のように漂い香るBJ The Chicago Kidのヴォーカルが、トラックの持つ古い寺院のように荘厳で清閑な奥行きとシンクロしてどこか幽玄、Chance The Rapperの白煙のようにメロウに漂うラップもナイス。「Love Inside」はCorneilo "Corn" Austinが制作を担当しており、客演にはIsabellaが参加。じんわりと朝陽が昇り地平線が光を零すように、温かな息吹のごとくビートとメロディが染み込んでくるトラックがなんとも可憐。BJ The Chicago Kidの少し嗄れた震わすようなヴォーカルが余計に、醒めて霞んで震える陽の光を思わせて淡く美しい。Sean Cooperが制作の「The Resume」では僕が好きなBig K.R.I.T.が客演で参加、BJ The Chicago Kidのヴォーカルエフェクトが陰影を生み出し、なんだか永遠を約束した押し花のような萎れた色味を美しくも儚く漏らす一曲。ピアノ鍵盤の煌びやかな音色がなんとも瑞々しい「Shine」はDJ ReflexとMatthew Edwardsが制作を担当、ゴスペル仕込みのBJ The Chicago Kidのヴォーカルを凛と際立たせる一曲で、どこまでも途切れることなく照らし洗う閃光のようなトラックと歌声が、銀の糸となって涙腺に優しく結ばれます。District 9とAaron Rennerが共同制作した「Wait Til The Morning」では、女性シンガーのIsaが客演参加。燦々と降り注ぐ陽光を砕くように駆け、躍動するBJ The Chicago Kidのヴォーカルが逞しく鮮やかな一曲で、終盤に響くIsaの憂いを帯びたヴォーカルが暮れて傾く夕日を思わせます。「Heart Crush」はJairus "J. Mo" Mozeeが制作しており、ゆっくりと波打って響くギターのリフで象るメロディがハートの感度をスローモーションにし、BJ The Chicago Kidの眩く透明なヴォーカルが光の粒子となって分散するのが美しく幻想的。同じくJairus "J. Mo" Mozeeが制作を担当した「Jeremiah / World Needs More Love」はEric Ingramが客演参加しており、光という光が弾ける完璧ゴスペルな前半部分ではBJ The Chicago Kidに完全にPrinceが憑依しているし、後半部分ではその光が結露して優しい雨となって鼓膜を濡らすからたまりません(感涙)。BJ The Chicago KidとJoe Syringが共同制作した「The New Cupid」ではKendrick Lamarが客演参加、雨上がりの星降る夜のようにしっとりと響くサザンソウル風味のミッドで、BJ The Chicago Kidの星が静かに瞬くような歌声もKendrick Lamarの雨の煙るようなアップも優しく響きます。そのまま王道ソウルの流れを汲んだ「Woman's World」はCorneilo "Corn" Austinが制作を担当、この作品が老舗Motownからリリースされているのも頷ける、シックでスマートで胸震わす一曲。「Crazy」ではまたもやMike & Keysが制作を担当、バスバスと空気を吐き出す様になるビートと、それに呼応して泡立って渦巻くようにメロディが攪拌されるウォッシュドソウルといった趣、BJ The Chicago Kidのしなやかに泳ぐようなヴォーカルも心地よくてグッド。Lamar "Myguymars" Edwardsが制作の「Home」は爪弾き零すアコースティックギターの音色が朝の静けさ、時折と発するジャングルのようなパーカッシヴなビートが喧騒、BJ The Chicago Kidのヴォーカルがそれでも止まらず絶えず流れる時間を思わすシカゴ賛歌。「Falling On My Face」はDa InternzとAaron Michael Coxが共同制作、朝露のように澄んで清らかなピアノ鍵盤の音色が淡麗な珠玉のバラードで、BJ The Chicago Kidの朝露を溶かす朝陽のように優しく温もり溢れるヴォーカルが胸に響きます(昇天)。最後を締め括るのはJairus "J. Mo" Mozeeが制作を担当した「Turn Me Up」、手触りのいい温かなカシミヤのような極上メロウなソウルチューンで、BJ The Chicago Kidのファルセットが綿毛を運ぶそよ風のように甘く軽やか。あと追記するならば、あちこちで楽器演奏やバックヴォーカルであのPJ Mortonが関与しています。

MixTape時代から追いかけ、BJ The Chicago Kidが客演する度にやきもきし、そんな期待を全く裏切らない秀作でたいへん満足です。結構サウンド的にもあちこちと実験的に尖っていて、だけれどきっちりみっちりと高純度ソウルというのがとても面白くて新鮮。歌声も独特でキャラが立っていますし、とにかく真摯でソウルフルで胸を打たれます。ブサ可愛いな顔もナイスですし(褒言葉)、これからの活躍にも期待したいソウルシンガーで御座います。










スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment