RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Joe Budden「Rage & The Machine」
Joe-Budden-Rage-The-Machine-album-zip-download.jpg

スーパー MCユニットSlaughterhouseの一員としても活躍する、Joe Buddenの通算五作目となる『Rage & The Machine』を御紹介。Eminemの元で結成されたことで話題にもなったSlaughterhouse、しかし話題性はそのためだけでなく、やはりグループを構成するMCがそれぞれ腕利き(でありなかなか日の目を見ない)ばかりだったこと。つまり、このJoe Buddenもデビューこそ華々しかったものの、やはりこのSlaughterhouseがなかったらソロでは燻っていたかもしれません。という訳で素敵だった前々作『No Love Lost』からおよそ三年ぶりとなる新作、短いスパンでリリース続いていて嬉しい限り。
てな感じで簡単ですが感想に移りたいと思います・・・・・・まず本作を語る上で外せないのがそう、あのAraab Muzikが全曲の制作を担当しているという点(本作のクレジットではaraabMUZIK表記となっていますが)。なにを隠そう私、このArrab Muzikの創る音が大の好物で御座いまして、これだけでももうテンションは天井突き抜けMAXで御座います(興奮)。まずは「Three」(Co制作には!llmind)は古びた僧院で密教めいたサウンドが反響し砕けるようなトラックが荘厳で、その中でゴーンゴーンと鐘が鳴り響くように重たくスウィングするJoe Buddenのラップが鼓膜に鈍痛を起こします。途中でトラックも転調してキリキリと刺さるような冷気が充満し、Joe Buddenのラップも鋭利な凶器と化して鼓膜を切り裂くのが痛快。粉々に砕けたガラス破片のようなピアノ鍵盤の音色が弾けるのが静かに狂気的で美しい「Uncle Joe」、野太くも瞬発力抜群なJoe Buddenの轟々と振り回すラップがやはりカッコイイ。「Serious」ではチームメイトであるJoell Ortizが客演参加、いかにもAraab Muzikらしい血の滴るようなおどろおどろしいボツボツとしたドラムスビートに、そのドラムビートを沸騰したグツグツ感にすり替えてJoe BuddenとJoell Ortizのマグマのように黒く赤いラップが渦巻くのがヘヴィー。真夜中に降る冷たい雨のようなメロディ&ビートが冷たく聴き手を湿らす「By Law」では、女性シンガーのJazzyが客演参加。ビートの雨がそぼ降る中、ふわりと舞う花風のようなJazzyのヴォーカルに吹かれ、Joe Buddenのブレスレスでシームレスに繋いでゆく一反ラップがなんとも優雅にたなびいてクール(痺)。「Flex」ではTory LanezとFabolousが揃って客演参加という僕には一粒で三度美味しいなコラボ、Tory Lanezのキャラメルのような色彩と甘みのヴォーカルが鼓膜に溶け、Joe Buddenのアルコールのように灼けるラップとFabolousのメロディを翻す流麗なラップが上手く融合しています(綺麗)。蘭のような美しく濃厚な香りが奥ゆかしく薫る「Forget」はソウル曲をループさせた90'sライクなトラックが激渋で、短いながらもJoe Buddenの旨味が濃縮された一曲。「I Gotta Ask」ではJay-Zの名曲「Hard Knock Life (Ghetto Anthem)」のラインをサンプリング、ネタが同一かは分かりませんがブリキっぽい音色を散りばめて単調ループさせる雰囲気も同曲のオマージュだと思います。これはネタ元をなぞりながら聴くと楽しい一曲で、トラックも途中でトーンダウンしてビートがドボドボと沈殿してゆく感じが中毒性高く、蹴られた缶がポッピングして転がるようなJoe Buddenの軽妙なラップもやはり切れ味は抜群。「Time For Work」ではJoe Buddenお抱え(?)の男性シンガーEmannyが客演参加、銀河のように電子音がキラキラと煌めき広がるトラックは流麗で、その中で強烈な光を放つ恒星のようなJoe Buddenのラップと、裏腹に静かな夜更けに星座を並べるようなEmannyの歌フックのダンサブルで蒼い転調が素晴らしい(昇天)。錆びた金属のようなザラザラした硬さのサウンドがクールな「Wrong One」、Joe Buddenの吠える様なラップがサウンドに跳ね返って暴れるのも酔狂。The Manhattans「Wish That You Were Mine」を早回しサンプリングした「I Wanna Know」ではStacy Bartheが客演参加、90年代のラップ好きならたまらない極甘で上品なトラックはシルキーで、Stacy Bartheのヴォーカルがやはり芳醇でこれまた品があって美しいのです(溜息)。Quincy Jones「Tomorrow (A Better You, Better Me) Feat. Tevin Campbell」をサンプリングした「Idols」では偉人の名を羅列しながら、淡くて繊細なトラックと共にJoe Buddenのラップがマーブル模様に溶けてゆくのがなんだか切なく綺麗。

Joe Buddenのソリッドでエッヂーな魅力が目一杯詰まった珠玉の一枚、Arrab Muzikのこの功績は果てしなくデカいですね(敬服)。全11曲とコンパクトながらもハードもメロウも取り揃えた鉄壁な一枚で、昔からのファンも若いリスナーも十分に楽しめること請け合いです(太鼓判)。Joe Buddenもそうですが、これを機にもっともっとAraab Muzikファンが増えたらなと願うばかり。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment