RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Solange「A Seat At The Table」
Solange_Cover-1475240092-1000x1000.jpg

Beyonceの妹でありJay Zの義妹でもある(意味深)、Solangeの通算四作目となる『A Seat At The Table』を御紹介。『Solo Star』で華々しくデビューしたSolamgeですが、ここまで長続きするとも、はたまた高評価を得るとも思っていなかったのが僕(浅)。前作『True [EP]』もなかなか音楽通からは評判で、それからおよそ3年ぶりとなるのが本作。今年は姉上であるBeyonceも傑作の呼び声高い『Lemonade』をリリースしているわけで、そこにぶつけてくる辺りはSolangeもかなりの自信があったのではないでしょうか。最近ではJay Zをエレベーター内でボコボコにしたあの印象が強烈過ぎて、とても逞しく思えてなりません。
それではざっくりとな感想を恥ずかしながら書きますと・・・・・・本作においてまず声を大にして言いたいのはそう、あのRaphael SaadiqがExecutive ProducerとしてSolangeと共にクレジットされている点、これはSaadiq信者の僕としては気絶しそうになりました。まずはSolangeとQuestlove、Ray Angry、Magical Cloudz、Raphael Saadiqが共同制作した「Rise」でスタート。朝陽に温められた空気が潤いを綻ばせるように、しっとりとした音色に変化して薄い光と混ざり合うのが心地よく、光に透けたようなSolangeのヴォーカルも良い。そんな光の霞の中でぼんやりと輪郭を表すように、結露してしとしとと滴るように響くSolangeのヴォーカルがなんとも麗しい「Weary」はRaphael SaadiqとSolange、Sir Dylanが共同制作。湿気がひんやりと冷たいSolangeのヴォーカルに触れて雫となって連なるような、そんな音色が凛と輝いていて素敵。Raphael SaadiqとSolangeが共同制作した「Cranes In The Sky」は、可憐な音色が小鳥が羽ばたき空の壮大さを描くように広がるトラックが美しく、透明なSolangeのヴォーカルを青く澄んだ空に投影させるように響くのもなんとも心地良い。シャラシャラと鳴る小粒なビートがまるでカラメル絡めたザラメ糖のようやほろ苦い甘さを滲ませ、カリカリとした食感も生む「Mad」はRaphael SaadiqとSir Dylanが共同制作。そんなビートとは裏腹にSolangeのヴォーカルはフェザータッチで軽く、客演のLil Wayneが粘着質なラップを重ねることで少しブルージーさも滲むのがグッド。「Don't You Wait」はSolangeにOlubenga、Dave Longstreth、Sampha、Troy Johnson、Adam Bainbridgeが共同制作。冷たく青い夜空に星座が巡って展開されてゆくようにベース弦が震えて鳴り、Solangeの流れ星のように滑らかに奏でるヴォーカルが幻想的なプラネタリウムミッド。萎んでは膨らんでを繰り返す柔らかな音色が、まるで陽が昇って影が移ろいながら醒めてゆくような、植物が光を浴びてその青さを輝かせるような、そんな静けさの中にエナジーが漲る感触を与える凛として気高いスロウジャム「Don't Touch My Hair」。SamphaにSolange、Dave Andrew Sitek(TV On The Radio)、Patrick Wimberly、Bryndon Cookが共同制作したトラックも秀逸ながら、かじかんだ朝陽のような温度感のSolangeのヴォーカルと、それに温められてむくむくと茂る若芽のような客演のSamphaの軟らかなヴォーカルも素晴らしい。「Where Do We Go」はSolangeにRaphael Saadiq、Sean Nicholas Savage、Patrick Wimberly、Kwes、Sir Dylanが共同制作。雨が上がったあとに露がはらはらと連なり、陽光に揺れてキラキラ輝くようなドラムビートとメロディが甘美で幻想的なスロウジャムで、Solnageの朝露に濡れた樹々葉々が光合成するようにゆっくりと酸素を吐き出すようなヴォーカルがヒーリング効果抜群。ベタベタと吹くホーンが黄金ハニーのような甘いメルティ感を生む「F.U.B.U.」は、SolangeとDave Longstrethが共同制作。天然アルガンオイル配合というようなねっとりとした保湿力にSolnageの石鹸の香りのするナチュラルなヴォーカル、終盤にはホイップクリームのようなThe-Dreamのヴォーカルと、シナモンのような癖のある甘みのあるBJ The Chicago Kidのヴォーカルまでが加味されて極上贅沢な甘美を展開します。「Borderline (An Ode To Self Care)」はQ-TipとSolangeが共同制作で、Q-Tipは客演(KeyboardsとDrumsも)でも参加。これはもうJanet JacksonとQ-Tipが組んだ名曲「Got 'Til It's Gone」なんかを僕は思い出してしまう懐かしい感触。白い小さな野花で編んだ花飾りのように可憐で淡いSolangeのヴォーカルがなんともキュートですし、Q-Tipの時にヴォーカルを重ねてふわふわと漂う春風のような鼻声ラップも素晴らしい。Solangeのキャラメルマキアートのような甘いヴォーカルが美味な「Junie」はRaphael SaadiqとSolange、John Kirbyが共同制作で、Motownサウンド印にも感じるビヨビヨと鳴る電子音やファルセットのコーラスなんかがなんともレトロで心地良い一曲。「Don't Wish Me Well」はSolangeとSampha、Dave Longstrethが共同制作した鮮麗なドリーミーミッドで、青く澄んだ冬の星座を眺めるようなキメ細かな瞬きのシンセと音色と、Solangeの星の光を凝結させたようなキラキラとした儚いヴォーカルが優しい。SolangeとDave longstrethが共同制作の「Scales」ではKelelaが客演参加、これもやはり月の光の中で踊るような夜の帳ミッドでクールで艶やか、SolangeとKelelaのじっとりと絡み合うも手触りは絹を織るようにすべすべとして心地良いんです(昏倒)。本作ではあと各InterludeでMaster P御大が語りを挿入しているのもトピック、これはやはり対訳がないと僕には厳しくて(後悔)。

もう言うまでもなく各音楽批評サイトも軒並み高評価を付けている本作、もちろん僕もかなりの高評価でSolnage作品はすべて持っているけれど一番のお気に入り。しかしSolangeの歌声はそんな好きという訳でもなく、やはり僕が崇拝するRaphael Saadiqがサウンド制作に関与している点がかなり大きいです(正直)。Raphael SaadiqはDawn RobinsonやTeedra Mosesとか、こういうSolangeみたく淡色系の女性ヴォーカルが好みなんですかね、あ、Joss Stoneは濃いか。とにかくSolangeがガンガン進化を遂げているのを肌で痛いほど感じる意欲作、姉貴に負けず素直にカッコイイです。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Re: http://americakaniko007.blog.fc2.com/
かにこさん、ご無沙汰しております!
ずっとブログの更新が途絶えていたから、寂しく思っていました。
充実した生活を送っておられるだろうとは思っていたのですが。
そんな僕自身も、このブログにしては珍しく放置状態が続きまして、せっかく頂いたコメントの返事が遅くなりまして、お詫びさせてください。。。
Solange、その枠にいるの凄く分かります(笑)。
僕もJay Zをぶん殴っている印象強くて、笑えます。
Saadiq関与が嬉しくて、作品もすごく格好良くて好きでした。
かにこさんとまた、これからも音楽談義したいです!

Leave a Comment