RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Royce Da 5'9" 「Layers」
royce-layers-ddotomen.jpeg

Eminemと同郷のDtroit出身の苦労人MC、Royce Da 5'9"の通算六作目となる『Layers』を御紹介。Royce Da 5'9"といえばまずは、同郷のEminemのデビューアルバム収録の「Bad Meets Evil」で客演し、その後そのままBad Meets EvilなるユニットをEminemと組みアルバムもドロップしております。あとはドリームユニットSalughterhouseの一員としても有名ですし、DJ Premierと組んだPRhymeも素晴らしかった男です。という訳で実力は折り紙つきながらもあまり目立たない気がするRoyce Da 5'9"ですが、こうしてまた新作を届けてくれて嬉しい限り。ちなみに全てのRoyce Da 5'9"作品を持っている訳ではないんですが、ジャケは覚えていて本作が一番カッコイイと思います(個人的)。
という訳で早速とどんな内容を感じたかをあるがままに・・・・・・まずはS1とJ. Rhodesが共同制作した「Tabernacle」はピアノ鍵盤がチクチクと砂埃のように舞うラフな一曲で、Royce Da 5'9"の太くもしなやかで変幻自在なラップが吹き抜けるのがクール。Mr. Porterが制作を担当した「Pray」は電子鍵盤の音色がダラダラとRoyce Da 5'9"の焦がすような熱波ラップで溶けるのがホットで、そこにバツバツとシンプルに秘孔を突くようなドラムスが鳴るのも硬くてグッド。はち切れそうなホーンとドコドコベタベタと張り付くようなドラムスが、まるで練り出すような独特の感触グルーヴを生む「Hard」はAntman Wonderが制作、Royce Da 5'9"がラップと歌を両刀使いするのもナイス。続く「Startercoat」もMr. Porterが制作しており、分解して得たビートとシャウトと毒シンセの部品を歪ながら美しく組み立てたアッパーで、この毒々しくもガチガチの固体固体したトラックにRoyce Da 5'9"の掘削ラップが映える(見事)。「Wait」は敏腕のJake Oneが制作を担当して、これはいかにもJake Oneらしいソウルネタっぽいボウボウと火と黒煙を吐くようなトラックで、轟々と突き抜けるRoyce Da 5'9"とも相性抜群。「Shine」は嬉しいことに僕の大好きなNottzが制作を担当、ポムポムと叩くパーカッションのビートにシャラシャラと流れる音色がどこかナイル川のようなエキゾチックさを醸し出す流麗曲で、さらさらと変形しながら柔軟に流すRoyce Da 5'9"も抜群に渋い。DJ Khalilが制作した「Flesh」では弦音をゆらゆらと燻らせるような煙たいグルーヴが渋くて、木炭をエネルギーに滑走するようなRoyce Da 5'9"の焦げたような黒さが輝く一曲でカッコイイ。同じくDJ Khalilが制作を担当した「Misses」もソウルフルなトラックを下敷きにした様なモノクロ版画なトラックが激渋で、客演のK. Youngの青臭いヴォーカルがじんわりとぼけた色彩を滲ませるのが美味。Pain Oneが制作した「Dope」は真白な半紙に水墨で描く様なトラックとRoyce Da 5'9"の構図もドープだけれど、とにかくLoren W. Odenの野太くてソウル味濃厚タラタラなヴォーカルがもう鼓膜をとろけさせるという反則技です(骨抜)。無機質に平坦に鳴るビートが群衆の行進のように厳かに響く「America」はS1とEpikhが共同制作、これが鈍器のようで意外にも鋭利なRoyce Da 5'9"のサクサクと切れ味のあるラップにシンクロしていて妙味。Mr. Porter制作でPusha TとRick Rossが客演参加した表題曲「Layers」は、これだけキャラの立ったMCが居並ぶ事でシリアスなトラックに奥行きができた一曲。またまたMr. Porterが制作し、そのMr. PortrerのTiaraが客演参加した「Quiet」は、これも湿度を抜いてカピカピに乾燥させたようなビートがパリパリと鳴るのがクールで、砂塵のようにエフェクトかかったMr. Porterのフックも、キュートでいて派手なTiaraのラップもクール。「Gottaknow」はS1とEpikhが共同制作した弦リフに冷気を纏わせ氷結させたようなトラックで、Royce Da 5'9"のパチパチと炭酸のように弾けるラップが耳に残ります。最後はMr. Porterが制作した「Off」で伸び切ったテープでソウル曲を流したような弛緩メロウが神懸かりで、そんなだるんだるんな波線上でもバチッと硬く転がるRoyce Da 5'9"のラップは流石。

安定感ある重厚な一枚でやはり燻し銀、個人的にRoyce Da 5'9"のフロウはそこまで好きでもないですが、それでも彼がラップ巧者だという事は分かります。今回はなかなかMr. Porterの出番が多かった訳ですが、Mr. Porterの作るトラックもピリピリと香辛料が程よく効いたスパイシーさが美味で好みなので良かったです。たしかPRhymeの二作目も準備中とアナウンスされているので、そちらにも期待したいと思います。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment