RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Eric Benet「Eric Benet」
eric-benet-CD-cover.jpg

R&B界きっての伊達男、Eric Benetの通算七作目となる『Eric Benet』を御紹介。ネオソウルムーブメントの立役者としても知られ、あの美人女優Halle Berryと結婚したことでも知られる(羨)伊達男の中の伊達男。その歌声もとても甘くセクシーで、前作となる『The One』からはおよそ四年ぶりとなる本作。七作目にして初の自身に名を冠した『Eric Benet』、やはり自分の名前をアルバムタイトルにするというのは、とても思い入れや自信のある証拠だと思うので期待したくなりますね。
という訳でもはや前置きで書くことも無くなったので本題に・・・・・・まず本作の製作陣に関してですが、これはもう安定でEric Benet作品ではお馴染み、旧知の仲のDeMonte Poseyとの共同制作がほとんど。なのでまずはこの黄金タッグでの楽曲から触れていきます、幕開けを飾る「I Can't Tell You Enough」からそう。飴細工のように甘く滑らかに輝く金色ホーンが素敵で、その中でまるで星の光のように瞬くエレガントなEric Benetのスムースにしてソウルフルなヴォーカルがたまりません(胸踊)。陽光に温められたそよ風のように軽やかに奏でるギター弦の音が心地良い「Sunshine」も、ポカポカした昼下がりのように長閑なEric Benetのファルセットがふわふわして、流れる雲のように柔らかくも無垢。Eric Benetの真骨頂ともいえる静けさに艶っぽい熱を溶かしたスロウジャム「Insane」は、そっと忍び寄るように射し込む月光のように妖しく揺れる闇と光のコントラストと、スベスベしたEric Benetの官能的でいて上品なヴォーカルがネットリ喘いで絡む、正にPrince流なバラードでもうたまりません(悶絶)。低音のヴォーカルを並走させて粋なグルーヴで疾走する「Cold Trigger」もホーンの迸り飛び散る感覚が刺激的で、そんなフラッシュの中でEric Benetのシルキーなヴォーカルが颯爽と滑るのがまたナイス。Eric Benetならではの淀みのないクリアヴォーカルが清らかな水流のように響く「Home」、澄み切ったメロディとヴォーカルが遠く懐かしい故郷の香りや景色を空に映すフォーキーなバラード。「Holdin On」ではザクザクとエッヂーに鳴るダイアモンドカットみたいに複雑に輝くエレキな音色に、メタリックな鋭い輝きを施したEric Benetのヴォーカルと、客演参加のMC Lyteの相変わらずのバチンとキレとパワーのあるラップが発破するのが気持ち良い。流星群のようなストリングスや夜風のようなメロディが美しい「Fun And Games」も素晴らしく、こういう真夜中の静かな艶を纏わせたらEric Benetほどに着こなすシンガーはいない、夜景を仕立ててドレスアップしてしまう特殊能力。そんな夜をそのまま熱帯夜に変えて、べったりと汗ばんだ金色ホーンと絡んで踊る刺激的なカリビアンチューン「Run To Me」も、客演のArturo Sandovalとの情熱的でいて切なげな疾走感がグッド。星降る夜に夜霧の中でしとやかに濡れた光を眺めるような、ウェットでクールなスロウジャム「Floating Through Time」ももう悶絶モノで、Eric Benetのファルセットが夜露のように滴り落ちる感触がまた幻想的。アルバムのラストを飾る「Never Be The Same (Luna's Lullaby)」は優しく囁くような珠玉のバラードで、ただただ真っ直ぐに胸に浸透するEric Benetの凛としたヴォーカルが素敵。Jonathan Richmondが制作を担当した「Broke, Beat & Busted」は、絹の糸がほつれるようにポツポツと溜めを効かせて進行するメロディがなんとも官能的で、その上をまるでゆっくりじっくりと愛撫するようにファルセットで悶えるEric Benetが神懸かり(痺)。賛美歌のように爽やかで慈しみ深いバラード「That Day」はDavy Nathanが制作、もうただ眩くて神々しい一曲で心が洗われるのです。

流石はEric Benetという味わいでもう伝統芸、やっぱりこういうスマートでエレガントなR&Bも僕は好きだなー(垂涎)。期待を裏切らない作りで、やはり真夜中にちょっとまったりとくつろぎながら女性と聴きたい、品行方正なエロさがナイスで御座います(賛辞)。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment