RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

M.I.A.「AIM [Deluxe Edition]」
aim.jpg

自身のルーツ音楽をアップデート昇華し続ける才媛、M.I.A.の通算五作目となる『AIM』を御紹介。前作『Matangi』よりおよそ三年ぶりとなる本作、いまだに父親は見つかっていないのでしょうか(ちなみに“Matangi”とは彼女の本名であるMathangi Arulpragasamから)。M.I.A.といえば政治的、宗教的な内容から、最近では環境問題にも関心を示し活動するなど多岐に渡る才媛といった印象。噂によるとM.I.A.は本作を以って引退(音楽アルバムという形式では最後と宣ったそう)としているらしいですが、これほど強烈なアーティストが本当にそうならばなんとも残念で仕方ありません。
それでは前置きは終わらせて本題に行きましょう・・・・・・まずはトラックの制作に関しては、ほぼ全曲をM.I.A.自身が制作しているようですね。まずはM.I.A.のヨレヨレと立ち昇る抹香の煙のようなヴォーカルが妖しい「Borders」でスタート、まるで蛇でも呼び寄せ踊らせそうなスパイシーな音色も抜群の中毒性。ギコギコと砕くように鳴る弦音に、ボスボスと投下する爆弾ビートが聴き手にも風穴を開けて、その穴を通過させM.I.A.のエキゾチックなラップが共鳴する「Go Off」も面白い(制作にSkrillexとBlaqstarrが関与)。「Bird Song (Blaqstarr Remix)」はブピーブピーと草笛のような扁平なエフェクトが面白いウェスタンっぽくもある一曲で、熱っぽく乾いて静かに舞うM.I.A.の継ぎ接ぎラップがコラージュで面白い。これまたM.I.A.のラップとヴォーカルを切り貼りしてカラフル且つ大胆にばら撒いた「Jump In」も、機械的ながらもどこか民族的で原始的なエネルギーも沸々と感じる一曲。家族がパキスタン出身であるZayn Malikが客演参加した「Freedom」(Polow Da Donが制作に関与)はインディゴブルーのような染料シンセがなんとも鮮やかで美しく、M.I.A.の奔放に風をに絡み舞い上がるようなヴォーカルに、Zayn Malikの陽光のように眩くて清涼な歌フックも重なりまさにフリーダムなミッド。ジャマイカ出身シンガーのDexta Dapsが焦げ付くほどに熱いシャウトで聴かせるフックが印象的な「Foreign Friend」は、そんな熱っぽさとは裏腹に木陰のように揺れるサウンドとM.I.A.のヴォーカルが冷感部分を作っていてクール。なんともスパイシーな音色を焙煎しながらも、電子的な音色に変換させることで発色こそ派手なれど辛味の抑えたエキゾチックチューンに仕立てられている「Finally」も、ラフにゆるふわと踊るM.I.A.のヴォーカルが蜃気楼のように聴き手を幻惑します。「A.M.P. (All My People)」ではNicki Minajにも匹敵するベチンベチンと鞭打つような力強くしなやかなラップで、インド音楽をザクザクに裂いたようなエッヂーな感触で特攻します。続いてもインド音楽のような音色が充満するターメリックアッパー「Ali R U OK?」(BlaqstarrとRichard Xも制作関与)も、そういう民族音楽的なトラックをぶった切ってチョップして妙なコラージュ感を出し、M.I.A.の念仏のように唱えるヴォーカルが踊り薫るという異国情緒とエキセントリックさがグッド。垂直に振り下ろすようなM.I.A.のラップが鼓膜をゴンゴンと打つ「Visa」もエキゾチック、香辛料をドバドバと入れたようなスパイシーなアッパーで、ピリピリ来そうなビートの中でくねくねとラップして魅せるマハラジャ感。サイレン音と泡のように弾け飛ぶビートが四方八方に降り注ぎ、その中でリフレインを多用しもう言葉の氾濫で聴き手を飲み込む「Fly Pirate」も奇天烈でいて愛しやすい。M.I.A.なりのトロピカル風味という味わいで癖のあるスウィートさがたまらない「Survivor」(Justusが制作関与)は、まるで陽の光を照らし返す海原のような粒々の煌めきが美しく、そこにM.I.A.のまったりとリラックスして溶け出す甘美なヴォーカルが飴色で美しい。とここまでが本編の内容で、ここからは豪華盤のみの追加曲となります。まずは盟友であるDiploが新たに手を施した「Bird Song (Diplo Remix)」、いかにもDiploらしい雑多ながらもその中で鋭角を見出し独特な輝きを乱反射させるゴツゴツアッパー。Rihannaのお株を奪いそうな「The New International Sound (Pt. 2)」はSurkinが制作を担当、ダークでサイケなメロディをマーブルさせた黒光り先鋭的トラックに、濃厚スパイシーなM.I.A.のヴォーカルがねっとりと絡み回すのが中毒性抜群。剣と剣がキンキンとぶつかる音をメロディに取り入れた「Swords」、んぱんぱと呼吸を発してリズムに練り上げたような軟体アッパー「Talk」、海底に眠る金銀財宝のような濡れた煌めきを漂わせる「Platforms」と、どれもがM.I.A.にしか出来ないスパイス調合で美味。

相変わらずの香辛料たっぷりな刺激的エキゾチックポップの連発、聴き手の鼓膜にビリビリと振動する感覚がやはり病みつき。そろそろ暑くなってきて夏本番になりますし、これからサマーアンセムにしてしまってもいいかなと(昨年発売のアルバムなんですが)。冒頭でも書きましたがかなり個性的なキャラクターだしカッコイイので、是非ともどういう形であれ音楽も続けて欲しいです(願)。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment