RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Smoke DZA & Pete Rock「Don't Smoke Rock」
image-2-1024x1024.jpg

誰もが平伏す大御所ProducerのPete Rockと、Smoke DZAがガッチリとタッグを組んだ話題作『Don't Smoke Rock』を御紹介。もはや説明不要のPete Rockですが、N.Y.を代表する伝説のデュオ、Pete Rock & CL Smoothの片割れにして頭脳。全曲の制作を手掛けており、そのトラック創作手腕から他のアーティストへも素晴らしい楽曲やRemixを提供している神様。最近でもJay ZとKanye Westがタッグを組んだ『Watch The Throne』にて、燻し銀過ぎる「The Joy」を提供していましたっけ。対するSmoke DZAに関してはN.Y.はHarlemの出身で、Ski Beatz『24 Hour Karate School』にもCurren$yなどと一緒にfeat.されていた、知る人ぞ知るといった実力者。共にNew York出身の新旧の猛者がガッチリとタッグ、これは興奮せずにいられません(鳥肌)。
それでは質素な文筆ではありますが感想を書きたいと思っています・・・・・・当然ながら全曲の制作は神様ことPete Rockが担当、この看板があるだけで三十路以上は絶対に聴くと思います(単純)。まずはDave Eastを客演に招いた「Limitless」はTrio Mocoto「Nao Adianta」をネタ使い、やはりPete Rockらしい埃っぽく砂塵を巻くようなザラザラした感触のトラックが吹き荒ぶ中、Smoke DZAの曇天に似たモクモクとしたラップと、Dave Eastの利き手を弾く様な強烈なラップが交錯する渋過ぎる一曲。Willie Hutch「Out There」を飴コーティングでねっとりとサンプリングしたスウィートな「Black Superhero Car」では、こういう漆黒ソウルフルなトラックに相性抜群のRick Rossが客演参加。Pete Rockが巧くツヤ出ししたトラックはクラシカルで品が良く、まるで黒塗りの高級車がゆっくりと通りを走るようなドリーミーさを演出。そんな高級感あるトラックにSmoke DZAの空気より軽いラップとRick Rossの空気より思いラップが混ざり、完全に分裂して魅せるコントラストが抜群。「Hold The Drums」ではこれまた鉄人のRoyce Da 5'9"が客演参加、Joell Ortiz「Latino」をサンプリングしたトラックはそぼ降る雨のような冷たい鍵盤音のループが印象的で、雨が煙るようにしっとりと響くSmoke DZAも、野太くタフながら優美なRoyce Da 5'9"のラップもナイス。「Moving Weight Pt. 1」ではCam'ronとNymloが客演参加、黒煙が立ち昇りじわじわと充満するようなダークなトラック上では、Smoke DZAもNymloもカッコイイけれど、やはりCam'ronのひりひりとするような静かなる殺気立つラップが異様に際立って超絶にクール(痺)。嵐に荒ぶる大波の海上を思わせるストリングスの、バミューダ海域ならぬバミューダストリングスを舵切る「Wilds 100」はPete Rockが操る弦の黒魔術。これほど重厚で壮大なトラックにも引けを取らない、Smoke DZAの黒い霧のように不穏なラップもとても素晴らしい(感嘆)。「Last Name」は繻子織りのように滑らかで光沢のある質感の弦繰るトラックが気品あってやはり素敵で、Smoke DZAのモクモクと煙るラップがトラックを美しく歪ませ曇らせるのも乙です。まるで気泡のようなきめ細かなシンセがプクプクと浮かんでは消える「1 Of 1」、Rete Rockならではな良い意味で質素なトラックメイク。「Milestone」ではJadakissにStyles P、そしてBJ The Chicago Kidが客演参加したとても豪華な一曲。New Yorkの街角を思わせる様な哀愁のあるメロディは、Smoke DZAにStyles P、Jadakissのスモーキーなラップが重なることで、まるで雑踏のノイズのような自然に馴染む空気感、そして雨上がりのアスファルトの匂いのように漂うBJ The Chicago Kidのヴォーカルが特に本当に見事なんです(溜息)。「Show Off」ではThe Free Design「I'm A Yogi」をサンプリング、客演のWaleは本当に幅広いトラックに適応できる全方位型のMCで、Pete Rock手製の質実剛健な黒塗りのトラックでも渋く映える。「Dusk 2 Dusk」ではBig K.R.I.T.にDom Kennedy、THEMindと通好みしそうな面々でマイクをリレー。Cloud One「Dust to Dust」を下敷きにした柔らかななメルティスウィートなトラックが華やかで、リラックスした全員の芳しいラップもなかなかフローラルでグッド。J.J. Band「Love In Them There Hills」をサンプリングした硬く尖った喧騒ホーンを背景に、Nas「No Idea's Original」のフレーズを散りばめより硬度を高めた一曲で、Smoke DZAの甲高い白煙のようなラップが似合う。最後はMac Millerを客演に迎えた「Until Then」は、The Stylistics「Stop, Look, Listen (To Your Heart)」を乾かし軋ませたようなメロディと、中から膨れて弾けるような、内包した温度を鼓膜で感じる地下熱トラックで、Mac Millerの内省的でそっと呟くような狂気ラップもイイ。

いやーーーー最高、Smoke DZAとPete Rockの相性も抜群ですし、やはりJay-ZとNasの頂上決戦を見守っていた僕としては、New Yorkの王権復古となるこの企画は最高の一言。やっぱり僕は神様級のProducerと問われると、安直にDJ
PremierとPete Rockと答えてしまう素人なんです。なのでこの二人を対で考えてしまうんですが(二人がDJで対峙したこの企画も手伝っているか)、なんというかDJ Premierのトラックはとても物質的で硬く、聴いてると鼓膜が摩擦を感じる(Primo独特の神業スクラッチも関係はしているだろうけど)のですが、Pete Rockは音自体は漆黒なんだけれどとてもツヤツヤと滑らかで、黒檀のような感触にして摩擦係数はかなり小さめなんです。兎にも角にも、Pete RockとSmoke DZAの相性が抜群ですごくカッチョイイの一言に尽きます。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment