RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

「The Fate Of The Furious: The Album」
2ccf5871.jpg

大人気の映画シリーズ“The Fast and the Furious”の第八作目「The Fate Of The Furious」のサントラ盤、『The Fast & Furious 8: The Album』を御紹介。ここ日本でも大人気でもはや説明不要のカーアクション映画、残念ながら主演のPaul Walkerは亡くなってしまいましたが、その後もこうしてメインキャストで映画は続編を作れているので、本当に凄いことですね。勿論、役者陣もストーリーもアクションも超弩級で毎回と素晴らしいのですが、この映画シリーズで外せないのがサントラ盤ですね。特にR&BやRap好きならば絶対に購入すべき代物で、毎回その当時の旬な面子が勢揃いしています。例えば、当時の人気レーベル“Murder Inc.”が監修した『The Fast And The Furious: Original Motion Picture Soundtrack』や、The Neptunesが多くを手掛けた『Fast & Furious: Original Motion Picture Soundtrack』Paul Walkerへの哀悼も込めた「See You Again」が大ヒットした『Furious 7: Original Motion Picture Soundtrack』と、どれも絶対に必聴なアルバムばかりです。
てな訳で簡単にどんなラインナップか御紹介すると・・・・・・まずはVincent "Invincible" WatsonとThe Agencyが共同制作した「Gang Up」で幕開け、Young Thugに2 Chainz、Wiz Khalifa、PnB Rockがマイクリレー。ザクザクとしたメタリックなトラックは冷たく鋭利で、そこに相変わらずもっさりとしたラップでこんもりと鼓膜に溜まってゆく2 Chainz、ヘロヘロと有毒ガスみたく蔓延するYoung Thug、スモーキーな渋さが光るWiz Khalifa、振り子のように無機質に揺れるPnB Rockのフック。The FeatherstonesとMurda Beatz、Breyan Isaacが共同制作した「Go Off」は、Lil Uzi VertにQuavo、Travis $cottと旬過ぎる面子がマイクリレー。鉄工場みたいに火花を散らしながら角材ビートをラインで運ぶトラックもクールだし、錬金術師のようにラップの硬度を自在に変幻させて聴き手に打撃を加えるトリオの攻撃はミリ単位でバッチリ。G-EazyとKehlaniというこの業界でも異色のコンビが組んだ「Good Life」は、Ben Billion$にInfamous、Jason Evigan(Co制作にFrank EとDanny Majic)が制作したトラックは夕間暮れに虹が架かる様な色鮮やかさで、そこにKehlaniのキュートでカーヴィな歌声とG-Eazyの伊達男なラップが煌めくミッド。DJ Chose制作の「Horses」にはPnB Rock、Kodak Black、Boogie Wit Da Hoodieが参加し、万華鏡のように光を屈折させながら色が移ろうメロディアスなトラックで、エフェクトかけてボヤけた全員の滲みラップが映えます。現在最強のトリオであるMigosが登場する「Seize The Block」は30Rocが制作、ぶりぶりと肉付きのいいトラックの弾みに乗せてMigosらしい珠也になった三連符ラップが飛び交う一曲。Youngboy Never Broke Againに21 Savageが客演した「Murder (Remix)」はDJ Swiftが制作で、ヘナヘナと鼻にかかったYoungboy Never Broke Againとギザギザに鈍く尖った21 Savageのラップがじわじわときます。Lorin Ashton制作の「Speakerbox (F8 Remix)」はBassnectar、客演にOhana BamとLafa Taylorが参加、まあこれはもう完全なEDMという感じで、僕はなんとも思わない。異色のPost Maloneが制作もし歌った「Candy Paint」は、なんだかベッタリ甘ったるいシンセと、ふわふわとして漂うようなPost Maloneの白昼夢ラップが奇妙。実力はありながらも不運続きのKevin Gatesが登場する「911」はIndia.Arie「Good Man」をネタ使いし、カリブっぽいとろける熱感に委ねて揺れるKevin Gatesの怪獣声がなんとも愛らしいミッドチューン。本作で一番の注目曲とも言えるのが、Lil Yachtyが登場(客演にRico Nasty)の「Mamacita」で、Vincent "Invincible" Watsonが制作した鍵盤音を砕いて散らしたようなまったりグルーヴなトラックに、Lil Yachtyの欠伸のようにトローンと伸びるラップがなんともお似合いな間抜け曲(賛辞)。僕が本作で最も好きなのはやはり、JeremihにTy Dolla $ign、Sage The Geminiというナイスな布陣が滑る「Don't Get Much Bettr」で決まり。DZLとRicky Reedが制作したミントのように爽やかで眩いトラックに、ミネラルウォーターのようにサッパリ清涼なJeremih、ココナツミルクのような独特な甘さとトロミのあるTy Dolla $ign、筋の通った男前でスウィートなSage The Geminiのラップと見事なコンボが炸裂。最後はSpanish Ver.も用意された、SermstyleとTinashe "T-Collar" Sibanda、Pipが共同制作した「Hey Ma」。思わず踊りたくなるようなスパイシーなラテン曲は鉄板で、J BalvinとPutbullはその上で暑苦しくも熱気ムンムンに通常営業、そこに元Fifth HarmonyのCamila Cabelloがキュートで挑発的なプリプリのヴォーカルを聴かせるのが華やか。

2017年のトレンドをばっちり全て詰め込んだような、そんな洗練されたサウンドとスタイルを堪能できる、この映画のサントラ盤らしい鉄板な仕上がり。ただこうしてトレンドを並べると思うのは、似通ったトラックやスタイルが氾濫しているのを痛感するといいますか。トラップにマンブル、全員が似た様なスタイルでやはりキャラ立ちというのが難しいと言いますか。僕はサントラ盤で最強なのはやはり『Bad Boys II The Soundtrack』だと思うんですね、R&B曲とRap曲が混合している点を減算したとしても、やはり強烈な個性を持ったアーティストのごった煮で、聴いていて全く飽きない。90年代にこれだけキャラが出揃ったからこそ、現状が生まれているのかもしれませんが(群雄割拠)。個々のアルバムを聴き込めばまた覚えるし、そうなると三十過ぎたおじさんの僕ももっと面白くなるのかな。










スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

こんばんは。


管理人さんのご意見に同意します。同じようなスタイルがはびこってます。

ただ、実はそれ、フィジカルリリースに近い面子以外を見れば解消する問題かもしれませんよ。例えば、QUALITY CONTROLならRICH THE KID、離脱したSKIPPA DA FLIPPA。前者はキレ味鋭くて、後者は暑苦しい。MIGOSとはまた違います。

あと、今のCASH MONEY~RICH GANGの面子も個性的でいいですよ。CASKEY、DESEZ DESHON、ROBB BANK$、TREV RICHとか。特にTREV RICHは管理人さん好みのラップ巧者です。

というか、よほどの人気か地位を確立したラッパー以外、トレンドに乗ったスタイルじゃないとメジャーからのリリース(つまりフィジカルリリース)に漕ぎ着けられないのが現実ではないでしょうか。
GRAND HUSTLE~HUSTLE GANGもインディ落ちした現状を見ると、そう思えてなりません。
小森さん、いつもコメント有難う御座います!
そしていつも勉強になります!!
なろほど、確かにそうなんでしょうね、僕はフィジカルしか聴いてないからなー(苦笑)。古い人間だからどうしてもCDに拘ってしまっているし、そうやって作品出せて一端みたいな古臭い考えがいまだに抜けんなくて(笑)。
Chance The Rapperみたいな好例もいるのにですね。。。

いまTrev Rich聴いてるんですが、めっちゃカッコイイですね!
Cash Moneyも頑張ってるんですねー。
Grand Hustleも都落ちしているのかーうーん。

それでも90年代とかは、MC達に個性があったように思えません?REMIXでマイクリレーとかされたら、それだけでもうすごい変化が起こり豪華に感じたり。
もっと広く聴かなきゃだめですね、僕の記事に関係なくていいので、またコメントとかで教えてください!
再度お邪魔します。

実は僕も、去年までは絶対フィジカル派だったんですよね。
でも、サウス好きとしては、有名ラッパーがメジャーから出す(メロウチューンも入れなきゃダメ!みたいな八方美人な)アルバムより、LiveMixtapeとかで聴けるミックステープの方がいいな、と思って。それで、インディのラッパーがデジタルオンリーで出してるアルバムを聴き始めたんですよね。

実は僕、平成生まれで、90年代を全然知らないんですよね。90年代の作品でまとめて聴いたのは、NO LIMITくらいかな。
2005年からリアルタイムで追い始めたんで、NELLYあたりは普通に好きなんですけどね。LIL JON、YING YANG TWINS、T.I.、SLIM THUGが入り口でして。

という訳で、僕にはいわゆる「HIPHOP」の素養が全くないのですが、今後ともよろしくお願いします。
小森さんすみません、本当にコメントの無いブログなんで、コメントをチェックする習慣があまりなく、記事だけ更新しておりました!
なんと、平成生まれなんですね!
それなのにこんなおっさんのRap談義にお付き合い頂き、ありがとうございます(笑)!
やっぱりメジャーを追うか、インディを追うか、ここで別れるリスナーも多くいるでしょうね、僕の場合は蒐集家気質も手伝って、やはりフィジカルで出る盤しか追えないのですが(笑)。
どういう格好であれ、どういうジャンルであれ、音楽を聴いて浸ったり、語って熱くなれるのは、素敵なことですね!

こちらこそ、よろしくお願いします!
教えていただいたMC達も、Youtubeでチェックしてみますね!

Leave a Comment